« April 2011 | Main | June 2011 »

May 2011

May 26, 2011

スーパーハイビジョン in 「NHK技研公開 2011」

「あなたに伝えたい、デジタル放送の未来」(技研公開2011テーマ)

NHK放送技術研究所の公式サイトはこちら
当ブログ恒例NHK技研公開レポートです(去年のレポートはこちら)。
週末お天気が怪しいのと新宿に所用があって
今日の午後行ってきました。
初日に行くのは初めて、バスも会場もわりと空いててラッキーヽ(´▽`)/。

さて今年は震災と節電の影響で展示時間は2時間短縮。
例年に比べるとエントランスの装飾も控えめで
各展示ブースもなんだか地味(^^;。
やはりどこか自粛ムードが漂ってます。
展示の一部にも震災報道に使われた技術や機器が紹介されてました。
#あの30キロハイビジョンカメラは無かった、、ちと残念。

では以下「スーパーハイビジョン」を中心にレポート。
技術的なことは技研の公式サイトをご覧くださいね。

・「スーパーハイビジョンシアター」
今年のテーマは「TIME OF MAN」
ドキュメンタリー仕立てのワシントンDCの風景や建物の6分間の映像

ワシントン・ナショナル・ギャラリー内部と絵画
ワシントン・ナショナル・ライブラリー(閲覧室?)
ワシントン・ナショナル・カテドラル(ステンドグラス)
駅。
ホワイトハウス周辺。
オベリスク。
カメラに向かって微笑む人たち

去年が「動」なら今年は「静」かな。
個人的にはちと迫力が物足らなかった。
でもオベリスクの上の空模様を遅回しで撮った映像は
画面がシンプルだけど荘厳な雰囲気に「おおっ@@。」。
煌くステンドグラスは鮮やかにくっきりと闇の中に浮かび
駅の中の行き交う人々の顔もボケることなく映し出している。
ナショナルギャラリーの絵画も目の前で見ているような解像度。
カメラに向かってポーズを取る人々の顔のしわまでくっきり、
女性にこのカメラ向けるときは承諾いりそう(^^;。
そうそう、ホワイトハウス周辺の風景は
神山監督の「東のエデン」ファンには嬉しいバーチャル観光気分w。
個人的には大自然の景色を見せて欲しいですが、
実用化へ向けてどんな番組に向くか手探り状態なのかもしれません。
人気は相変わらずで列ができてました。週末は込みそう。

・直視型超高精細ディスプレイ
NHKのニュースでも紹介されていた
スーパーハイビジョン用液晶ディスプレイです。
2台ありましたがこれも人気で人だかり。
ちなみにかなりでかい(^^;。
30畳くらいのリビングじゃないと置けませんわ。
ブースにはめ込んでいるので厚さは分からないけど
わりと薄いんじゃないかな。
デモ映像は「紅白歌合戦」「青森ねぶた」「御柱祭」。
映像はさすがにくっきりはっきり美しいんですが、
展示の関係か音響がイマイチなのが残念。

・2眼式立体テレビサービス
「東京上空小散歩」というデモ映像を専用メガネを掛けて観ました。
工事中の東京スカイツリー周辺や新宿に技研周辺の街並みが
”飛び出す絵本”みたいに見えてツボにはまりまくりw。

・インテグラル立体テレビ

何年か前に初登場してから注目してる技術ですが
ぐっと画素数が上がってました。
これはこの先楽しみ。

・22.2チャンネルマルチ音響再生技術
ハイビジョンテレビの周囲に丸いスピーカーを敷き詰めた音響システム
実際にデモを見ると前にしかないのにあちこちから聞こえてくるかのよう。
実用化の暁には
「大きなテレビは買ったけどスピーカーが置けないよ。」
と悩むお父さん用になりそう。

・新型スーパーハイビジョンプロジェクター
スーパーハイビジョンの実用化に向けて開発されたもの。
フル解像度並み、とリンク先にありますが
風に揺れるひまわりのくっきり感がすごかった。
こちらも実用化が楽しみです。

・スーパーハイビジョン単版撮像装置
現在開発中のスーパーハイビジョンカメラ、、だそうです。
これからどんどん小型化していくそうです。

・3Dハイビジョン映像
ハイビジョンカメラで3D撮影した被災地の映像が流れていました。
メガネを掛けて見ますが、斜めから観てもきれいに見えるのがいい。

と気になった展示は以上ですが、
出口近くで「デジタル放送受診案内コーナー」がありました。
説明員さんが別のお客さんに話しているのを聞くと
「スカイツリーからの電波が完成から1年後くらいに始まるのは
  モニター期間中に電波状況の悪い地区が無いか調べて対処するため。」
と。なるほどね。

最後に全体の感想。
例年に比べるとかなり抑えた内容、という印象。
研究所なので震災や原発報道体制には直接関係ないと思いますが、
なんらかの影響があったのかもしれません。
今年は中止かな、と思っていただけに開催は嬉しかった。

さてこれから行かれる方へ。
例年午後6時までだったのが今年は午後4時までです。
週末だと人気の展示は行列の可能性があること、
技研行きのバスが天候によっては大変道路が混むこと、等が
考えられるので早めの来場がよいかと思います。
行くのならできれば午前中、
午後は遅くなると会場だけでなく
帰りのバスも半端なく混んで死にます(TT)。

実用化へ着々と駒を進めるスーパーハイビジョンと音響システム、
その迫力を是非体験してください。

以上レポートでした^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2011

情報可視化プロジェクト「カシカ」 ガイガーつぶやきプロジェクト

一向に収束しないどころか「メルトダウン」となった原発事故。
#予想はしてたけどやっぱり、、、です。
東北は勿論関東のお住まいの方も特に小さいお子様をお持ちの方は

「うちの周囲は大丈夫か?」

と気が気でないかと。
我が家はもういい年の大人二人ですが
やはり気になりまして検索したらこんなのが出てきました。

「情報可視化プロジェクト「カシカ」 ガイガーつぶやきプロジェクト」

一般の方が自分で手に入れたガイガーカウンターで測った数値を
書き込むサイトです。
一般人が市販の機器で、、ですが参考にはなるでしょう。

一番いいのは各自治体がモニタリングポストをこまめに設置&することですが
費用がかかることもあり腰は上げてもなかなか実現まで時間がかかりそうです。

とにかく早く原発が収束することを願ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2011

MARANGES Sur le Chene 2005 (DOMAINE CHEVROT)

1305476138748.jpg

硬質なルビー色、
脚はこれまた細ーい脚がたらんたらん。
スパイシーな香り、甘い赤い果実、
相方「スミレの香り」。
香りは種類問わずストレートにぽんときます、はい。
軽めのボディ、硬質な味わい。
酸はやや強め。余韻は普通。
全体の印象としてはチャーミングでかわいいワインでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 15, 2011

時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ2」

ソフトウェア公式サイトはこちら

埼玉大学教育学部社会科教育講座人文地理学の谷謙二さんによる
新旧の地図を切り替えながら閲覧できるソフトです。
首都圏、中京圏、京阪神圏に対応。
フリーソフトです。

東日本大震災で首都圏でも液状化などの被害がありました。
そのため被害がある梨にかかわらず
自分が住む土地の経歴を知りたいと
図書館の古地図閲覧は混んでいるとのこと。
ネットで何とかならないかと探し出したのがこのソフトです。
大体100年位前まで地図があれば遡れるみたい。

ソフト機能紹介はこちら
こんなふうに見られますよという実例画面はこちら
もはや巨大テーマパーク以外でも有名になった地域の昔は、、^^;。
我が家のある場所は昔から人家があったようです。少し、ほっ。

対応地域内でこれから家を探す人にもいいんじゃないかな。
操作も簡単で使いやすくてオススメのソフトです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2011

上がったり下がったり

体調と気候が(^^;。
いやもう半日起きて半日ソファかベッドでくたばってる日々です。
ツイッターは林檎電話で出来ますがブ
ログはやはりPCの前に座らんと、、、で座ったのがやっと今日。

311以後、余震と原発状況(メルトダウンは想像ついてたけどさ、、、)で
心身ともに疲労してるんですかね。
大好きなアートも観にいく気力体力なく日々を過ごすのが精一杯です。
で、ツイッター見ているとやはり体調崩される方々が多いようで、、、。

原発から出る放射性物質はできるだけ情報を集めて
自己防衛するしかないのですが、
大人二人の我が家でもこれですから
小さな子供がいるお母様方は気が休まる暇が無いかと思います。

とにかく早く原発事故が収束して欲しい。
そう思う毎日です。

皆様も体調にはお気を付けください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2011

Gevrey-Chambertin 1er Cru LAVAUX SAINT-JACQUES 2004 (FREDERIC ESMONIN)

ジビエが合いそうなお味です。

Gevreychambertin_1er_cru_lavaux_sai

GW、前半は風邪後半は黄砂による体調不良で どこにも行けずお家の中。

最終日くらいワインをとこれを開けました。

エスモナンのジュブシャンプルミエラヴォーサンジャック。

綺麗な動物香。 よく熟した赤い果実、鉄、白胡椒、
が感じられますが突出してるのは鉄分ですね。
相方が「ジビエ、鶉とか合いそう。」と。 確かに「血」って感じ。
酸は強め、突出した個性はないけど 余韻も長く美味しい。

開けてから1時間後ぐらいにボディの強さが 際立って来ました。
ガチガチの筋肉質、とまでいかないけど 適度に鍛えてる男性のイメージ。
秋に飲めばもっと美味しく感じられたかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »