« 藤(亀戸天神) | Main | デザインフェスタ(戦利品) »

May 06, 2016

猿島

東京湾のプチ秘境。
Sarusima_160430

ここ数年、病気もあり連休は家で過ごすことが多かった私。
しかし今年は「これでは(・A・)イクナイ”!!!」で
4/30に日帰りでwでちょっと足を延ばしてみました。

品川から京急に乗り目指すは横須賀中央駅、
到着後てくてく歩いて汐入桟橋へ。
目指すは「猿島」、東京湾にある無人島です。
詳細はこちらへ。

写真でわかるように小さな島です。
大人の足で一周しても90分くらい?
しかしかつては東京湾防衛の要衝だった島、
島内は遺跡好きにはとても楽しいところでした。

まず船に乗って10分で到着(爆)。
大変お手軽です。船酔いの心配ゼロですw。

Kannban_160430 看板がお出迎え。
Ship_160430 乗ってきた船。

桟橋の先には小さな砂浜とビジターセンターがあります。
そこでトイレ等を済ませいざ、探検開始!

ビジターセンターの横の階段を上がり奥へ進みます。
くねった坂道を上がると遺跡がありました。
Heisya1_160430

まっすぐ続く道沿いのフランス積レンガの建物が並んでいました。

Heisya2_160430Dannyakuko_160430
Kiritooshi_160430Heisya3_160430
午前中だったせいか人も少なく静寂な雰囲気。
レンガ作りの建物に植物が這うように伸びているさまは
まさにラピュタであります。
苔むした両脇の壁を眺めながらさらに進みます。
すると
Tonnel_160430

島の反対側へ向かうトンネルです。
入ってどんどん進みます。
Tonnnel2_160430
するとまたトンネルが見えてきました。
勿論このまま全身です。

抜けた先をしばらく歩くと砲台跡にたどり着きました。
ここから千葉方面の絶景が拝めます。

Houdaiato_160430
砲台跡の横にある階段を下りヨネノ根へ向かいます。

Yonenone1_160430Yonenone2_160430
岩ごつごつの磯です。スニーカーで来たのは正解。
ここには日蓮洞窟というのがあり、かなり深ーい洞窟です。
立ち入り禁止なので入り口だけ眺めました。
かなり風が強く足場も悪いのでしばらく海を眺めた後撤収。
階段を上って元の道に戻りました。

島にはもう一つ「オイモノ鼻」と呼ばれる磯がありますが、
そこへも降りたもののだんだん混んできて即撤収。
大体ここまでで半周1時間ほどでした。

再び本道に戻り階段を上がって展望台のある広場へ。
ここからは横須賀の町が拝めました。

Hiroba_160430_2
展望台は「ショッカーの基地」ロケに使われたそうですが、
老朽化のため今は立ち入り禁止。
早く修復してほしいものです。

また本道に戻り桟橋を目指します。
途中にもまた砲台跡。
Houdaiato2_160430

この後は鳴いている鶯を見つけたりしつつ
無事ビジターセンターへ。
小休止後船に乗り猿島に別れを告げました。
Sarusima2_160430

当日はとても暑くて風も強く大変でしたが
この前日が渡航禁止になっていたので
渡れてラッキーでした。
朝早くてしんどかったけど楽しかった♪

外出ってやっぱり楽しいですね。
以上レビューでした^^。

|

« 藤(亀戸天神) | Main | デザインフェスタ(戦利品) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/63590197

Listed below are links to weblogs that reference 猿島:

« 藤(亀戸天神) | Main | デザインフェスタ(戦利品) »