« November 2011 | Main | January 2012 »

December 2011

Dec 31, 2011

大晦日

皆様こんばんは。
お忙しい中当ブログにお越しいただきありがとうございます。
今日で2011年も終わりとなりました。

2011年はようやく落ち着いた新居での生活から幕を開けました。
引越しと冠婚葬祭疲れも取れそろそろ社会復帰に向けて、、との
矢先の3月11日

東日本大震災

が日本を襲いました。

リビングのソファでうつらうつらしていた時に襲った激しい揺れの恐怖は
今も忘れることは出来ません。
目の前で飛び出すオーディオボードの引き出し、
すさまじい音を立てて倒れる食器の音におびえ、
何も出来ず床に座り込みただただ恐怖と揺れに耐えた十数分間。
テレビを地上波に切り替えればM9.0の文字、体中が震えた。
相方や実家と連絡を取り無事を確認したものの、
彼が都心から徒歩で帰宅するまでの数時間は余震のたびに震えていました。
震災後しばらく道路は大渋滞、スーパーはパニックで商品棚は空。
原発の事故、続く余震、不吉な空の色、数日間は何もかもが怖かった。
そして今も原発事故の恐怖は続いてる。
家も家族も無事だったのは幸運に過ぎないことを今も噛み締めてます。

夏までの数ヶ月間は溢れ交錯する放射能情報に振り回され、
迎えた夏は猛暑。
熱中症に倒れた後は天候不良で台風が日本を直撃。
気候が落ち着いてきたと思ったら
10月下旬に何所が悪いというわけでないけどまた倒れてしまい
寝たり起きたりの日々が続いています。
日本も世界も激動だった2011年、一生忘れることは出来ないでしょう。

やってくる2012年は辰年。
被災地の瓦礫は山積み、原発事故の終息はまだまだで
復興はまだまだ遠いけれど
一人一人が竜のように上を見て少しずつ昇るしかないのかなと感じています。

今一度 生きる 地震の罅(ひび)の身で (川柳作家 時実新子さんの句)

来年も命があることを感謝して毎日毎日を大切に生きていきたい。
辛いことも喜びも生きていればこそ、だから。
滞りだったブログの更新もがんばります(^^;。

今年もお世話になりました。
よいお年をお迎えください。
新年も「ひねもすのたりの日々」を何卒よろしくお願いしますm(_ _)m。

shamon 拝

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Dec 30, 2011

今年のお勉強ワインたち

今年月一のワインスクールで飲んだお勉強ワインたち(2月分以降)。
なかなか更新できなかったのでまとめて写真だけでもアップ。

Winefeb_2011_3Pinonoirmarch2011

左:2月のイタリアワイン。 右:3月の世界のピノノワール
イタリアはやっぱり苦手でしっくりこない^^;

Vblancapril2011Spainmay2011

左:4月のヴィオニエなど白品種 右:5月のスペイン
ヴィオニエはいいのはたかくてなかなか。スペインの赤はこれから色々飲みたい。

Southafrikajune2011Alsacejuly2011

左:6月の南アフリカ 右:7月のアルザス。
南アのクリーンでありながらオールドワールドの香りのするワインは面白かった。
アルザスは一時期とてもよく飲んでたけどここ数年ご無沙汰、これから飲みたい。

Chardonnayaugust2011Chamlissemp2011

左:8月の世界のシャルドネ 右:9月のシャブリ
やっぱりフランスワインが好きと再確認。シャブリはいいのはやっぱり旨いです、はい。

Rangdococt2011

10月のラングドック。んー自腹を切って買うには厳しいワイン多し。

Gibiewinenov2011Gibienov2011

11月のジビエとのマリアージュはよかった^^。
ジビエは上から時計回りにほろほろ鳥(真ん中はフォアグラ)、雉、鴨、鹿。
高いジビエには高いワインが合うけどいろんな抜け道をお勉強でした。

Chiledec2011

12月はチリ。一時期はやったチリカベとはかなり変わっていて進歩目覚しい。


おまけでChambollempsentier2011sep_2 も^^。
さすがのグロフィエ、極上の美味しさでした。

並べてみるといろんなワインを飲んだものです。
来年もいろんなワインとの出会いが楽しみです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 24, 2011

クリスマスイブ

静かにゆるゆるとクリスマスイブ。

1324731246811.jpg

1324731263647.jpg


体調不良でたいした料理は作れないけど、
今年も二人で無事迎えることができました。
ありがたいことです。

来年も二人で迎えられますように。

皆様もよいクリスマスをお過ごしください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 23, 2011

寒波襲来

古傷が痛んで寝てたら三連休。
それとともに寒波も襲来。

1324600566956.jpg

見てるだけで寒い空ヽ(;▽;)ノ。
いよいよ真冬ですよ寒いですよ
寒いのと乾燥が嫌いな私は泣きそうですよ。

異常気象でいきなり気温が下がるのには参るなぁ。
体ついてかない(´Д` )。

皆様あったかくしてお過ごしくださいね。
良い三連休を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 17, 2011

「借りぐらしのアリエッティ」

昨夜金曜ロードショーで観ました。
で、感想。

「最高の材料で作った美味しくない料理」

…………我ながら身も蓋もないな^^;。

背景&作画は文句なし。
音楽だって綺麗です。
でも

「一体何がやりたかったの?」

なんですわ。
「疑問と回答の連鎖」のない話は
だらだらと続くだけ。
小人の「借り」生活にここまで時間裂く必要あるの?シーンの連続に早々にげんなり。
絵コンテの段階で気づかなかったのか?
病弱な少年と小人族の少女のふれあいメインのはずなのに、
ろくに言葉を交わさないまま「接触」だけして「はい、さようなら。」
観客完璧置いてけぼり。
あの「ゲド戦記」と同じですよ
脚本も「ゲド戦記」の人で編集者時代の鈴木Pの元部下。
「ゲド」の出来は素人監督が脚本いじり倒してダメにしたと思ったけどどうやら元々駄目だったっぽいですな。
音楽もきれいだけどメリハリの効いてない使い方で
良さが生きてない。

で、冒頭の感想になるわけです。
一流店だから揃ってる材料はいいけど、
作る側の肝心の腕が追いついてない。
パーツかき集めても映画にはならない見本ですね。

「ゲド戦記」で大失敗して
「ポニョ」でなんとか体裁整えたけど
ジブリって素人と年寄りだけ?なイメージ払拭すべく

「とりあえず若手に作らせました。」

と新生ジブリと話題を作り盛り上げて採算は取れた。
商売だからいいけどさ。
でもさ、するべきことは話題作り以前の「作品作り」じゃないの?
そしてそれができる「人材育成」じゃないの?

ジブリの迷走ぶりはもうわかりきってるけど
作品でこうも見せつけられるのはやはり辛い。
そう思わせた作品でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 16, 2011

紅葉納め(六義園)

今週先週とバタバタ&疲労&風邪による体調低空飛行にて
更新滞りすみません。
体調も上向いてきたので気分転換と運動をかねて
六義園へ行ってきました。

Rikugitakiminochaya

しだれ桜が有名な庭園ですが、紅葉も有名です。
ピークを過ぎつつあるものの正門を入ってすぐの滝見茶屋では
艶やかに赤く色づいていました。

Rikugitaki_20111216
滝の手前には黄金の一房。
日光を受けて煌きます。

滝を過ぎて人気のいない静かな道を歩くとその先には
もみじ茶屋。周囲は極彩色。

Rikugimomijityaya2_20111216_3
Rikugichayamawari_20111216_2Rikugimomijityaya_20111216

本来なら屋内に入れますが311地震で傾いてしまい
立ち入り禁止となっています。
春の桜までには修復して欲しいものです。

上記以外にも庭内のあちこちにぽつぽつと紅葉。


Rikugired_20111216

Rikugiyellow_20111216

池のほとりにはススキがそよそよ。
Rikugisusuki_20111216

「私を忘れないで」と風に揺れてます。
艶やかさでは負けても秋冬の主役の一人だもんね。

木漏れ日の中を歩いて出口へ向かいました。

紅葉もススキもまた来年までさようなら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 05, 2011

紅葉狩り(小石川後楽園)

青空に 赤黄橙 燃ゆる冬(shamon)

Koisihigawa01_20111204_3

数年ぶりに紅葉狩り、
丁度見ごろという小石川後楽園へ行ってきました。
園内は錦の庭目当ての人たちがカメラ片手にぞろぞろと、
その一人になって私も堪能して来ました。
しかし12月で冬なのに紅葉ってやっぱり温暖化なのね。

Koisihigawa06_20111204Koisihigawa04_20111204Koisihigawa02_20111204Koisihigawa09_20111204

雲ひとつない空に真っ赤な紅葉があちこちで誇らしげに美を競っていました。

Koisihigawa13_20111204_5

静かな水面に映る紅葉と鴨の影、
しんとした空気に冬の気配が忍び寄ります。

そして少し傾きかけたお日様が色づいた葉に光のシャワー。

Koisihigawa05_20111204Koisihigawa03_20111204Koisihigawa12_20111204Koisihigawa07_20111204Koisihigawa15_20111204Koisihigawa14_20111204

日本は今年天災が多すぎて自然を愛でることなど二の次でしたが、
四季の移ろいはやはりいいものだとしみじみ思いました。
今だ遅々として進まぬ被災地の復興と原発事故収束ですが、
少しでも前進することを祈ります。

来年もまたこの紅葉が見られますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 04, 2011

LA TACHE 2008

今年もお越しです。

1322963657729.jpg

年に一度の贅沢、
名家の次男坊様が先ほどお着きになりました。
早速セラーへご案内〜。

今年は入手難だったそうで、
馴染みのお店には並々ならぬ苦労をおかけしました。
大事に保管して飲み頃を待とうと思います。
綺麗に熟成するといいな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 03, 2011

「ルパン三世血の刻印〜永遠のマーメイド」

40年記念作&キャスト変更で昨日夜放送されました。
とりあえず見てみるか、で流し見。
最初は変更されたキャストばかり気になってました。

しかーし
中盤からの伏線回収に従い

「むむ(・_・?」

「ふはは(⌒-⌒; )」

「オイオイオイ(^◇^;)」

「ちょwwwwww」

「そういうことだったのねー(爆)」

と見終わりました。
いやなかなか楽しかった。
綺麗にまとめてて満足です。

端的に言えば

「世界名作ラピュタカリ城ルパン劇場」wwwww

宮崎ルパン&ジブリへのオマージュともパロディともつかないネタのオンパレード、

「確信犯で作ったお祭番組」

に脱帽。
視聴者の反応をわかりつつネタを仕込んだのありあり。
こりゃスタッフ楽しかったろうなーwww。

作画面では最初。
「この絵柄はどこかで見たことあるなー。世界名作劇場で。」
そのはずでした。
総作画監督が「ロミオの青い空」の佐藤好春さん
ゲストキャラのデザインもこの人っぽい。
しかしルパンを始めとするメインキャラは昔の絵柄だったのよね。
するとエンドロールに

友永和秀さん

やられたw。
ニヤリとした作ヲタ多いはずw
次回もぜひこの方をメインに据えて欲しいわ。
でも友永キャラと名作劇場キャラが同じフレームに入るのは絵的にはきついかなぁ。

あと作画的にもうちょい遊んで欲しかった。
でも舞台が密室空間なので今回難しかったんだろうけど次は作画で弾けて欲しいですね。

キャストですが、

不二子→沢城みゆきさん
五右衛門→浪川大輔さん
銭形→山寺宏一さん

と今回変更になりました。
結論から書くと全員クリア、
実力派を並べた甲斐がありましたね。

沢城さん、山寺さんは相当研究したな、という感じ。
沢城さんの不二子の第一声なんか
「おっとーーっ!( ̄▽ ̄)」な仕上がり。
まだご本人が若いので声にふくよかさと艶っぽさが足らないけど、
演技でカバーしてばっちり。
山寺さんは、、最初「老けたトグサ」みたいで
ちと苦しいかなーなでしたが、
後半は違和感も緩和、物にしつつある感じでした。
納谷さんの後任じゃさしもの山ちゃんも
プレッシャー凄かったろうな^^;。
浪川五右衛門はもともとセリフ少ないキャラなだけに相当苦しかったのでは、、と推察。
短いセリフで五右衛門らしさを出そうとされてました。
でもお三方とも上々の仕上がりでした。

ルパンが40周年、には正直驚きですが、
新キャストを迎えての新しい歴史がこれから始まります。
作画面でも宮崎大塚コンビを超えてほしい。
スタッフの皆様、頑張って下さい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 02, 2011

暖パン(ユニクロ)

今朝の東京の気温は4度ちょいヽ(;▽;)ノ。
京阪神育ちには発狂しそうな寒さです。
こりゃ着るものをなんとかせにゃ!と
凍りつくような空気の中
勇気を奮い起こして ← 大袈裟^^;
数駅先のユニクロへ出撃。
↓を買ってまいりました。

1322805686539.jpg

表がポリエステル、
裏がポリエステルフリース生地、

「暖パン」

です。お値段1990円。
カーゴタイプの黒のMサイズを買いました。

股上はやや浅めで裾がしぼれるようになってます。
二重になってるので風を通さず保温性が高い。
ウエストはゴムで楽チンかつ紐で調整可能。
体を締め付けないのでとっても楽。

難点は
表地がポリエステルなので動くたびにシャリシャリ衣擦れがする。
自分の体温でやや蒸れますが
素材的にしゃーないですね^^;。
ウエストがゴムなので食べすぎて体重増加に要注意^^;。
素材がスポーツ用品っぽいので
家の中〜近所のスーパーぐらいには
履いていけそう
で、ぱっと思いつくのは

犬の散歩
冬の野外でのスポーツ観戦
雪かき、庭の手入れなど家の外回りの作業

など。
朝早く起きて家事に勤しむ主婦&主夫の方々にも
オススメです。
1秒でも惜しい朝、
パジャマ脱いですぐこれを履けば下半身ポカポカ。
そのままゴミ出しや犬の散歩が出来ます。

ちなみにポスターのモデルさんは
裾を絞ってレッグウォーマーにごついブーツの着こなしです。
スタイル良くないとできないわorz。
トップスに何を持ってくるか靴をどうするか、
かっこ良く着こなすには各自の工夫次第ですね。

手頃な値段でオンラインストアでも買えますが、
可能ならば試着してシルエットを確認した方が良いです。
試着の際は他のボトムと同じように
立ったり座ったりして苦しくないか確かめること。
何せ伸縮がない生地なので。

私はしばらく履いてみて具合がよければ
色違いを買い足そうかな、と思います。
何枚も買う必要はないけど、
厳寒が予想されるこの冬には役に立ちそうなボトムです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 01, 2011

師走!

でもって、

厳寒ヽ(;▽;)ノ

気温一桁って何?
前日があったかかっただけに
寒さが身に染みまくって死にそうヽ(;▽;)ノ。
なんですかこの急降下〜。
頭の中で考えつく限りの鍋物レシピを並べてますよ、ええ。

311地震は厳寒のあとだっただけに
ちょっと嫌だなぁ。
もう地震はいりません。

泣いても笑ってもあと一月。
家の中をぼちぼちと片付けつつ
今年できなかったことできたことなど
思い返しますか。
何事もない日常ほど幸せでありがたいものはない
それを思い知らされた今年だから。
先ずは今宵楽しい晩餐を。

皆様も事故や病気などないようお過ごし下さい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »