« 紅葉(小石川後楽園) | Main | 三歩進んで二歩下がる »

Dec 08, 2012

荒木伸吾回顧展「瞳と魂」

公式サイトはこちら

アニメーター荒木伸吾さんの回顧展へ行ってきました。

「バビル2世」「キューティーハニー」「魔女っ子メグちゃん」に始まり
多くのロボットアニメのキャラクターデザインと作画監督を手がけた
アニメーターさんです。
一般的には「ベルサイユのばら」「聖闘士星矢」でご存知の方も多いでしょう。

切れ長の目に流れる長髪の美形キャラや
腕白だけどどこか気品のある男の子を
描かせたら右に出るものはいない方でした。
「バビル2世」に多くの女の子ファンを生んだのも
神谷明さんの声と相まってキャラクターがよかったから。
直筆のものを見られる機会は今後もうないと思い
金曜日の午後末広町へ向かいました。

地下の展示会場入口には名前入りのきれいなお花がいくつも並び、
机に向かう荒木さんのお写真のパネルが飾られていました。
展示会場内には代表作となった作品の原画セル画に
劇画時代のものもならんでいて多彩な才能に改めて驚きました。
劇画の道に進んでいたら「美形キャラ」という言葉はなかったかもしれない。
回顧展のタイトルとなった「瞳と魂」、
瞳に強い魂を秘めたキャラクターを描き続けた荒木さんにぴったりの言葉です。

だけど全盛期の頃と晩年の線は明らかに違っていました。
体調を崩されていた、との噂はやはり本当だったんだな、、と。
でも線は細くとも描いた絵からほとばしる情熱は
全く衰えてはいませんでした。

訪れる人はやはり女性が多く、
「聖闘士星矢」のファンの方か比較的若い世代が中心でしたね。
しかも高い図録をこの方々が次々と買っていく、、。
ファン層の裾野が広いことを実感しました。

会場には息子さんの言葉

「父は褒められるのが大好きでした。」

が。

荒木さん、あなたの絵を観て私は育ちました。
気品溢れるかっこいい素敵な絵は永遠に観た人の心に残り続けるでしょう。
どうか天国で思う存分絵を描いてくださいね。

ご冥福をお祈りします。

|

« 紅葉(小石川後楽園) | Main | 三歩進んで二歩下がる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/56276670

Listed below are links to weblogs that reference 荒木伸吾回顧展「瞳と魂」:

« 紅葉(小石川後楽園) | Main | 三歩進んで二歩下がる »