« 河津桜(旧中川)と梅(亀戸天神) | Main | しだれ桜三景 »

Mar 23, 2015

菜の花と流山鉄道

目の前に広がるのはどこまでも続く黄色の絨毯。

Nanohana_150318_3


相変わらず床に伏せがちな日々ですが
先週少しよくなった日に思い切って出かけました。
小さな駅から出る空色の列車に乗って、
春色を探しに。

Mahasieki_150318Ryuumagou_150318

流山鉄道馬橋駅。
JR常磐線に接続する日本で3番目に短い路線の始発駅です。
全長5.7キロの路線に駅数はわずか6駅。
ICカードの導入はなく「切符を買って」乗る昭和の鉄道は
レトロ感満載。
ちょうどやってきた「流馬」号に乗っていざ出発~。

といっても終着駅「流山」までは約11分ですけど(笑)。
で、流山駅はこちら。
Nagareyamaeki_150318Nagareyamaekikounai_150318
関東の駅100選に選ばれた赤い屋根のレトロ駅。
ええ、中もレトロです。かすかな鉄子魂がくすぐられますw
ホームの奥には検車場。
Syako_150318
ここの車両はすべて他の私鉄の払下げの車両です。
それを鮮やかに塗り替えて使用しています。
のんびりと走る乗降客数の少ない路線は
老いた車両の余生にはぴったりなのかも。

ほんとは走る列車と菜の花を沿線沿いにカメラに収めるつもりでした。
けれど窓から見ていると菜の花が今一つ、、、なので終着駅まで
やってきたわけですが、周囲に何があるのかさっぱりわからない。
せっかくきたからと歩いて駅から延びる一本道を通り
流山街道にでたところ、

道路の向かい側のマンションと戸建の間から土手の鮮やかな黄色を発見。
もしかして?と土手へ出る道を探し歩きました。
するとぱっと視界が開けたかと思うと
右を向いても
Nanohanaright_150318
左を向いても
Nanohanaleft_150318

菜の花の絨毯~~~っ!

土手の上へあがる階段を上がっても、
Edogawananohanaright_150318
Edogawananohanaleft_150318
左右ともに菜の花の絨毯。圧巻の景色です。
都区内にも名所はありますがスケールはこちらが上ですね。
しかも入場料が要らない(笑)。
この景色だけで大満足してしまいました(笑)。

帰宅してから調べたら、野田市から流山にかけての江戸川の河川敷は
菜の花の絨毯とのこと。完全な盲点でした。


写真を撮った後菜の花に別れを告げて駅へ戻り流馬号で再び馬橋へ。
今回乗れなかったもう一つの「なの花号」をJRのホームからぱちり。
Nanohanagou_150318Nanohanagouup_150318

来年はこれに乗って菜の花を見に行こうっと。

|

« 河津桜(旧中川)と梅(亀戸天神) | Main | しだれ桜三景 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/61326268

Listed below are links to weblogs that reference 菜の花と流山鉄道:

« 河津桜(旧中川)と梅(亀戸天神) | Main | しだれ桜三景 »