« March 2012 | Main | May 2012 »

April 2012

Apr 30, 2012

AC Bourgogne2009(CLAUDE DUGAT)

1335788687901.jpg

初デュガです。
濃いールビー色にちょっと(^^;;。
でもブルゴーニュらしい動物香、
爽やかな赤いベリーにスパイスとヨーグルトっぽい。
しっかりした果実味にまだ粗くこなれてないタンニン。
酸の強さは流石にブルゴーニュですね。
クラスがクラスなんで深みはないです。
これはこれでおいしいけど。

もう一本あるのでまた時間を置いて開けてみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 20, 2012

Sakura2011

今年も飲みました。
Sakura2011

八重桜はこれからだけど
我が家の食卓にもSakuraが咲きました。

例年に比べて色は薄め酸はちょっときつめ。
梅を思わせる華やかな香りと味が口に広がりました。
頭を掠めるのは7年前収穫をお手伝いした時のブルゴーニュの青い空。
今度はいつ行けるだろうか。

来年こそは桜の花の下で飲みたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 19, 2012

つかってます

最近話題の調味料「塩麹」。
流行りもんには興味ないこと多いのですが、
小さいパックを買って試したら
なかなかいい感じに料理が仕上がります。
そんなんで今宵も塩麹料理。

1334831226037.jpg

左のうどんは置いといて、
右の炒め物は豚バラ肉を

塩麹と酒とすりおろしにんにく

の合わせ調味料に一日漬けました。
豚肉の臭みが消え焼くと香ばしい。
そして中央上の半熟卵は

塩麹に10日漬けたもの。

大丈夫?と思っちゃいますが、
このサイトによると3週間までもつとのこと。
今回は10日で食べてみましたが、
黄身までしっかり塩味が染みてました。
潰して何かを合えても良さそうです。

麹菌は腸内に良い作用をもたらすとのこと、
塩分に気をつけつつうまく活用したいですね(^-^)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 16, 2012

紅枝垂桜(真間山弘法寺)

前回のリベンジw。
Benisidaresakura_20120413

芝桜に別れを告げててくてくと真間山弘法寺へ。
4/6は夕方だったのでよく見えなかったのよね。
散り初めでもいいから
明るい陽の下で枝垂れ桜を見たかったのです。
行って正解でした^^。

Benisidare_20120413
紅枝垂桜は満開でした。
ところどころ葉も出てましたがそこはご愛嬌。
Benisidare2_20120413
ゆらゆらと揺れるたび甘い香り。
可愛らしいピンクは恋知り初めし乙女のようです。 

ちなみに伏姫桜は
Fusehimesakura_20120413
すっかり葉桜。
時の流れというのは残酷ですな(^^;。
どんなにきれいな女性も時が経てば(rya

ソメイヨシノ?はいこちらに。
Jyuujindo_20120413
小さなぼんぼりと里見龍神堂。

境内へ上がる階段のところに最後のソメイヨシノ
Mon_20120413

さよならを告げるように花は風に揺れて。
来年もまた会おうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 15, 2012

芝桜(郭沫若記念公園)

競演だよヽ(´▽`)/
Nanohanashibasakuraki_20120413_2

「芝桜は見たい、でも秩父は遠いからいや。」
と検索したらヒットしたのが枝垂れ桜と同じ市川市w。
林檎電話を片手に交通機関を乗り継いで(分かりにくいけど)、
最後のバス停からてくてくと歩いてたどり着きました。

Kinenkan_20120413
郭沫若(かく まつじゃく)記念公園、です。
文学者であり政治家だった郭氏は
日本と中国の架け橋として活躍されました。
その彼の邸宅を移築し公園とした場所です。
住宅街の一角で分かりにくく小さなところですが
芝桜が艶やかに春を謳歌していました。

Jyumokushibasakura_20120413Kinenkan2_20120413Nanohanasiba_20120413Sansyokushiba_20120413Kinenkan3_20120413Suiren_20120413

見上げる桜も素敵だけど
足元に咲く桜の鮮やかな色に気分もウキウキします。

住宅街の艶やかな花たち、しばらく見ごろは続きそうです。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 11, 2012

住宅街の片隅で- 2012 桜 -

今年も咲き納め。
Bonborisakura_20120410Shinsuisakura_20120410

「花散らしの雨が来る」
お天気キャスターの言葉に後押しされるように
カメラを持って出たのは4/10の朝。
バスを降りた人気のない水辺にも
ゆらゆらとピンクの花が揺れていました。

Shinsui_20120410Shinsuisakura2_20120410Sakura2_20120410Kamo_20120410
花散らしの風に花びらが水に遊ぶ鴨に舞い降りる。

Bonborisakura2_20120410Shinsuisakura3_20120410Someiyoshino_20120410Sakura_20120410

途中の広場には枝垂れ桜とソメイヨシノの競い咲き。

Shidaresakura_20120410_2Someishidare_20120410Shidaresakura3_20120410

名所でもそうでなくても桜の美しさに変わりなし。

Shinsuisakura4_20120410Shidaresakura2_20120410

「花の命は短くて」

儚いからこそ記憶に残り続ける。

Someiyoshino2_20120410

来年、また逢おうね。
そのときまでさようなら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 10, 2012

江戸の春(向島百花園)

Skytreemain_20120409

4/9、海の次に江戸情緒に浸ろうとやってきたのは向島百花園。
園内からは開業間近のスカイツリーが見えます。
訪れたのはほぼ2年ぶり、前回は紫陽花の季節でした。

Hasu_20120409Hyakkaen_20120409
園内にはちらほらとかわいいものが。
鉢を泳ぐ金魚も春の日差しに楽しそう。

Ike_20120409Sakura4_20120409Sakura3_20120409Sakura5_20120409Resthouse_20120409Sakura_20120409


園内にはあちこちに桜、そよそよと揺れて。
本数は多くはないけれど庭園に華を添えています。

Matu_20120409Sakura2_20120409
どっかで見たようなポーズの松と桜。
なんかおかしくって撮ってしまいました。

最後にもう一度スカイツリー。
Sakuratree_20120409

春霞 空にとけゆく タワーかな(shamon)

開業まであと1ヶ月と少しです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 09, 2012

桜 菜の花 観覧車(葛西臨海公園)

桜ひらひら春日和。
Sakurakanransya_20120408_2

4/8、一気に咲いたソメイヨシノを追って
葛西臨海公園へ行きました。

Sakuranamiki1_20120408Sakuranamiki2_20120408
園内の桜並木の下には花見客がいっぱい。
風が吹くたびピンクのシャワーです。
見上げれば心も弾みます。

観覧車の足元やイベント広場には
Nanohana_20120408
もう一つの主役、菜の花畑。
陽に輝く黄色は見てるだけで楽しい。

昨年のあの日以来、
余震は絶えることなく原発事故も終息が見えない。
そんな中桜を見られる幸運を噛み締めました。

ようやくやってきた春が
何事もなく次の季節をつれてきますように。
そして来年へ繋がりますようにと
祈りながらこの場所を後にしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 07, 2012

伏姫桜(真間山弘法寺)

春の使者はやはり桜。

Fusehimesakura2_20120407

一気に満開になった首都圏の桜。
名所はどこもかしこも人でごった返しているだろうと
穴場を探してたどり着いたのは真間山弘法寺でした。
ヤボ用片付けた後で夕方になったけど
樹齢400年の「伏姫桜」はつつましく風に揺れながら
私を迎えてくれました。

一度は落雷に遭いかなりの痛手を負ったそうですが、
樹医さんやボランティアの方々の尽力で美しい花を
つけています。
ほとんど日が落ちかけてたので写真はイマイチですが
素晴らしいしだれ桜です。

↓は左から 伏姫桜、ソメイヨシノ、紅枝垂桜

Fuseyoshinobenisidare_20120407

紅枝垂桜は近くで見ると(ピンボケ御容赦^^;)
Benisidaresakura_20120407
愛らしく咲きそろっていました。
青空の下で見たらもっときれいだったろうな。

と短い訪問の後最後にパチリ↓

Fusehimesakura_20120407

来週だと散ってしまうから今年はこれで見納め。

来年は青空の下で見られますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2012 | Main | May 2012 »