« September 2012 | Main | November 2012 »

October 2012

Oct 30, 2012

Chateau Haut-Brion 1986

Hautbrion1986_20121027

10/27は私の誕生日でした。
ではよいものをってことでこれを。
人からいただいたワインですけど。

深いガーネット色でリムはややレンガ色。
腐葉土や茸、果実味はまだしっかり残ってました。
ドライフルーツ、タンニンはすっかりこなれてて
するするときれいに喉に入っていきました。
きれいな古酒ですね。
ここ数年ブルばかりですがやっぱりボルドーはいいなぁ。

1986年、私には父が事故死した辛い年でした。
胸の痛みや悲しみが今も消えることはないけれど
ここ数年その辛さも時の流れで少し楽になった気がします。
当時はワインのことなど何も知らず
こんなビッグヴィンテージが生まれていたのを
知るよしもなかったけれど。

ワインも人も一期一会、
出会って過ごす時間をこれからも大切にしていきたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 20, 2012

「009 RE:CYBORG」神山健治監督

「終らせなければ 始まらない」

公式サイトはこちら

石ノ森章太郎さんの未完の大作「サイボーグ009」、
神山監督によるアニメを10/19に先行上映で見てきました。
神山監督、ジョー役宮野さん、
フランソワーズ役斉藤さんの楽しい舞台挨拶では
キャスティングの理由などを聞きその後本編が始まりました。

感想を簡潔に言うと

「ハードでリアルな大人の009」

です。
原作ファンには「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と思う瞬間も
勿論ありました、ええw。
逆に原作知ってるだけに「かまされたorz」もありますがw。

先の展開が読めない緻密な構成と
重たいテーマを突きつけてくるあたりはやっぱり神山作品ね、です。
物語はジョーの覚醒から始まりますが、
個人と国家の間で揺れる00ナンバー(主にジェット)の苦悩、
メンバーとギルモア博士との微妙な空気が
「かつて共に戦ったはずなのに」の想いと共に物語を支配していく。
それでも最後に信じられるのは仲間、という点で
原作への回帰が見られました。
「彼」の解釈は人それぞれでしょう。

原作ファンとして見ると
メンバーの一部が母国の工作員などといった
キャラデザイン含む大胆な設定変更には正直戸惑いがありました。
ジョーとフランソワーズの関係も「大人」になってますし
原作至上派は相当な抵抗感じるんじゃないかなと。
でも「リアル」を突き詰めたらこれらの変更は許容範囲かな。
006張々湖のセリフが何よりそれを物語ってます。
「00ナンバーを現代によみがえらせたら」という点では
見事成功でしょう。
グレートのいかにも元シェイクスピア俳優な台詞回しには
相当原作を読み込んでるなと感じましたね。
とはいえ原作に囚われすぎずかといってむちゃくちゃ離れすぎず
絶妙の距離感で作ったのはとても好感が持てます。

3Dアニメーションとしては新境地を見事切り開いてる。
これが全てCGとは信じられないくらいセルライク
しかしカメラワークはやっぱりCGによるものなので
ロングでカメラが回るカットは画面に吸い込まれそう。
心配してた差異ですが適度な飛び出しで眼も疲れない。
高密度の映像はわずか2年で作ったとは思えない仕上がりです。

声優さんは皆さすがの役者ぞろいで安定してました。
個人的には博士の声はもうちょっと穏やかな人がよかったかな。
川井さんの音楽も場面を盛り上げてました。

でも観てから半日たった今思うのは原作の凄さです。
白黒、カラー、一部CG、そして3DCGとアニメーション技術の進化と共に
歩んできたのは世界でも「009」だけでしょう。
ネットの進歩で世界が狭くなった今、
リアルでもSNSでもいろんな国の人が集うことが珍しくない。
ほぼ半世紀前に多国籍メンバーで原作を描いた石ノ森さんの先見性に改めて脱帽です。

私にとって「009」はSFの原体験であり
ジョーはずっと心の中にいる大好きな大好きなヒーローです。
幼い頃古本屋で買ってもらった初版本をむさぼり読んだあの日がなければ
パソコン通信を始めたこともこうしてブログを書いてることもなかったでしょう。
しかも大好きな作品を大好きな監督がアニメ化したものを眼にすることが出来た。
100%想像通りではなかったけれどその幸運を今噛み締めてます。

この映画は観る人の世代や原作への傾倒度により
評価はかなり分かれるでしょう。
だけど「00ナンバーが現代に蘇ったら」をきっちり描き、
現代の問題をテーマに映画としてしっかり作っている。
そこは高く評価していい。
私はもう一度観にいく予定です。
なんぜジョーがかっこよすぎて最強でしたから。

以上レビューでしたw。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

Oct 01, 2012

10月!そして、、

ピロリ菌撃退完了( ̄^ ̄)ゞ

夏前に判明した十二指腸潰瘍とピロリ菌陽性。
大量の薬を飲み(T_T)
飲みたいワインやビールも極力我慢して(/ _ ; )
やっと先月再検査にこぎつけました。
台風前に出た結果は「陰性」、つまり

除菌完了\(^o^)/

やったああああああ(涙)!!!!!

食欲の秋を目の前に
ようやくワイン生活に復帰です。
うれしー(T ^ T)。

病名告げられた時の
「えっ( ゚д゚)、、なんで;_;」
から早三ヶ月。
終わってみりゃあっという間。
早期発見早期治療だとこんなにあっさりなのねー。
「今後は食欲が戻るので体重にだけは気をつけて。定期的な検査も忘れずに。」
との先生の注意を片隅に置いて
ワイン生活に勤しみます。

皆様も?と思ったらすぐ病院ですよ!
今年も残り三ヶ月、
新年に向けて健康キープしましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2012 | Main | November 2012 »