« July 2011 | Main | September 2011 »

August 2011

Aug 28, 2011

MONTAGNY le Clou 2008

激しい気温上下と帰省疲れで死んでました。
復活してやっとワイン。


1314528636180.jpg

あまりみかけないモンタニーの2008年。
カリン香やパイナップル、少し白胡椒?
しっかりしたボディと酸にたっぷりミネラルが清冽。
うまいっすー。
夏は泡だのソーヴィニヨンブランにいきがちだけどこういうシャルドネなら歓迎。
シャブリほど高くなく美味しいです。

あと二本あるんでもうちょいたってからまた試します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 18, 2011

今 敏回顧展 「千年の土産」

公式サイトの紹介ページはこちら

ツイッターを駆け巡った突然の訃報から1年、
今敏(こん・さとし)監督の回顧展へ行ってきました。

日本では今ひとつ知名度がありませんが、
特異な作風は海外では高く評価され
これから、という時に病魔に倒れられました。享年46歳。
最後のエッセイにはただただ涙(ρ_;)。
その足跡を辿る展覧会です。
汗まみれでたどり着いた画廊は次から次へと訪れるファンで一杯でした。

狭い画廊内には「東京ゴッドファーザーズ」「パーフェクトブルー」
「千年女優」
「パプリカ」「妄想代理人」といったアニメの代表作から
「セラフィム」に「OPUS」のマンガ作品に学生時代の習作にプライベートイラスト。
遠くてご覧になれない方はこちらへ。

重厚感のあるカラーイラスト、
筆致が美しいマンガ原稿や線画はほとんど修正のホワイトがなく
その実力を知らしめてくれます。
リアルな人物描写は大友克洋を思わせつつ
予定されていた新作「夢見る機械」のカラーイラストは手塚治虫的、
プライベートイラストの女性は近代絵画、
これほど幅広いタッチの持ち主はそういるものではないでしょう。
張り付くようにして一枚一枚見ていくとその精緻なタッチがよくわかります。
画廊の一室には愛用のペンやマッドハウスの社員証もあり、
ウサギのイラストに挟まれたポートレートに挟まれたお写真も、
横の壁にはたくさんのファンからの言葉が書き込まれていました。
私は決して熱心なファンじゃなかったけど、
これから、と期待していただけに早すぎた死が悔やまれてなりません。
遺作「夢見る機械」は資金難で暗礁に乗り上げてるとのこと、
大盛況のこの顧展が突破口となればよいのですが、、、。

開催は24日まで。
短い生涯を駆け抜けた奇才の作品をどうぞお見逃しなく。
最後に
今監督のご冥福と「夢見る機械」の完成を心から祈っております。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Aug 16, 2011

「羽海野チカ原画展」

「ハチミツとクローバー」「三月のライオン」で知られる漫画家羽海野チカさんの原画展を観てきました。
実は「ハチクロ」を読んでからと思ってたのですが、
間に合いそうにないので^^;先に見ることに。
何年ぶり?かの記憶を辿って池袋西武へ。

会場はファンの熱気で一杯。
入口には発行された単行本や親交のある方々からの開催祝い色紙が並んでました。
羽海野さんがキャラクターデザインを手がけた「東のエデン」の神山監督の色紙には滝沢と咲!
エデンファンには嬉しい。
#ちなみに神山監督も同じ時間に来られてた様子w。

さて原画ですが「ハチクロ」が圧倒的に多く、
にじみを最大に生かした水彩画や鮮やかなポスターカラーの扉絵たち、どちらも魅力的な色彩で作品世界を彩ってます。
「ライオン」はハードな将棋の世界なので落ち着いた絵が多いけれど、両作品ともに黒の使い方が絶妙なのは共通してました。
「ハチクロ」未発表の原稿前には人だかり、今も変わらぬ人気を物語ってます。
「エデン」はメインビジュアルを含め数点、嬉しい再会です。

原画以外にも作品制作に使用された写真や愛猫ブンちゃんの写真が壁面一杯に。
ブンちゃんは闘病中とのこと早く元気になって欲しいです。
制作の手順、メモやネームなども展示され漫画家志望の人にはとても役に立つでしょう。

開催は18日まで。

「ハチクロ」「ライオン」好きな方は必見の展示会です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 12, 2011

「中国嫁日記」

「なんとなく」から「幸せ」はやってくる。

ネットで大人気の「中国嫁日記」
書籍化されました。
40代ヲタ男性の井上さん、
20代中国人女性の月(ゆえ)さんの
微笑ましくも爆笑な結婚生活の日記漫画。
お二人の馴れ初めを描いた描き下ろし50p付きです。

中年日本男性と若い中国人女性の夫婦
何かとトラブルがあるイメージですが、
普通に出会って愛を育んでるご夫婦も多くいるはず。
このお二人もその1つの例でしょう。
井上さんには砂粒ほども考えられなかった結婚。
「(お見合いについては)やったことないから一回くらい」だった月さん。
お二人が出会いの席にたどり着くまでの偶然の数々は
噴いてしまうほど絶妙でまさに「縁」を感じました。

冒頭の「なんとなく」は初デートでの月さんの言葉。
そして井上さんもそう思ったと。
結婚は長い長い時間を共に過ごすこと、
何気ない日常を一緒に過ごせる人こそが
人生のパートナーになりうる。
条件とかそんなんじゃないんだよ。
「なんとなく一緒にいたい。」
その心の声を信じて掴んだ幸せ、
描き下ろし最終ページにはうるっときました。

本の最初には井上さんから
あとがきには月さんから
読者へのメッセージが綴られています。

結婚してる人にも独身の人にも
出会いと縁の不思議さを
支え合い努力し合い学び合う喜びを教えてくれる
素敵な一冊でした。

末長くお幸せに!> 井上さん&月さん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 10, 2011

酷暑復活

先週から暑くて暑くて
頭焦げて脳が溶けそうです、、。
今日なんてこんな空。

1312973105636.jpg
勘弁してorz。

先週の金曜日は熱中症であわや救急車、
頭ガンガン足もつれてフラフラ、
Twitterでのフォロワー様のアドバイスで
ことなきをえましたがもうげんなり。
雨雲が欲しいヽ(;▽;)ノ。

皆様、体調にお気をつけくださいまし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 04, 2011

DVD「南極料理人」

おいしいご飯はどこにいてもいつだって大切なのさ。

南極ドームふじ基地の料理人を務めた原作を映画化、
男8人が織り成す爆笑又爆笑のおいしい映画でした♪

相方と一緒に見ていたのですが、
朝の起床からラジオ体操w、皆で協力し合って行う業務、
マージャン大会に真夜中の禁断の夜食、お誕生日会などなど
個性豊かな隊員たちが次から次へとあれこれとやらかしてくれて
10分に一度くらい噴いてました。
料理人の主人公は日々工夫を凝らし飽きないよう料理を作るんですが、
隊員のリクエストで作った巨大な○○○○フライ(爆)、
勝手に食い尽くしてつくってくれと泣きつかれ手打ちするラーメン、
「ワルキューレの騎行」をBGMにおにぎり用意のアナウンスに
雪原を這うように我先に戻る隊員たちの姿にはおなかがよじれた。
人間食いものには弱い(爆)。

で出てくる料理があれもこれもおいしそうなわけです。
皆が引っつかんだ○○の頭はまー飾りとしても
「いくらおにぎり」とかごっつぅおいしそうで自分でも作ろうかと思ったくらい。
でも食べるのとドタバタばかりでなく
それぞれが離れた恋人や家族との微妙な電話のシーンには
ほろりとする涙の塩味も効いておりますw。

でもこれって全員男だから笑える映画になるんだろうな、って思います。
単純でアホで周りが見えないまま突っ走るから可笑しくって絵になる。
「場所が南極なだけでほとんど合宿のノリやん。」
という相方のセリフがこの映画の本質を突いておりますwww。

猛暑台風戻り梅雨とわかんない天気のこの夏、
雪原と密室で繰り広げられるドタバタ劇を涼しい部屋で是非ご堪能ください(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 03, 2011

DVD「キックアス」

なりきりだけのヒーローでも
人生は変えられるんだよ。

公式サイトはこちら

アメコミ原作物は苦手であまりみないけど、
TSUTAYA限定なのと物は試しと
借りてきました。
しかし目から鱗な展開にありゃまーw

高校生のデイブは
成績もスポーツもダメなさえない男。
ネットで買った覆面コスチュームで
「キックアス」と名乗りヒーローになろうとするが
ある日暴漢を止めようとしてボコボコにされる。
が、このときの映像が動画サイトにアップされたことで、大きく運命が変わっていく。

という話です。
男性ってのはええカッコしいで
女からみると??な生き物。
でもええカッコしいも貫けば本物になる。
窮地の自分を助けたあるコンビの格好良さに
自分が情けなくなってやめようとするけど
ある罠に落ちたことから
知らん顔はできないと奮闘するのは共感できる。

しかし真の主役はヒットガールなんだよね。
マフィアに両親を奪われた彼女は
キックアスのサポートを得て、
本拠地へ乗り込み凄まじい死闘を演じる。
倫理的には子供が武器持って殴り込みってのは
かなり問題かと思うが^^;、
これはもう映画だからと割り切りました。
指摘にはもう少し尺が短くてもよかったかな?
ちなみにラストはもろ続編あり、って感じです。

物語が進むにつれて成長して行くデイブに

「"ボコボコ"にされたって情けなくても
未来と自分は変えられるんだよ」

そんな製作者の思いが感じられる映画でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »