« 神山監督新作は「009 RE:CYBORG」 | Main | CEATEC JAPAN 2011 »

Oct 05, 2011

『009 RE:CYBORG』PV 感想

昨日制作発表された『009 RE:CYBORG』、
PVは期間限定配信なのでPV内容備忘録兼分析(もどき)っす。
この色文字は私の感想もとい突っ込みです。

1.オープニング~TV画面内は上海?
2.カメラ引いてがらんとした何もないヒルズ居室内の009ジョーの独白へ。
「初めに声ありき、言葉は彼なりき、人は皆彼の言葉に付き従い、これを杯せん。
されど地に住むものども、虚栄と傲慢、奸智と壟断により
あまたの塔の頂を天へと達することを試み、地上の富を積む」
#文字書き出しは究極映像研究所所長ツイートより引用

んー人間が傲慢になって云々のくだりは「天使編」思わせますね。
でかいテレビ、、、「ヨミ編」でのハリケーンジョーの時みたい。
天井からぶら下がってはいないけどw。

3.会場を飛ぶ飛行機~モニター前に座り愛マスクをつけ何かを探している003フランソワーズ。
原作設定はバレリーナ、原作よりもすっごいナイスバディ(^^;。
飛行機は原作で言うドルフィン号?

4.ビル屋内階段?にて005ジェロニモ、
ぐっと力を込めると顔と身体のペインティングが浮き上がる。
ネイティブアメリカンの005、キャラクターの変更は世界市場意識して、かな。
岩みたいな顔になってますが、怖いんですが(^^;。

5.階段を上るジョー。
ジョーが着てるのは良く観るとダッフルコート。
芦田キャラデザインのアニメは服装もおしゃれでしたが
プライベートではとてもおしゃれな神山監督、芦田さんへの対抗心?

6.飛行機内コンソール?に映る日本地図、あちこちにサーチが延びる
もろ攻殻ですな(^^;。

7.アイマスクを外し雲間から出る飛行機よりダイブするフランソワーズ
もう何も言いません、素子飛びwww.

8.ビルの壁面から姿を現す007ブリテン。にやっと笑って背後から追っ手を倒す。
原作ではひょうきんですが、渋い英国紳士になってますよw。

9.コンテナ(たぶん港)でバトル中の006張々湖
変わりように一番びっくりした(^^;。アジアの怪人風ですね。

10.高速を失踪する004ハインリヒ。追手の車に右手のマシンガン炸裂。
渋い!渋いよハインリヒ!!原作は目玉なしでこっちは目玉有り。白いけどw。

=============================(2011/10/6追記)========================
ハインリヒが乗ってる車のナンバーが気になったのでキャプチャしてみました。
004car_2
「13 IS 0125」
13は2013年? ISは石ノ森章太郎さんの頭文字? 
0125はあの番号の並び替え? うーむ。
=============================(追記ここまで)========================

11.ギルモア研究所内?で空中に浮く001イワン、
 ジョーを何処かへ超能力でテレポートさせる。
ゆりかご卒業ですか、イワン君。ややスリムになった気がするんですが。
原作「ヨミ編」読むたびいつも思うんだが、あんたがあの時魔人像に突入してたら(略)。

12.ヒルズ屋上。うずくまったジョー(11の続き?)に襲い掛かるジェロニモ。
 加速装置を使って攻撃を逃れるジョー
なるほど、こういう表現ですか。
ジョーの加速装置は作品の華なのでド迫力の表現を期待します!

13.ヒルズ上空へダイブするフランソワーズ。
14.空中へ突き出したブリッジの上を失踪しダイブするジョー
この2シーンは昨年シーテックで披露された押井版とダブりますね。

15.遺跡らしい地価の階段を駆け上がり外に出る008ピュンマ
独立戦争は終って密猟監視官のお仕事中?
それにしても髭生やして随分な男前やないですか!

16.NYタイムズスクエア近く、店から出てきた002ジェットが走りながら舞い上がる。
これも押井版でありましたねー。NY、といえば「時空間漂流民編」か。
鼻が低くなり短くておとなしい髪型キャラに、でもけっこう男前かな?


17.カメラ回り込みでヒルズ屋上ジョーとフランソワーズ
原作のジョーはフランソワーズの肩を抱くようなことはあまりなかった気がするが^^;。

18.ジョーのアップからカメラ引いてフルメンバーロングショットへ。
うーんやっぱり9人揃うとわくわくしますね^^。でも博士は何所?(爆)。

19.タイトル 「009 RE:CYBORG」

以上、各シーン及び突っ込み。

正直なところ初見はキャラの違いなどかなり面食らいましたが、
二度三度見ると慣れてきました。
3Dの大画面で彼らがどんな活躍をするのか楽しみです。

ジョーとフランソワーズの関係。
ギルモア博士は何所にいるのか。
冒頭のジョーのセリフの意味、
彼らが闘う敵は一体誰なのか。

仲間同士で闘うのは「神々との闘い編」に登場しますが、
これは何者かに操られてのこと。
ジェロニモは何故ジョーを襲った?気になりますねー。
それぞれが続々と襲われる、のは原作でもあるシーン。
点が線になる展開になりそう。

今回のアニメ化についてはネットを観ると賛否両論渦巻いてる雰囲気。
根強い原作ファン、過去のアニメファンはIG色に拒否反応を示すかもしれない。
声優もまだ発表されていないし。
でも神山監督は「攻殻」も「精霊シリーズ」も原作をしっかり読み込まれたと聴きます。
当然「009」でもその姿勢は変わってないでしょう。
原作を読みぬいた上で冷戦時代に描かれたこの作品をどう現代にどう蘇らすか、
やってのける自信と覚悟の上でこのお話を受けたと思います。

公開は来年秋。
新しい「009」の世界を、新しいフル3Dアニメの世界を切り開くことが出来るか。
神山ファンの1人としてその手腕に期待し信じて公開を待っています。頑張って下さい!

|

« 神山監督新作は「009 RE:CYBORG」 | Main | CEATEC JAPAN 2011 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/52916825

Listed below are links to weblogs that reference 『009 RE:CYBORG』PV 感想:

« 神山監督新作は「009 RE:CYBORG」 | Main | CEATEC JAPAN 2011 »