« サンシャイン水族館 | Main | 今月飲んだワイン »

Jun 30, 2014

攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears

公式サイトはこちら

6/28夜のバルト9舞台挨拶回に行ってきました。

今回は素子の恋愛エピソード。
しかし推理物としてもきっちり作っていて
途中から展開は読めたものの楽しめました。
原作+S.A.C+OPはイノセンス?に
冲方さんが恋愛を絡めてうまいこと脚本をまとめてます。

原作での素子は恋愛には奔放で
アニメから入った私は結構面喰いました。
でも今回は原作も過去シリーズもすべて見ているので
「うんうん、そうだったねw」と
心中頷きながらの観てました。
素子に茶々入れるバトーがゴーストハックされて
自分で自分をぶんなぐるのは「S.A.C?」w。

素子役の真綾さん、1のときには初々しい感じでしたが
今回はなかなかに頼もしいメスゴリラwっぷりを発揮しています。
恋人ホセへの想いと指揮官としての判断のはざまで
揺れる女心をしっかりと演じておられました。
ホセ役の鈴木さんが色っぽい声なので
まだ少女の部分がある真綾さんの声とはうまくマッチ、
辛みのシーンも浮くことなくなじんでました。
二人の恋は悲劇的な結末を迎えるけれど
後悔なんて一つもないように思えました。

声優陣はパンフレットによると石川役が後退してたそうで、、
なんか違和感あったのはこのせいかと。
真綾さんはともかく他のメンバーにはまだ違和感ぬぐえないので
最後となる次のエピソードで頑張ってほしいです。

終了後の舞台挨拶はニッポン放送吉田アナウンサーの軽妙な司会で
もりあがって楽しかった。
黄瀬さんと冲方さんによる脚本裏話から始でしたが、
元々は黄瀬監督が「脚を描きたい」ってとこからはじまり
脚→人魚姫→脚の痛み→水、というイメージを
冲方さんが提供したそうです。
そのせいか全編水の描写が多い。

真綾さんと鈴木さんは二人とも台本をもらって
自宅でリハーサルしたそうですが
途中で詰まって一度台本閉じたってとこも二人同じで
笑ってしまいした。
鈴木さんの

「ホセのモデルって冲方さん?」

には場内大爆笑。
外向きのふんわりした髪型、確かに似てますよねー。
もしかして「S.A.C」の久世に合わせたのかと思ってたけど
冲方さんとはw
あと真綾さんを見ていてちょっと気になったことがあったのだけれど
それについては伏せておきます。
勘違いかもしれないので。
とにかく本編も舞台挨拶も楽しく充実した夜でした。

次回は9月公開で

「Border:4 Ghost Stands Alone」

このサブタイトルに今から;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

楽しみです!

|

« サンシャイン水族館 | Main | 今月飲んだワイン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/59904139

Listed below are links to weblogs that reference 攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears:

« サンシャイン水族館 | Main | 今月飲んだワイン »