« 飲み切った! | Main | 「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」 »

Jul 22, 2012

「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」(東京都現代美術館)

久々のアート系エントリです。
東京都現代美術館で開かれている「特撮博物館」に行ってまいりました!

今回はBPさん「究極映像研究所」青の零号さん「Biting Angle」との
初オフでもあるため朝早くから気合を入れて会場へGO!
特撮は好きだけどかなり薄い(「ガメラ」と「ゴジラ」と「モスラ」程度)ですが
この方面に濃い~お二人と無事合流しワクワクしながら入場~。

予想通り庵野監督の特撮への愛情溢れまくりの展示でした。
「人造 原点1」「人 原点2」「力」各コーナーでは
ずらっと並んだ特撮の飛行機やヒーローのマスクに
小松崎茂さん成田亨さんの原画とか
ウルトラマンのマスクとかずらずらずらずら、、、、、。
破壊されたミニチュア模型などは制作の苦労が忍ばれました。
この取捨選択は血の涙を流しながらやったんだろうなーと
思いつつ拝見しました。
(展示詳細は青の零号さん「Biting Angle」記事参照
ヒーローたちの活躍に胸躍らせた「かつての子供たち」も
お父さんお母さんに連れられた「今の子供たち」も
眼が爛々w。無理ないですよねー。

そして映像ゾーンにはこの展示会のためだけに制作された特撮作品

特撮短編映画「巨神兵 東京に現わる」

が上映されていました。
CGを一切使用せず(一部効果部分にアニメあり)
「先達が築き上げた技術」と「新しい技術」により生まれた約9分の映像。
突然降臨する恐怖の神が東京を蹂躙していく様は
身震いするほどの迫力、日本特撮の技ここに極まれり、です。
会場の混雑具合にもよりますができれば最低2回は観て欲しいですね。

巨神兵映像の後はそのメイキングコーナー「軌跡」
絵コンテやらイラストやら楽しいw。
でも一番面白かったのは「巨神兵制作映像」。
巨神兵をどうやって動かしてるかとか特殊効果はどうやってるのかの
記録なんですが、

「あたしも仲間に入れてくれ!!」(爆)

といいたくなるおもしろさ。
いやこっちのが本映像より別の意味でオモロイw。
樋口監督以下嬉々として創造と破壊にいそしむw制作陣はすっかり

学園祭の前日状態wwwww

「壊していいのは作った人だけ」特権がうらやましかった私でした。

この後は巨神兵に別れを告げて地下へ降ります(逆走ダメ)。

「特殊美術係倉庫」
これは館内においてある特撮美術倉庫チラシを
しっかりゲットしてから観ましょう。
飛行機とか戦車とかゴジラの足とかキングギドラとかモスラの幼虫とか。

「特撮の父 円谷英二」
世界に誇る特撮の神様、その足跡を辿ります。
余談ですがこの苗字、福島県に大変多く「つむらや」と読む場合もあるんですよー。

「技」
平成ゴジラを作った小林知巳氏の弘法が再現。

「研究」
巨神兵映像に使用したきのこ雲、巨神兵本体、
壊れるビルなど展示。
で、ここでまた使用された技術解説映像ですが
最後のあるシーンに大爆笑。
私の斜め後ろで見てた男子学生らしき二人組が

「なるほど~金かかるな~だからCGになるんだな~」

としみじみとコメントw。そう特撮ってお金がかかるの。
でもなんとかこの技術を残して欲しい、と心底思ったシーンでもありました。

このコーナーでは巨神兵本体を近くでまじまじと見られます。
表には出てこない職人技を是非じっくりとご覧ください。


展示ラストを飾る庵野監督の謝辞と愛すべき特撮作品のダイジェスト映像後は

「特撮スタジオ ミニチュアステージ」ヽ(´▽`)/
あなたも特撮カメラマンになれる素敵なshine撮影OKゾーン。
交差天にたまる破壊された車とか
Kousaten120721
なんか見覚えのあるどっかの駅前とか
Station120721
昭和の香り漂う軒先とか見慣れた看板とか
Syowa120721Corner210721

むさくるしい一人暮らし部屋とか学校とか
Room_120721School120721
まあいろいろあるんですが、やはりここは

ぽっきり折れた東京タワーwww
Tokyotowew120121_3
   
やはりこれがあってこそミニチュアですよ。
でっかい蛾の繭がないのがちと不満ですが
これまでの展示に免じて許しましょうw。
展示の中には通路がありそこを歩くことが出来ます。
ちなみにHigutikantoku120721とかもw。

堪能しきった後はお土産コーナーへ。
バルタン星人と裁縫道具を並べたかわいいイラストバンダナをゲット。
巨神兵のフィギュアが欲しい方はここで忘れずゲットですよー。

トリはミュージアムショップに展示された「巨神兵の頭部」。
Ksyosinnheiup210721
プロトンビーム発射口が全開状態、
夜道では出会いたくないわw。

そしてこれから行かれる方へアドバイス
・朝一番に会場入り推奨
・一度地下展示に降りたら地上へは戻れないので
 見たい展示はしっかりと眼に焼き付けましょう。
・撮影できるのはミニチュアステージのみ 
 ミニチュアステージはとても混むので注意。

です。

コスト面や手間からCGに取って代わられた特撮ですが、
消えつつあるその火をなんとか残そうとする主催者側の
熱気をひしひしと感じられる展示会です。
この展示会が成功すれば第二第三の展示会もあるでしょう。
CGではなくミニチュアで、と考える人も増えてくるかもしれません。
先達が造り上げた特撮の精神と火を受け継ぐためにも。
ハリウッドの監督たちが驚嘆し参考にした素晴らしい日本の技術を
是非たくさんの人に観ていただきたいと思います。

庵野監督以下関係者の皆様、
すばらしい展示会をありがとうございました。
この展示会の成功を心より祈っております。

|

« 飲み切った! | Main | 「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」 »

Comments

土曜日はお疲れ様&ありがとうございました!
BPさんと二人で姐さんをほったらかして、たいへんすみません(^^;
樋口監督と同様、あそこでは少年に戻ってしまいましたw

しかし充実、かつ熱気を感じる展覧会でした。
ジブリ系の展示でも、その熱量ではNo.1じゃないかな。
ある意味ではジブリ映像の原点を振り返る内容でもあったと思います。
特撮の未来のためにも、本当に大成功して欲しいものです。

それでは、またよろしくお願いします!

Posted by: 青の零号 | Jul 22, 2012 at 08:11 PM

ども、猫又ですw。
楽しかったですねーw。

>BPさんと二人で姐さんをほったらかして、
いえいえきっとたぶんそうなるだろうとw
予測して私は一人で堪能しておりましたw。
「繭」がなかったのが不満w。

>それでは、またよろしくお願いします!
こちらこそ~
また遊びましょうね~(*^-^)

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Jul 23, 2012 at 11:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/55251632

Listed below are links to weblogs that reference 「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」(東京都現代美術館):

» 東京都現代美術館「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」 [Biting Angle]
東京都現代美術館で「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」を見てきました。 土曜日に見に行ったのですが、開館の10時直前には既に100人ほどが列を作ってました。 まあ実際には半分くらいが当日券の窓口に並んだので、開場から5〜10分後...... [Read More]

Tracked on Jul 22, 2012 at 08:01 PM

« 飲み切った! | Main | 「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」 »