« October 2012 | Main | December 2012 »

November 2012

Nov 26, 2012

錦秋(市川市動植物園)

お日様に向けて透けるよ錦色(shamon)
Momoji1_121125_2

先々週ものの見事に空振りに終った紅葉狩り、
快晴の11/25日曜日にリベンジへ。
混雑を避け出かけたのは都心と反対の千葉県でした。


市川市動植物園
動物園は有料ですが自然観察園は入場無料。
普段は立ち入り禁止のもみじ山も
この時期は特別に開放され歩くことが出来ました。

Momiji2_121125Momiji3_121125Momiji4_121125_2


まだまだ青い樹が多いもみじ山でしたが、
所々で艶やかな赤がカメラを持つ人を誘っていました。

Momiji5_121125_2
青空に赤とオレンジが煙る。

Momiji15_121125_2Momiji7_121125
Momiji8_121125Momiji9_121125
ゆらゆらとゆれてはらはら秋が行く。

もみじ山を降りると大町自然公園。
水辺にも錦色。
Momiji12_121125_2
Momiji13_121125_2

一周し終わった帰り道の脇にも。
Momiji10_121125Momiji11_121125_2

時間帯によって美しさが変化するのも紅葉狩りの楽しさ。
斜面に咲き誇る錦色が見送ってくれました。

最後の一枚。
Momiji6_121125_2

また来年。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 17, 2012

紅葉探し(新宿御苑~六義園)

ちらほらと紅葉便りが耳に入ってくるので、
都区内はどうかしらと運動がてらに出かけました。
まず新宿御苑。
Gyoendocomotower_121115
どどんと聳え立つドコモタワーの下の樹くらいでしたわ^^;。
桜の葉は強風で散ってしまって地面は落ち葉だらけ~。
ところどころ赤いのがちらほらあっても色が悪い。
唯一、フランス式庭園の並木道だけが
Gyoennamikimiti_121115
なんとか金色に。
しかしここも茶色い落ち葉の絨毯でがさがさがさがさ。
うーん^^;。

こりゃだめだと新宿門に向かうすがらでかわいいお花を見つけました。
Gyoenjyuugatusakura1_121115Gyoenjyuugatusakura2_121115
秋に咲く「十月桜」。
冷たい風にゆらゆらとゆれる姿も愛らしく。

御苑に見切りを付けてどうしたものかと道すがら考えて
「そうだ、六義園に行こう。」。
昨年よりは時期早いけど様子見だけでもといざ駒込へ。

Rikugienmon_121115
庭園へ入る門の上にはちょっと早いけどきれいな紅葉。
しかしやっぱりここもはやすぎました。
一番の見所のもみじ茶屋も

Momijityaya_121115_2
Momijityaya2_121115_2
まだまだ青い^^;。極彩色は今月末かもー。

唯一目立ってたのは池のほとりのこの一本
Rikugienkoyo_121115
これは真っ赤できれいでした。

六義園から旧古河庭園へ行くのも考えましたが、
紅葉期待できそうにないので諦めて帰途に。

都区内はこれからですね。
紅葉狩りは来月頭に再チャレンジです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 16, 2012

買ってしまった^^;

財布の紐緩みまくり^^;。
009goods

またまた009ネタです。
先日前売り券持って音響がいいと噂の新宿バルト9へ。

新宿バルト9では009フェアやってまして、
関連書籍グッズにカフェではお菓子とかドリンクなどがあり
しっかり散財しましたよ。

まず一番上の写真は焼き菓子のセット(9種類の味)と
カフェで貰ったコースター2枚と鑑賞時にもらった9人全員のトレカ。
バッグにはなぜかチョウチョなジョーがw。
Joe009
かーいいですw。

映画観た後カフェでジョーのドリンクとコラボケーキなんぞ。
009cake
コースターは好きなの選べますが
9人全員のかわいいチビキャラのは品切れでした。
ドリンクはレモネードで入ってる氷もレモネード味。
ケーキは甘さ控えめでなかなかよかったです。
カフェの中には試写会に参加されたらしい漫画家の先生方の
色紙が一杯で観てて楽しい。

コラボ物は手を出すときりがないので基本敬遠するんですけど、
久々のアニメ化だし次いつあるかわからないので(爆)奮発しました。

映画は興行成績もいいみたいでセカンドランも決定。
続編も期待したいですわ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 15, 2012

BEAUJOAIS NOUVEAU 2012(PHILIPPE COPIN)

寝そびれて時計を見たら日付が変わる直前

コンビニに走ってこれ買ってきました。
イチゴキャンディーの香り。
ほの甘い味とかすかなエグミ。
とにかく軽い、ああヌーヴォーだなと思う味。
でもこんなのでいいのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 14, 2012

「小説009 RE:CYBORG」

「009 RE:CYBORG」の監督自身によるノベライズ版です。
ちなみに映画のネタバレも含んでますので
未見の方はお気をつけください。

映画の空白の部分埋めるのに役に立つ一冊、
登場人物の感情を映画よりも細かくしっかり描いてて
再結集までに揺れ動く各メンバーと博士の苦悩は
「だよな~だよな~」と思いながら読みました。
中でもジョーとフランソワーズの関係については
映画と同じく大胆に踏み込んでます。

原作ではなんとなーく公認で曖昧な関係の二人、
今までのアニメ版もそれを踏襲してました。
フランソワーズからのジョーへの想いは語られても
ジョーが実際彼女をどう思っているのかはっきりしてなかった。
映画でも序盤はやっぱりフランソワーズから、ですし。
しかしこのノベライズでは終盤でトモエの正体を明かすことで
ジョーの気持ちをはっきりさせてます。

心情をその当事者自身からではなく他の何かで現す。
かつて神山監督が(『攻殻S.A.C.』で用いた手法が
この作品でもしっかりとラブストーリー面を盛り上げてる。
互いを想いながらもすれ違ってしまった『攻殻S.A.C.2ndGIG』の2人を
ダブらせながら読んでしまった。

「女の子は毎日のように男の子に逢いに来たわ。」
 (「草迷宮」『攻殻S.A.C.2ndGIG』11話)

3年毎の記憶リセット(正確に封じ込め)のため
ジョーと定期的に再会しながらも
監視だけでなくフランソワーズはずっとジョーを見つめていたのでしょう。
手を触れることも声をかけることも許されないまま。
「草迷宮」の女の子が自分の正体を告げられなかったように。


「俺はずっと探してる」
 (「憂国への帰還」『攻殻S.A.C.2ndGIG』26話)

ジョーはジョーで繰り返される時の牢獄の中、
自らの想いをトモエの姿に変えて擬人化することで
精神の安定を保っていた。
再会を夢見ることで生き抜いた「草迷宮」の男の子のように。

人はひとりでは生きてゆけない。
原作でもこのテーマは語られてますが
ジョーを孤独の檻に入れることでより際立った感があります。
ギルモア博士も別の意味で孤独だったけど
これは立場上仕方がないかな。
荒巻と呼ばれたのもさもありなんw。
とにかく「RE:009」がバッドエンドでなかったのはファンとしてうれしい。

映画は『攻殻』ほどではないけどセリフの嵐なんで
一度観たけどもう一度映画観る方にはこの本の一読オススメします。
あと2Dのがセリフには集中できますね。
3Dはやはり目が疲れるし眼鏡が重いですから。

カラー口絵は人気アニメーター中村悟さんによる素敵なジョーが拝めます。
滅多にないポーズもちょっと新鮮でファンなら手元に置いときたい一冊です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 04, 2012

錦城ワイン(錦城葡萄酒)

まんまぶどうのお味です(^_^)

1352034531210.jpg

先月相方に同行した甲州市フルーツマラソンで参加賞にもらいました。
甲州100、甲州の味がストレートに出てる辛口です。
雑味もあまりなく美味しくおでんに合いました。
くせがないのでお料理にとても合わせやすいのは助かりますね。
日本のワインもどんどん進歩してるから勉強しなきゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »