« November 2013 | Main | January 2014 »

December 2013

Dec 31, 2013

大晦日

皆様こんばんは。
本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。
今年も何とか大晦日を迎えることができました。

私の2013年を一文字で表すと

「迷」

かなぁ^^;。
今年も突発性難聴の症状に振り回されました。
前半はふらつきやらめまいがひどく寝てるだけの日々で
夏は猛暑にげんなりで結局ステロイド再投与。
秋に薬を変えてからかなりふらつき症状は改善されました。
しつこい耳鳴はまだ私から離れてくれませんが、
根気強く治療に頑張ります。

今年もあまりブログを更新できませんでしたが
にもかかわらず訪れていただきありがとうございました。

皆様、どうかよいお年をお迎えください。

来年も「ひねもすのたりの日々」を宜しくお願いいたします。

shamon 拝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 30, 2013

お勉強ワイン2013

今年もたくさん飲みました。

月一回通っているワインスクールで
今年お勉強したワインたちです。

1月~3月
Salon1301
Salon201302
Salon201303
鳥頭なあたくし、一年近くもたつと何学んだか記憶の彼方^^;。
しかし1月のバローロ村当ては、、、惨敗したの覚えてるorz。

4月~12月は「ロジカルテイスティング」、
ブラインドテイスティングで

原産国
品種
どのレベルのワイン

をどう嗅ぎ分けどう味分けるかのトレーニングでした。
テーマごとに大体3本もしくは2本単位(フライト、といいます)で
2フライトを一つの授業でやったんですけど

先入観を排してワインと向き合う

難しさを思い知りました。
もちろん知識と経験がないと当たらないんですけど、
この二つを常日頃から磨いておかないと
(まめに新しい情報を仕入れて自腹で飲んで^^;)
やっぱり当てられないんですよねぇ。
ここ5年ほどワインどころではない生活だったんで
来年からはちょっと頑張らないといけません。

先生がおっしゃるには

冷涼地域か温暖地域か
ニューワールドかオールドワールドか

を先に絞り、品種はそのあとで、とのこと。
銘柄まで当てられなくてもせめて
品種までは確実に当てられるようになりたいものです。

で、出てきたワインは↓
Lo1304 4月

Lo201305_3 5月

Lo201306 6月

Lo201307 7月

Lo201308 8月

Lt201309 9月

Lt201310_2 10月

Lt201311 11月

Lt201312 12月


12月は今年ラストってことでイケムが出ました。
ブラインドしても無駄なのでこれはオープンw
最高級の貴腐ワインの素晴らしさに酔いました。

こうやって写真並べてみると
すごいラインナップですわw
ムートンなんてもう買えませんし。
先生に感謝^^。
来年もたくさんよいワインに出会えますように。

以上、2013年最後のワインエントリでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 24, 2013

Chateau Mouton Rothschild1993

一級から20年。

Chmoutonrothechild1993_131222


三連休中日に「前倒しクリスマス!」と
良いワインを開けることにしました。
いろいろ考えたあげくセラーから引っ張り出したのは
久々の羊さん♪こと
1993年バルテュスラベルのムートン・ロートシルト。

少女の裸体がアメリカで問題になったとかで
アメリカで販売されたものは絵がありません。
これはリリース直後に新宿やまやで買ったもので
当時確か8000円ほどでした。

ムートンは何本かありますが、
93年はムートンが一級になって20年、
今年2013年でこのヴィンテージがちょうど20年ってことで
これにしました。

色は濃いガーネットでリムはややオレンジがかすかに。
腐葉土やキノコの香りが前面に押し出されてて
果実香味は後ろで慎ましく。
タンニンはかなり練れてました。
CS78%Mellot18%CF4%のせいか
筋肉質でスレンダーなボディ、
ブルゴーニュでいえばドニ・モルテ?
こんなムートンは初めてです。

で、やたらと酸が強い。
十分おいしいんだけどそのせいかバランスはいまいち。

しかしボディの強靭さたるや3時間たってもへたらない。
むしろ動物香みたいなのが出てきて面白くなってました。
3/1ほど残して翌日飲んでみたら
ややへたり気味だけど酸は少し丸くなってて
やっぱりおいしかった。

ここ数年ボルドーを重く感じるようになって
ブルゴーニュや泡に流れてましたが
このクラスはさすがにおいしい。
不作といえどこのクラスはやっぱりしっかりしてます。

今じゃすっかり高くなってプリムールすら手が届かなくなった銘柄、
残りのヴィンテージも大切に飲もうと思いつつ
グラスを傾けた夜でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 13, 2013

丸の内イルミネーション2013

光の並木道。

Marunoutiirumi_131213_2

イルミネーションを撮りに行ったのは何年前かしらと
記憶をたどりつつ丸の内へ。
新丸ビルから丸の内仲通りへと出た途端点灯、
有楽町へ続く道が光に満ちました。
Marunoutiirumi2_131213


今年はディズニーと提携とのことで
#公式サイトの操作性悪すぎなんだが。
イルミネーションの中にミッキーが隠れています。
(探してくださいねー)
Mickey_131213

そして丸ビル、新丸ビル、OAZO丸の内、丸の内ブリックススクエアに
ディズニーとコラボレーションしたツリーが展示されています。

丸ビルのテーマは
「Happiness Ribbon ~ディズニーキャラクターが勢揃い~ 」
Marutree_131213毎年恒例のおっきなツリー。

そしてそのお隣にはハピネスバルーンMarubirumickey_131213_2

Marubirutree_131213 ←こんな感じに展示されています。
ハピネスバルーンの下は記念撮影場所になっていて写真が撮れます。
ディズニー好きの方はお忘れなく!

新丸ビルのテーマは「Disney Princess ~ロマンティックプリンセスストーリー~
Princesstree_13121_2


丸の内ブリックススクエア は
「Winnie the Pooh ~くまのプーさんの100エーカーの森~」
Pusantree_131213

丸の内オアゾは
「OSWALD the Lucky Rabbit ~Classic Film の世界~」
Ozwaldtree_131213

とそれぞれのビルに1つずつテーマの違うツリーが
ありました。

しかし丸ビル以外は「思ったほど大きくない」んで^^;
これから観にいかれる人はあまり期待しないほうがよいかも。

イルミネーションがきらめく丸の内仲通りには
ブランドショップやおしゃれなバーがずらりと両脇に並び
とっても優雅な気分で歩けます。
しかしこんなお店がwww
Amecomihero_131213
噴いたwwww
アイアンマン、アメリカンヒーロー、
ハルクにスパイダーマンwww。
目立ってたわーwwww

最後は明治安田ビルのきれいなイルミネーションを
Yasudaseimeibell_131213


とってもきれいな鐘?になるのかな?
きらきら輝いていて前を通った人たちは
みんな吸い込まれていました。

世知辛いこのご時世ですが、
綺麗なイルミネーションは観ているだけで
心が明るくなります。

来年は良い年になりますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 07, 2013

幽玄の夜・千本公孫樹ライトアップ(葛飾八幡宮)

闇に浮かぶ金色の御神木
Senbonityoulightup1_131206

先週行ってきた葛飾八幡宮を今度は夜訪れました。
12/6から3日間のみ行われる千本公孫樹のライトアップです。

初日しかも平日の夜とあり、本堂へ行く人の姿はまばら。
子供たち手造りの小さな灯篭が参道を歩く足元を照らす。
境内にいるのは関係者の方々とわずかな観客のみ。
公孫樹の前には赤い布で小さな舞台が設えられ
八幡囃子保存会によるひょっとこと獅子舞が披露されていました。

静かな境内は人の話し声もなく
御神木をバックに雅楽が響き獅子が舞う。
地域の人たちが守り続けてきた千本公孫樹は
ライトが美しく染め上げて神々しい美しさ。
Senbonityoulightup2_131206
 

関係者の方にお話を伺ったところ
「今年は台風が多くてっぺんが風で舞い上がった海水で傷んでしまった。
晴れて乾燥した日が続いているので黄色よりは茶色になりつつある。
そのせいか枝の内側の葉はまだ青く残っている。」
とのこと。
海から10キロ近く離れていても塩害ってあるそうです。
美しさは去年よりは劣る、とのことですが、
遠目にはそんなこと気にならない素晴らしさでした。

ふるまいの甘酒をいただき鎮守様に参拝。
関係者の方に挨拶をして境内を後にしました。

来年もまた、この美しい御神木がおがめますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 04, 2013

極彩色の森(市川市動植物園)

光射す森。
Momijiyama5_131201_2


紅葉もぼちぼち見納めかしらと、
相方と車で市川市動植物園へ12/1に行ってきました。
静かな公園は艶やかな色で私たちを迎えてくれました。

まずは植物園ゾーン。入場無料です。
Syokubutsuen_131201_3Syokubutsuen2_131201_3
Syokubutsuen4_131201_3Syokubutsuen3_131201_3
 

そして普段は立ち入り禁止のもみじ山。
紅葉の期間だけ解放されます。
Momijiyama_131201_2Momijiyama3_131201_2
Momijiyama2_131201_3Momijiyama4_131201_2

この時期、都区内の名所は大変な混雑。
けれどここは日曜日というのに訪れる人も少なく
響くのは落ち葉を踏みしめる音と感嘆の声だけ。
艶やかに揺れる葉っぱは揺れてきらきら輝き
訪れる人を歓迎していました。

もみじ山を下りるとそこには池。
Syokubutuenike_131201
池を通り過ぎて入り口に戻り、
紅葉狩り後は動物編へ
入園料を払って入場。

ここは小さな動物がメインで有名なのは
カワウソとレッサーパンダ。
Panda_131201 ←リンゴをもらってます。
おうちで休んでいる子も Panda2_131201_2


レッサーパンダはどの子もとてもかわいく
人だかりができるほどの人気でした。
あのふさふさ尻尾を一度でいいから触ってみたいw。

この時期の市川市動植物園は
大人だけでもお子さん連れでも楽しめるので
ぜひおすすめです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2013 | Main | January 2014 »