« 特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」  | Main | 「SFと未来像」展  »

Sep 18, 2013

特別展「深海 —挑戦の歩みと驚異の生きものたち—」

体調不良により更新滞っておりましたm(__)m

国立科学博物館にて10/6まで開催中。
公式サイトはこちら

今年初め日本中を席巻したNスペのダイオウイカ映像、
この夏には深海の生き物の特集も組まれ、
たっぷりと深海への興味をそそって(煽ってw)くれました。
そのダイオウイカの標本も見られるってことで
行ってまいりました。

平日の朝一なんで空いてるよね(* ̄ー ̄*)と足取りも軽く上野へ。
その考えが甘かったのを速攻で思い知らされましたorz。
入った途端、芋の子洗いの混雑ですよなんでやねん。
プロローグのクジラ映像観て各コーナーを回りました。
ちなみに動画以外はフラッシュ抜きで撮影が可能です。
ちなみに音声ガイドは坂本真綾さんでした(借りなかったけど)。

まず「深海の世界」から始まります。
ここで深海の定義、かかる水圧のものすごさなどなどの説明有。
次は「深海に挑む」、人類の深海への挑戦の軌跡コ、ーナー。
ここには有人潜水調査船しんかい6500の実物大模型や
無人潜水調査船などの縮小模型がありました。
どうやって深海の生物を捕獲するかとかの映像もあり
なかなか楽しい。
しんかい6500のコクピットは水圧に耐えるためにかなり狭く
パイロットは2人で研究員1人しか乗れません。
そして潜水中に一番怖いのは火事、ってことで
乗組員はF1ドライバーと同じ耐火服を着用するそうです。
#狭いコクピットって点は同じですね。
そして簡易トイレとか(トイレもありませんしー)も持参するとか。
とはいえ船内はしっかり1気圧に保たれるので
F1ドライバーと違って特別なトレーニングはいらないそうですが(笑)。

調査船に別れを告げてw「深海生物図鑑」へ。
小さな生物からダイオウイカまで深海にすむ生物の
いろんな標本が並んでいました。
ダイオウイカは上に模型がありその下に標本が展示、
一番人気でたくさんの人がカメラを向けていました。
ホルマリン標本漬けを見るのは昔から苦手ですが、
ダイオウイカの標本はでかすぎるせいかあまり
気持ち悪くなかったです。
で、この向かいには天敵マッコウクジラの頭部模型があり
こちらもでかかったw。

「深海に生きる」「深海への適応」では、
極限の環境での有機物がどうやって運ばれるのか、
そこの生物がいかにして命をつないでいくのか、
模型や標本で説明がありました。
個人的にはホルマリン漬けにされていた
「アンコウのでかい雌にひっついたままの小さい雄2尾」
がなんとも………^^;でした。
ま、深海ではお相手探すのも大変ですからね、
生き延びる手段としてわかるけどなんつーか、はははは^^;。

一通りのおべんきょの後は「深海シアター」へ。
Nスペのダイオウイカ映像の一部がここで上映されています。
お子様向けを意識したのかおちゃらけたナレーションは竹中直人さん。
壁にはこのプロジェクトに参加した科学者の方々の写真も
飾られていました。

そして第二会場へ。
途中には深海の生物の写真がたくさん飾られてこれが楽しいw。
エスカレーターを上がった先は「深海の開発と未来」。
食品サンプルを前にどの魚がどの料理に使われているか、
深海の微生物から見つかる酵素、豊富な資源などの説明。
記憶に新しいところではレアメタルですね。

最後はお土産コーナー。

ダイオウイカの実物大ぬいぐるみ
(ってかほとんどオブジェw)にわろたw。

ま、人気は小さいやつでしたね。
ダイオウイカリュックはお子様に人気なのか
お買い求めになる親御さんがちらほらと。

海王堂のフィギュア(出来いいです!)に惹かれつつ
買ったのはTシャツ(紺色でバックプリント)でしたw。
人気があったのは図録とかおみやげのプリントクッキーとかw。
手ぬぐいもほしかったけど人気の柄はすでに売り切れ。
そろそろ会期末も近いので仕方ないですね。

水族館のような生体展示でなく
標本や模型などにみっちり説明がある
いかにも博物館な展示会ですが、
謎の多い深海の世界の一端を覗くことができます。
また国立科学博物館の常設展も見学できるので
一日楽しめるのではないでしょうか。

以上レビューでした。

|

« 特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」  | Main | 「SFと未来像」展  »

Comments

ブログを見て面白かったのでコメントさせて頂きました(^ω^)
もしよかったら自分のブログも見てくださったら嬉しいです★
http://blog.livedoor.jp/daisukedkc/
ちなみに料理レシピのブログです!!
これからちょくちょく拝見させて頂きます★
よろしくお願いします(^ω^)

Posted by: | Sep 18, 2013 at 11:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/58220214

Listed below are links to weblogs that reference 特別展「深海 —挑戦の歩みと驚異の生きものたち—」:

» 特別展「深海 挑戦の歩みと驚異の生きものたち」/国立科学博物館 [京の昼寝〜♪]
特別展「深海 挑戦の歩みと驚異の生きものたち」国立科学博物館 夏休み中は混んでいると思い、金曜日の夜に「深海展」に行って来ました 生きたダイオウイカを世界で初めて撮影に成功した様子がNHKスペシャルで放送され、さらに『劇場版 NHKスペシャル 世界...... [Read More]

Tracked on Sep 18, 2013 at 09:39 PM

« 特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」  | Main | 「SFと未来像」展  »