Posts categorized "旅行・地域"

Mar 21, 2017

ぐるっとパス2016 経過その7(最終回)

頑張って回りましたがついに期限を迎えました。
展示会名の()内金額は本来の観覧料です。

☆3/14

自宅


京王府中駅よりバス移動。
府中市美術館(600)
「歌川国芳 21世紀の絵画力」を鑑賞。
これは素晴らしい内容でした。
国芳と言えば猫とかだまし絵的なものも多く
今一つ全体像がつかめない絵師でしたが、
彼の画業を俯瞰してまとめてあり
学芸員さんの熱意が感じられました。
駅から遠いのが難点ですけど。



お昼


京王多摩動物公園駅
多摩動物公園(600)
気分はもう大人の遠足w。
目当てはチーターとサーバルw。
広ーい広ーい広ーい園内は運動不足の身にはきつい^^;。
入園前から傾斜を上るってなんかのエクササイズですか。
丘陵地帯を利用した園内は、
サファリ式と従来の展示方式をミックスした感じでかなり新鮮ですね。
今リニューアルに向けてあちこち工事中でした。

広い園内を一人でほぼ全域歩き回ったせいで
もう一軒行く気力もなくまっすぐ帰宅しました。



☆3/16(ぐるっとパス最終期限日)

自宅


JR町田駅で友人と合流しにて昼食


町田国際版画美術館(600)

駅から歩いて10分超の急坂の下にあり
バス停からも遠く行くのにかなりしんどい施設。
建物は横浜美術館とよく似ててなんか懐かしい感じがw
「浮世絵ノスタルジア」を鑑賞。
明治の版画はどこかキッチュな雰囲気でした。


友人とお茶してそれぞれ帰宅。


これで二か月間のぐるっとパス使用記録は終わりです。
次回のエントリではかかった費用や反省点を述べていきます。

ご覧いただきありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 12, 2017

ぐるっとパス2016 経過その6

ぐるっとパス経過その6です。
展示会名の()内金額は本来の観覧料です。

☆3/3

自宅


西武鉄道花子金井駅
多摩六都科学館(1000)
遠い^^;。我が家からだと90分くらい。
現地周辺に詳しい友人が同行してくれて
迷わずに行けました。(Kさん、感謝)。
体験型の楽しい施設です。
お子様向けではありますが大人も十分楽しめる。
大型映像はKAGAYAさんの「銀河鉄道の夜」。
とてもきれいな映像でしたがちと寄ったのは耳のせいだと思いたい。
家の近くにあるのならまめに通い詰めてしまいそう。

☆3/8

自宅


JR京葉線葛西臨海公園前
葛西臨海水族園(700)
一時は年パス持っていましたがすっかりごぶさたしてました。
鳥インフルエンザ対応及び施設メンテナンスでいつも違った風景がw
水槽も一部展示替えになっていてちょっと新鮮?
子供たちの歓声が響いてなんだかこちらも楽しかったです。


お昼

JR上野駅
上野動物園(600)
説明いらない日本で一番有名な動物園。
2頭のパンダゾーンでは人の山。
高低差ある地形を生かした展示は見やすくて楽しい。
大人も楽しめる動物園です。

☆3/10

自宅


JR三鷹駅
三鷹市美術ギャラリー(600)
三鷹駅前のビル5階にあるギャラリー。
「根付 ~江戸と現代を結ぶ造形~ 展」を拝見。
着物に全く興味が持てない私ですが、
大変すばらしい品々が並び眼福でした。

↓徒歩で吉祥寺方面へ移動。


三鷹市山本有三記念館(300)
「路傍の石」で有名な文学者山本氏の記念館。
氏の業績が展示されております。
和洋折衷で建てられた建物はとても素敵で
古い建物がお好きな方にはよいでしょう。

↓徒歩でさらに吉祥寺方面へ移動


井の頭自然文化園(400)
昭和の香りがする施設です。
上野動物園と比べると小さいですが
動物園エリアはフラットなので小さいお子さん連れにぴったり。
今回はここの売店でお昼を買って食べました。


某所経由で帰宅。

東京東部からだと多摩方面はさすがに遠い(^^;。
行くだけで疲れちゃいますねー。

残り数日分頑張って回ります

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 06, 2017

ぐるっとパス 経過その5

ぐるっとパス経過その5です。
展示会名の()内金額は本来の観覧料です。


☆2/24

自宅

メトロ半蔵門線清澄白河駅
江東区江戸深川資料館(400)
江戸時代の家屋を再現した立体物メインの施設。
今の若い方にはかなり珍しいでしょう。
ド昭和人間にはかすかに「こういうのあったなー」でした。



メトロ半蔵門線九段下駅
昭和館(270)
場所が場所なのでどんな施設かと思ったら、
昭和10-30年代の庶民の生活ぶりを展示してました。
「この世界の片隅に」を見た後だったので
感慨深いものがありました。



お昼


メトロ有楽町線江戸川橋駅
印刷博物館(300)
駅から遠い。しかも道わかりにくい。
けれど歩いていく価値がある素敵な施設です。
プロローグゾーンには過去の「記録物」が並び
本展示には今に至るまでの印刷技術の展示。
静謐な雰囲気の中で並ぶ様々な印刷道具を前すると
「未来へ遺そう。遺していこう。」という先人たちの
思いが伝わってくるようでした。
また行きたいです。

☆2/27

自宅

JR上野駅
東京都美術館
「都美セレクション 新鋭美術家 2017」を見ました。
青木氏の漆を使った造営物は見ごたえあり。

☆3/1

自宅



東急大井町線上野毛駅
五島美術館(1000)
東急総帥だった五島慶太氏のコレクションを収めた美術館。
強盗慶太と揶揄された彼ですが美術品を見る目はあったようで。
今回は中国陶器と刀剣を拝見しました。
規模の割に一般入館料が高いですが、
付属のお庭を見るとそれも納得。
崖上の立地を生かした高低差35mの広いお庭は素敵です。



お昼


東急東横線祐天寺駅
アクセサリーミュージアム(1000)
ここどこ?な住宅地の狭い道を通った奥にありました。
近代ファッションとコスチュームジュエリーに特化した施設です。
「時代の空気を閉じ込めた」とありますが、
ショーケースの中はまさにそんな感じで楽しめました。
企画展は「オールド・ノリタケ」で日本のメーカーの底力を堪能。


東急目黒線
目黒区美術館(600)
目黒の駅から延々と坂を下り公園の中にある美術館。
収蔵品の展示でしたが、藤田嗣治の「鯰と蛙」屏風に感激。
筆で描かれたユーモラスな鯰と蛙の表情が素敵で
見入ってしまいました。これだけでも来た価値あり!
しかし帰りの上り坂は地獄でした、、、、。
「行きはよいよい、帰りは怖い」美術館でした。
帰りの電車で爆睡w。

ここまでで都区内の大体の場所は回りました。
しかし多摩地区はまだ手付かず。これからです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 05, 2017

ぐるっとパス2016 経過その4

ぐるっとパス経過その4です。
展示会名の()内金額は本来の観覧料です。

☆2/16

自宅

京王新線初台駅
オペラシティアートギャラリー(1200)
「画と機 山本耀司 朝倉優佳」
前衛すぎて正直よくわからなかった^^;。

↓同じ建物内を移動

ICC(500)
「オープン・スペース 2016 メディア・コンシャス」
こっちも前衛すぎてよく分からなんだ^^;。
でも
市原えつこ「デジタル・シャーマニズム——日本の弔いと祝祭」
これはなんというか少し考えさせられました。
葬祭の形が変わりつつある今将来的にはこういうものも
必要になるのかな、という気がしました。

耳を傷めて何が残念かって音だの光だのがとても苦痛なときがあるんですよね。
このICCはそういう展示が多いので楽しめなかったのが残念。



昼食

↓徒歩にて移動

刀剣博物館(600)
とうらぶ見てなのでさっぱりわかりませんが、
日本刀って美しいものですね。もっと勉強してから来ればよかった。
ちなみに数年以内に両国の安田庭園内に移転するそうで。

↓新宿方面へ徒歩で移動

文化学園服飾博物館(500)
「麻の着物 絹の着物」を見ました。
天皇家の方々儀礼でお召しになる装束や
三井家に受け継がれてきた着物など
麻と絹の歴史とともに眺められ楽しかったです。

☆2/20

自宅


メトロ千代田線千駄木駅
森鴎外記念館(300)
Twitterでフルボッコされてた森鴎外の記念館です。
元々彼の邸宅があったところだそうで。
彼のファンには楽しいと思います。



昼食



JR四ツ谷駅
新宿区立新宿歴史資料館(300)
社会見学コース施設(笑)。
崖の途中に作られてるので地下に展示会場があります。
狭いお庭にはしだれ桜がありこれからの季節は見事かも。
常設展の内容はジオラマや各種資料で新宿の歴史が学べます。



☆2/23

自宅


メトロ東西線葛西駅
地下鉄博物館(210)
駅の高架下にあるというアクセスのすばらしさw。
中は、楽しい、楽しすぎます。
少々鉄子成分のある私、童心に戻ってうきうきしまくり。
地下鉄の構造や工事方法など詳しく解説してあり
電車大好きな人にはたまらない施設だと思います。



ぐるっとパスの経過報告、まだまだ続きます~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 04, 2017

ぐるっとパス2016  経過その3

更新が遅れてしまいましたがその3です。
展示会名の()内金額は本来の観覧料です。

☆2/8

自宅

都営浅草線浅草駅
アミューズミュージアム(1080円)
「美しいぼろ布展」を見ました。
どんなに厳しい生活の中でも
人は我が身を美しくすることをいとわない。
その歴史が並んだ展示会でした。

この日は風もきつくここだけにして帰宅。

☆2/14

自宅

都営新宿線東大島駅
江東区中川番所資料館(200)
東京の海運業関連の資料をまとめた資料館。
東京もまた「水の都」なのです。


都営新宿線森下駅
芭蕉資料館(200)
俳聖芭蕉の障害をまとめた資料館。


都営地下鉄大江戸線
江戸東京博物館(600)
期待していなかったのですが、
常設展はとてもよかった。
関西育ちには全く分からない東京の歴史が
効率よく学べる良い展示でした。


江東区深川資料館による予定でしたが臨時休館で
この日はお休み。ちょっと残念。

☆2/15

自宅

たばこと塩の博物館(300)
駅から遠い。なんでこんなに遠いの(^^;
確か以前は渋谷にあったんじゃなかったっけ?
と思ったらやはりそうでした。
特別展「西アジア遊牧民の染織」は見ごたえがありました。
民族ごとに模様が違うのですね。
珍しいピンクの絨毯はつい見とれてしまいました。
常設は社会見学シリーズですね、これ(笑)。
こちらも楽しかったです。

昼から行ったのでこの日はここだけ。
押上からも錦糸町からもそれなりに歩くのでちと大変でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 17, 2017

ぐるっとパス2016 経過その2

頑張って回ってますよー。
展示会名の()内金額は本来の観覧料です。


☆2/7

この日は上野周辺を回ることに

自宅

JR上野駅
下町風俗資料館(300円)
タイムスリップ気分が味わえました。
写真撮影も一部OKで楽しい。


JR鶯谷駅
書道博物館(500円)
書をやっていない私にはハードル高すぎた^^;
でも文字を刻んだ石板等は美術品としてみると
面白かった。


昼食


JR日暮里駅
朝倉彫塑館(500円)
とても!素敵な建物でした。
写真撮影できないのが残念ですが、
ここはまた行きたい。
上野海の和室は起雲閣に似ててちょっと懐かしい。


京成千住大橋駅
石洞美術館(500円)
「古染付」展を拝見。
古い冬期は味わいがあってよかったです。

JR有楽町駅
相田みつを美術館(800円)
実は好きではなくてまあせっかくだし、な感じで入りました。
どうも昔から彼の「感情ほとばしる言葉」が苦手で。
しかしご子息の言葉によると「とても理詰めな人」だったそうで
目から鱗でした。
感情ほとばしる書はその反動だったのでしょうか。
そう思うとこれまでとは違った目で見ることができました。

この日は山手線東側のみの移動で割と楽でした。
お昼はガストwでお手軽に。


ぐるっとパス使用レポート、まだまだ続きますよー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 12, 2017

ぐるっとパス2016 経過その1

以前買ったぐるっとパスの経過報告その1です。

展示会名の()内金額は本来の観覧料です。

☆1/17(買った日)。
「パナソニック汐留ミュージアム」にて「マティスとルオー展」(1000円)を入場券で。
マティスの明るい画風はかなり晩年のものと初めて知りました。
でもルオーはやっぱり苦手だ^^;。

他も回りたかったけど体調イマイチでこれだけにして帰宅。



☆1/26
自宅



中目黒駅 
「郷さくら美術館」にて「林潤一の世界」を入場券(500円)で。
これはすごくよかったです!



東池袋駅
「オリエント美術館 」にて常設展(600)
サンシャイン水族館の隣なのにいまだ行ったことなかったという。
工芸品が中心ですが「天河」ファンとしては頭の中でいろいろとw
想像しながら拝見しました。


三越前駅
 「三井記念美術館 」にて「日本の伝統芸能展」(1000)円
文楽の人形や能面に衣装等を拝見。
知識のなさを痛感しました^^;。

各美術館への移動にはメトロ一日券を利用(600円)。
霞が関駅メトロピア内ドトールは全席禁煙で電源があり助かりました。

☆2/3
自宅



目黒駅
「松岡美術館」にて
「東洋磁器展」「 美しい人々」「松岡清次郎が愛した画家たち」 (800円)
小さいけれど趣ある美しい建物でした。
東洋磁器展目当てでしたが、一番印象に残ったのは林芙美子という^^;。

「国立博物館付属教育植物園」 100円割引で210円で入場。
冬に来たので寒いわ花はないわで殺風景でしたが、
お散歩にはちょうど良かったです。

「東京都庭園美術館」にて「並河靖之七宝展」を鑑賞(1100円)
まったく知らない工房でしたが素晴らしい美術品の数々に圧倒されました。
海外への輸出がほとんどで並河氏一代で終わったことが悔やまれます。

この3施設は最寄り駅が大体同じで助かりました。
それでも歩きに歩いて駅前の日高屋でげっそりでしたが。



王子駅
「紙の博物館」(300円)
小学生の「社会見学」気分に浸れる施設。
環境問題の一つとして取り上げられる紙ですが、
これからもなくなることはないかも。

「北区飛鳥山博物館」(300円)
こちらも「社会見学」コースですね。
王子駅周辺の歴史も学べて楽しかった。

この2施設は飛鳥山公園の隣同士なので移動が楽でした。
この日は都区内パス(750円)を使用。

通算3日間回ってみて思いましたが、

想像以上に体力勝負

ですわ^^;。
せめて三か月間ならもう少し楽なんですけど。

残り40日切ったのでペース挙げて頑張ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 24, 2017

鷽替神事

幸運の鳥。


(ここから
亀戸天神社公式サイトより引用)

“うそ”は幸運を招く鳥とされ、毎年新しいうそ鳥に替えるとこれまでの悪い事が“うそ”になり一年の吉兆(きっちょう)を招き開運・出世・幸運を得ることができると信仰されてきました。江戸時代には、多くの人が集まりうそ鳥を交換する習わしがありましたが、現在は神社にお納めし新しいうそ鳥と取替えるようになり、1月24・25日両日は多くのうそ替えの参拝者で賑わいます。うそ鳥は、日本海沿岸に生息するスズメ科の鳥で、太宰府天満宮のお祭りの時、害虫を駆除したことで天神様とご縁があります。又、鷽(うそ)の字が學(がく)の字に似てることから、学問の神様である天神様とのつながりが深いと考えられています。亀戸天神社の“うそ鳥”は、檜で神職の手で一体一体心を込めて作られ、この日にしか手に入らない貴重な開運のお守りとしてとても人気があります。

(引用ここまで)

ツイッターで知ってお迎えに行きました。
これは3号で高さは私の中指くらい。

お昼に家出て最後尾に着いたのが13:25。
鷽鳥形購入したのが16:30。

3時間待ち

でした(^_^;)。
最後の1時間は陽が暮れかけて寒いのなんの!
初詣でもこんなに待ったことないっす。
甘かった。
来年はちょっと策を練らねば。

ともあれ無事お迎えできたので、
我が家のリビングに飾らせていただきます。

幸運よ、早く我が家にやってこい♪( ´▽`)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 01, 2016

2016 紅葉(小石川後楽園)

気が付きゃ12月。
きっと誰かが私の時間を盗んでるorz。

11月は体調不良とその他諸々とのせめぎあいでしたが
なんとか数か所紅葉を見に行きました。
お天気がいまいちで写真があまりありませんが。

11/20に行った小石川後楽園です。



Koisihigawa1_161120Koisihigawa2_161120_2


Koisihigawa3_161120Koisihigawa5_161120

Koisihigawa6_161120Koisihigawa7_161120

Koisihigawa9_161120Koisihigawa8_161120

たまには別のところを、、、と思うのですが、
行くのに便利で満足度が高いんですよね、ここ。
案の定大人気でした。

来年は新規開拓したいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 28, 2016

みなとめぐり

27日の朝
「いいお天気だし海を見て船に乗りたいわ〜」
とやってきたのはこんなとこw



千葉港のシンボル、
千葉ポートタワーであります。
「千葉みなと駅」からてくてくと歩いて15分。
上からの景色はこれ。

茨城方面。

幕張方面。
なかなかの眺めです。
東京方面に雲があるので富士山は拝めなかったけどそれはまた次回に。

降りた後は観光船乗り場へ移動。

千葉港巡りにしゅっぱーつ。



カモメが餌欲しさに船の周りを飛びまくり、
同乗してた社会科見学の子供達は大喜び。




「工場萌え!」な私にはたまらない風景です。
月に二回夜景クルーズがあるそうで是非それにも参加したーい。
私が乗った「千葉港めぐり」は40分1000円でしたが、
幕張周辺まで行くコースはもう少し時間も長くてお値段もちょっぴりアップ。
クルーズってのは結構いいお値段するものですが、
ここのはお得だと思います。

千葉ポートタワーの近くには千葉県立美術館もあります。

お天気の良い日に美術館でアートを楽しみ、
千葉ポートタワーで眺望を楽しみ、
船に乗って港の風景を楽しんで一日過ごせます。
ポートタワーのすぐそばには公園もありのんびり過ごすのもよいかも。

次回は夜景を見に行きたいなぁ。

楽しいみなとめぐりの一日でした。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧