« 『009 RE:CYBORG』PV 感想 | Main | 秋の甲州路(甲州市フルーツマラソン&シャトーメルシャン) »

Oct 06, 2011

CEATEC JAPAN 2011

公式サイトはこちら
昨年に引き続き行ってきました。

木曜日ということもあり会場は適度な人の流れ、
昨年よりは快適に観ることが出来ました。
例によって体調が不安定なため休み休みで数はこなせてません(^^;。
3D中心に見てきました。

NICT(情報通信研究機構)
「200インチの自然な裸眼立体表示技術」なるものを見てきました。
静止画と少し動画と。立体差が激しくなく自然な3D。これから期待したい。

NTTドコモ
いろいろと端末並んでましたが、私の眼を釘付けにしたのは
「食品画像解析技術」
食べる料理の写真を撮って送信するだけでカロリーが分かる。
もちろんまだまだ商品化されないけれどこれはありがたい。
外食産業のメニュー中心に1000種類はいってるとか。

東芝
昨年のリベンジw。
「グラスレス3Dレグザ」と「4倍画素QFHDグラスレス3D」を見てきました。
全社は「トランスフォーマー最新作」「福山雅治コンサート」とか自然のドキュメンタリを
流してました。
画像がとっても奇麗だけど見る位置にやはり注意は必要。
でもやっぱり裸眼って楽ですわ。福山さんに見とれてしまったw。

シャープ
NHKスーパーハイビジョン対応テレビってここの「8K4K」だったのね^^;。
ブースは大人気でしばらく待ち行列。しかし

見せてもらった画像は技研公開のとほぼ同じ。

社員さんに「これって技研公開の映像ですよね?」と聴いたら
ぎくっとした顔された(^^;。
あ、もちろん「ええ、そうです」と返って来ましたが。
映像は技研で観るフルサイズにはそりゃ及びませんが
家で観るには申し分なし。早く商品化して欲しいものです。

パナソニック
ビエラシアターで神山0093DPV見てきました。
空中へダイブするシーンの浮遊感とか
ブリテンが変装をといて壁から姿を現すシーンは3Dのがいいかな。
背景の奥行き感、特に冒頭の上海とかジェットがいるNYのシーンとかがとてもいい。
でも張々湖やハインリヒの動きが早いシーンはぶれますね。
これは今のところの技術の限界かな?
眼が疲れる。あと音響が他の映像と比べて音がこもってたのは残念。

ツイッターで相互フォローさせていただいてる @59224さんが
遠くから来場され近くにいらしたのでおちあってフードコートの椅子で少しお話など。
いやツイッターやってると新しい出会いがあって楽しいなぁ^^。
ありがとうございました~ > @59224さん

全体的な印象としては「スマホ」「エコ」ですね。
震災もありましたし。
来年又新しい技術に会えますよう。

開催は10/8(土)まで。
人気の展示は長蛇の列、早い時間に行くことをオススメします。

|

« 『009 RE:CYBORG』PV 感想 | Main | 秋の甲州路(甲州市フルーツマラソン&シャトーメルシャン) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CEATEC JAPAN 2011:

« 『009 RE:CYBORG』PV 感想 | Main | 秋の甲州路(甲州市フルーツマラソン&シャトーメルシャン) »