« 丸の内イルミネーション2013 | Main | お勉強ワイン2013 »

Dec 24, 2013

Chateau Mouton Rothschild1993

一級から20年。

Chmoutonrothechild1993_131222


三連休中日に「前倒しクリスマス!」と
良いワインを開けることにしました。
いろいろ考えたあげくセラーから引っ張り出したのは
久々の羊さん♪こと
1993年バルテュスラベルのムートン・ロートシルト。

少女の裸体がアメリカで問題になったとかで
アメリカで販売されたものは絵がありません。
これはリリース直後に新宿やまやで買ったもので
当時確か8000円ほどでした。

ムートンは何本かありますが、
93年はムートンが一級になって20年、
今年2013年でこのヴィンテージがちょうど20年ってことで
これにしました。

色は濃いガーネットでリムはややオレンジがかすかに。
腐葉土やキノコの香りが前面に押し出されてて
果実香味は後ろで慎ましく。
タンニンはかなり練れてました。
CS78%Mellot18%CF4%のせいか
筋肉質でスレンダーなボディ、
ブルゴーニュでいえばドニ・モルテ?
こんなムートンは初めてです。

で、やたらと酸が強い。
十分おいしいんだけどそのせいかバランスはいまいち。

しかしボディの強靭さたるや3時間たってもへたらない。
むしろ動物香みたいなのが出てきて面白くなってました。
3/1ほど残して翌日飲んでみたら
ややへたり気味だけど酸は少し丸くなってて
やっぱりおいしかった。

ここ数年ボルドーを重く感じるようになって
ブルゴーニュや泡に流れてましたが
このクラスはさすがにおいしい。
不作といえどこのクラスはやっぱりしっかりしてます。

今じゃすっかり高くなってプリムールすら手が届かなくなった銘柄、
残りのヴィンテージも大切に飲もうと思いつつ
グラスを傾けた夜でした。

|

« 丸の内イルミネーション2013 | Main | お勉強ワイン2013 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Chateau Mouton Rothschild1993:

« 丸の内イルミネーション2013 | Main | お勉強ワイン2013 »