« 特別展「深海 —挑戦の歩みと驚異の生きものたち—」 | Main | 「Pandemonium -魔術師の村-展」柴本翔個展 »

Sep 22, 2013

「SFと未来像」展 

公式サイトはこちら

公式サイトより引用

【日本では戦後、海外のSFの潮流を吸収し、さまざまな社会変化を背景にしながら、独特の空想科学的な作品群を、小説・マンガ・アニメ・特撮などの分野で産み出してきました。本展は2013年に50周年を迎える日本SF作家クラブと、明治大学の米沢嘉博記念図書館との共催により、SFと社会的に流布されてきた未来像との相関に焦点を合わせ、その時代ごとの変遷と、これから造られる現実の未来へのヴィジョンを、原画などにより展示いたします。みなさまの未来への想像力を刺激するとともに、フィクションと現実との関係に、多角的な視点を提供できれば幸いです。】

引用ここまで。

というわけで会場の明治大学博物館特別展示室へ行ってきました。
尚入場は無料です。

展示会場は教室くらいの大きさで、

入ってすぐ右手に山と積まれたw文庫版SF小説。
懐かしいのやら読んでないのやらいろいろw。
他に小さなガラスケースが3つ、かな?
テーマごとに本が並べて展示がありました。
#ロボット・サイボーグカテゴリには
#しっかり「サイボーグ009」(少年サンデーコミックス版)があり
#ちょっとうれしかったw。

そしてコの字型に壁面ガラスケース内に
各種資料の展示がありました。

イラストでは
小松崎茂さんをはじめとする未来都市のイラスト、
伊藤展安さんの偕成社SFシリーズイラスト
角田純男さんのSFマガジンイラスト、
斎藤和明さんによる「さすらいのスターウルフ」のイラストなどなどが
本とともに展示されていました。スターウルフ、懐かしいわー。
そうそう、小松左京さんの「日本沈没」のポスターも飾られてました。

SFマガジンは1970年代のバックナンバーがずらっと47冊並べられ
その上の壁面に角田さんのイラスト原画が5枚ほど展示。
古いSFファンの方々は観てるだけでも懐かしいのではと思います。
光瀬龍さんと萩尾望都さんの対談を載せた号もあり、
かなり目が釘づけw。
たぶん「百億の昼と千億の夜」についてではと思います。

アニメ関係の展示では「AKIRA」と押井版「攻殻機動隊」のポスターと
資料の展示。
なぜか「天空の城ラピュタ」の爆発のセル画とかあって笑ってしまった。
資料としては「攻殻」がレイアウト図2枚と背景画が数枚と
一番充実しており、ラストで少佐が見下ろす街の絵はかなり大きいものでした。
ほぼ20年前の作品ですが状態も良かったです。

玩具関係はレイガンのおもちゃやらいろいろ、
「AKIRA」の主人公が載るバイクのおもちゃも置いていましたね。

会場で一番目を引いたのは、

綾波レイ「新世紀エヴァンゲリオン」の等身大フィギュアw

となりの初音ミクを存在感で凌駕してましたw。
レイ目当てで来られる方もいるんじゃないですかね。

と、展示物はこんな感じでした。
自分が昔見てたイラストや読んだSF小説とは
今は全然違う未来(遅れてるにしろ進んでるにしろ)に
生きてるんだな、と思う反面、
ずらっと並べられたSF作品に人の想像力はすごい、と
改めて感じましたね。

無料ということでグッズもないし
チラシくらいしかないですが、
SF好きな方はお出かけついでに覘かれても、と思います。
会場は違いますが「小松左京『日本沈没』展」もありますし、
合わせてご覧になる手もあります。

会場はお茶の水駅から歩いて5分の明治大学、
少し足を延ばせば神保町の古書店街もあるし
古本探しも楽しいかと思います。

あの頃夢見た未来に私たちは今生きている。
現在とSF作品との違いもまた楽しや、な展示会でした。

|

« 特別展「深海 —挑戦の歩みと驚異の生きものたち—」 | Main | 「Pandemonium -魔術師の村-展」柴本翔個展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/58242531

Listed below are links to weblogs that reference 「SFと未来像」展 :

« 特別展「深海 —挑戦の歩みと驚異の生きものたち—」 | Main | 「Pandemonium -魔術師の村-展」柴本翔個展 »