« 『マイマイ新子と千年の魔法』片渕須直監督 | Main | Pulpo azul(Vinos y Bodegas Gallegas) »

Apr 07, 2011

近所の桜

咲き出しました。
Sakura2_20110405Sakura1_20110405_2
Sakura4_20110405Sakura6_20110405
Sakura5_20110405Sakura3_20110405 

陽気に誘われて4/5火曜日の昼過ぎ近くの公園へ。
全体はまだまだではあるけれどひときわ咲き誇るソメイヨシノがありました。
その下の芝生では歓声を上げて走り回る子供たち。
毎年日本中で見かける平和な風景、でも今年は素直に喜べない。

1ヶ月前の震災、今も尚続く原発からの放射能汚染。
東京にいても余震と放射能におびえ心穏やかに過ごすのは難しい。
寒さに震え明日の生活の見通しも分からない被災地の方々は
不安の真っ只中にいます。
家族を失った方々は尚更桜どころではないでしょう。

私自身、父を亡くした25年前の桜は全く覚えていません。
父の事故死後、まだ学生だった私に事後処理の殆どがのしかかり
会社の助けを得ながら労災申請・生命保険の請求のため
書類をかき集めに奔走する毎日。
いつの間にか桜は散り青葉の季節も過ぎ梅雨真っ只中に
労災認定の知らせがひっそりと届いた。
支給金額と認定の番号が書かれた通知のハガキを手にした時
父を失った悲しみが改めてこみ上げたのを覚えています。
もう戻らないのだと。

時間が悲しみを癒すなんて嘘。
その人のいない辛さに慣れるだけ。
これから春が来るたび万単位の人が私と同じ想いをするのかと思うと
胸が張り裂けそうです。
国際社会では信用失墜、天災被害から放射能の加害者と
日本を取り巻く状況は日に日に厳しい。
それでも残された者は死んだ人の分まで生きていかなくてはいけない。
辛い現実ですがそれを感じるのは生きている証拠、なのだから。

今日よりも明日、明日よりも明後日良くなることを信じて
前へ歩いていきたい。

|

« 『マイマイ新子と千年の魔法』片渕須直監督 | Main | Pulpo azul(Vinos y Bodegas Gallegas) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/51319536

Listed below are links to weblogs that reference 近所の桜:

« 『マイマイ新子と千年の魔法』片渕須直監督 | Main | Pulpo azul(Vinos y Bodegas Gallegas) »