« 10月!そして、、 | Main | Chateau Haut-Brion 1986 »

Oct 20, 2012

「009 RE:CYBORG」神山健治監督

「終らせなければ 始まらない」

公式サイトはこちら

石ノ森章太郎さんの未完の大作「サイボーグ009」、
神山監督によるアニメを10/19に先行上映で見てきました。
神山監督、ジョー役宮野さん、
フランソワーズ役斉藤さんの楽しい舞台挨拶では
キャスティングの理由などを聞きその後本編が始まりました。

感想を簡潔に言うと

「ハードでリアルな大人の009」

です。
原作ファンには「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と思う瞬間も
勿論ありました、ええw。
逆に原作知ってるだけに「かまされたorz」もありますがw。

先の展開が読めない緻密な構成と
重たいテーマを突きつけてくるあたりはやっぱり神山作品ね、です。
物語はジョーの覚醒から始まりますが、
個人と国家の間で揺れる00ナンバー(主にジェット)の苦悩、
メンバーとギルモア博士との微妙な空気が
「かつて共に戦ったはずなのに」の想いと共に物語を支配していく。
それでも最後に信じられるのは仲間、という点で
原作への回帰が見られました。
「彼」の解釈は人それぞれでしょう。

原作ファンとして見ると
メンバーの一部が母国の工作員などといった
キャラデザイン含む大胆な設定変更には正直戸惑いがありました。
ジョーとフランソワーズの関係も「大人」になってますし
原作至上派は相当な抵抗感じるんじゃないかなと。
でも「リアル」を突き詰めたらこれらの変更は許容範囲かな。
006張々湖のセリフが何よりそれを物語ってます。
「00ナンバーを現代によみがえらせたら」という点では
見事成功でしょう。
グレートのいかにも元シェイクスピア俳優な台詞回しには
相当原作を読み込んでるなと感じましたね。
とはいえ原作に囚われすぎずかといってむちゃくちゃ離れすぎず
絶妙の距離感で作ったのはとても好感が持てます。

3Dアニメーションとしては新境地を見事切り開いてる。
これが全てCGとは信じられないくらいセルライク
しかしカメラワークはやっぱりCGによるものなので
ロングでカメラが回るカットは画面に吸い込まれそう。
心配してた差異ですが適度な飛び出しで眼も疲れない。
高密度の映像はわずか2年で作ったとは思えない仕上がりです。

声優さんは皆さすがの役者ぞろいで安定してました。
個人的には博士の声はもうちょっと穏やかな人がよかったかな。
川井さんの音楽も場面を盛り上げてました。

でも観てから半日たった今思うのは原作の凄さです。
白黒、カラー、一部CG、そして3DCGとアニメーション技術の進化と共に
歩んできたのは世界でも「009」だけでしょう。
ネットの進歩で世界が狭くなった今、
リアルでもSNSでもいろんな国の人が集うことが珍しくない。
ほぼ半世紀前に多国籍メンバーで原作を描いた石ノ森さんの先見性に改めて脱帽です。

私にとって「009」はSFの原体験であり
ジョーはずっと心の中にいる大好きな大好きなヒーローです。
幼い頃古本屋で買ってもらった初版本をむさぼり読んだあの日がなければ
パソコン通信を始めたこともこうしてブログを書いてることもなかったでしょう。
しかも大好きな作品を大好きな監督がアニメ化したものを眼にすることが出来た。
100%想像通りではなかったけれどその幸運を今噛み締めてます。

この映画は観る人の世代や原作への傾倒度により
評価はかなり分かれるでしょう。
だけど「00ナンバーが現代に蘇ったら」をきっちり描き、
現代の問題をテーマに映画としてしっかり作っている。
そこは高く評価していい。
私はもう一度観にいく予定です。
なんぜジョーがかっこよすぎて最強でしたから。

以上レビューでしたw。

|

« 10月!そして、、 | Main | Chateau Haut-Brion 1986 »

Comments

私も見てきましたー。
「00ナンバーを現代に蘇らせる」という狙いについては、
ほぼ達成できていたと思います。

物語については、論理的なところがウリだった神山監督が
劇場版エデンに続いて観念論に傾いているように見えたのが
ちょっと気になるところですね。
そのへんは師匠の轍を踏まないで欲しいんですが(^^;

とはいえ、書きたいテーマにブレがないところは
いつもながら立派だと思います。

今回は原作に遠慮していたような感じもあったので、次はまた
オリジナル作品にチャレンジして欲しいなーと思ってます
終わらせたのなら、始めなくちゃってことで♪

Posted by: 青の零号 | Oct 28, 2012 at 07:34 PM

どもです^^。

私がずっと持っていた「009」のイメージとは違う作品だったけど、
神山監督らしくテーマは一貫してぶれることなく、
原作へのリスペクトが溢れていて満足です。

何よりもジョーが原作そのままに優しく穏やかな人なのが一番嬉しかった。
他のキャラクターの描写もしっかりと原作から読み取ってましたね。
唯一フランソワーズが今の女性像にあわせてあったくらいかな。

次はオリジナル作品を観たいですねー。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Oct 30, 2012 at 08:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/55930502

Listed below are links to weblogs that reference 「009 RE:CYBORG」神山健治監督:

» 10月27日全国公開『009 RE:CYBORG』感想 [Biting Angle]
神山健治監督作品『009 RE:CYBORG』公開初日に新宿バルト9で観てきました。 劇場内の様子。ロビーには009の特設売店が設置されていました。 Patisserie Swallowtailとのコラボレーション焼き菓子も販売。 デザインは009、002、003の3タイプがありますが、やはり一番...... [Read More]

Tracked on Oct 28, 2012 at 07:18 PM

» ■感想 神山健治監督『009 RE:CYBORG』(サイボーグ009) [★究極映像研究所★]
【本予告編】 『009 RE:CYBORG』 PH9 公式 - YouTubePH9 神山健治監督作品(最新作『009 RE-CYBORG』)(公式HP) ■素晴らしい3D映像のエポック 『009 RE:CYBORG』 初日舞台挨拶を名古屋109シネマズで観た。 まず、期待していた3D映像が凄い(^^)!このような刺激的な映像を観せて頂き、プロダクションI.Gと3Dを担当したスタジオ サンジゲン、サブリメイション、ラークス・エンタテインメントに最大限の感謝を捧げたい(^^;)。我々観客のために、素晴... [Read More]

Tracked on Oct 29, 2012 at 12:11 AM

« 10月!そして、、 | Main | Chateau Haut-Brion 1986 »