« February 2011 | Main | April 2011 »

March 2011

Mar 28, 2011

それでも春はくる

何事もなかったように 青空に菜の花。
Nanohana_20110328
東北関東大震災から2週間、今日東京で桜が開花しました。

花を求めて訪れた公園では菜の花が満開。
心なしか吹く風も春の香りがしました。
平和な風景の中に時折聞こえる計画停電中止の知らせに
心かき乱されても。

テレビやネットから流れる情報の洪水に心身ともに疲れ果て
原発をどんなに心配しても自分にはどうにもならないと
先週開き直ることに決めたらかなり楽になりました。
それでもテレビに映る被災地の様子に涙がこぼれるのは
25年前のこの季節に父を仕事中の事故で失った記憶が蘇るから。

当時は父の葬式を済ませた後町に出れば楽しそうな人ばかり。
なぜ自分だけが、と強く思いました。
だけどどんなに悲しくても現実が辛くとも
時間は容赦なく次の季節をつれて来る。
辛い現実が皮肉なことに立ち上がる力をくれる。
不思議なことではありますがそれが生命力なのかもしれません。

福島の相方家族は今だガソリン不足で足止め。
呼び寄せたくとも状況がそれを許しません。。
今もなお不安定な体調の私がたどり着いたとしても
彼らの足手まといになるだけ。
今できるのは普段の生活をきちんきちんと送ること、
最悪の場合皆を迎え入れられる準備をしておくしかない。
今日よりも明日、明日よりも今日。
もっと笑顔でいられるよう頑張るだけ。

亡くなられた方々のご冥福と
被災地の方々が一日でも早く安心して眠れますよう。
桜前線の上昇と共に笑顔が増えるよう祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 22, 2011

余震続く

東日本大震災から12日。
流通は少しずつ戻ってきてるものの、
余震はいまだ続いてます。

緊急地震速報が鳴ればいいけど
鳴らずにゆらゆら揺れるのって
ほんと気持ち悪い。
本震の恐怖がまだ残ってるだけに
身構えて疲れる有様orz。

被災地の復興のためにも
早く治まって、と願います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 18, 2011

634到達(東京スカイツリー)

Skytree_20110318自宅マンション廊下から撮影

本日3/18、晴れた午後に東京スカイツリーが634メートルに到達しました。

起工式は2008年7月14日
わずか2年半での達成、日本の土木建築技術の凄さを思い知らされました。
これから内部の工事が本格化し周辺を整備して来年の春オープンです。

僅か1週間前東日本は未曾有の天災に襲われました。
津波は海外沿いの町を襲い、余震と誘発された原発事故は今も日本を脅かし続ける。
そんな中の到達に工事関係者も見上げる人たちも複雑な気持ちでしょう。
大地震からの復興は長い戦いです。
町を一から作り直さなければならないところもある。
被災者の方々の心と体の傷も長い長い時間でないと癒されない。
それでも来年は一人でも多く笑顔であることを願ってやみません。

工事関係者の方々、634m到達おめでとうございます。
最後の最後まで事故が起きないようお願いします。
空へ伸びたこの白い塔が再生日本のシンボルとなりますよう心から祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 13, 2011

地震前

3/4
相方「米、ある?買いに行く?」
私「んー、、あるけど買っておく。」
米5キロ購入。

3/5
パスタの備蓄がなくなり
やまやで2.5キロ購入。
ついでにミネラルウォーターを2本。

3/6
運動不足なので
この日からマンション中層階の部屋まで
なるべく階段を使うようにした。
そうするべき、な気がした。

3/11
昼前、ランチついでに買い物に外出。
が、普段は雑貨屋や本屋で寄り道するのに
この日に限って

「早く家に帰れ。帰れ。」

と頭の中で声、声、声。
本屋で雑誌を手に取っても
落ち着かない見る気になれない。
スーパーでも商品選び中に頭の中に声。
帰りの薬局でもうず高く積まれた棚の前で胸騒ぎ。
私を囲む空気が
「店の外へ出ろ。家に帰れ。」
と叫んでるようだった。
そそくさと必要なもののみ買い帰路に。

帰宅後ソファに座ってのんびり。

その1時間後に地震発生。

激しく揺れ何もできない恐怖の数分間。
怪我も被害もなかったけど
直後2時間は身体が震えっぱなし。
少し落ち着いた頃カレンダーを見ると

14日は父の命日。

25年前、
父は亡くなる寸前に私の夢に現れた。
待合室で飛び起きた私が病室に駆け込むと
父の魂は旅立った直後だった。

今回も教えてくれた、、のか?
わからないけど確証はないけど
今はそう思いたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 12, 2011

無事です

昨日3/12午後東日本巨大地震(3/12 22:39訂正)が発生いたしました。

都区内の我が家も相当揺れました。
食器棚のリーデルグラスがぶっ倒れ、
ストッパー付きの引き出しも全部開きましたが
何一つ飛び出す割れることなくセーフ。
家具もワインセラーも倒れずほっ。
ガスは安全装置で止まったものの自力で復帰。
ネットも含めライフラインはすべて正常です。

都心の勤務先にいた相方は
昨日11キロを歩いて夜8時に帰宅。
東北の彼の実家も親親戚も無事です。
とはいえまだまだ余震が続いています。

Twitterやメールでご心配いただいた皆様、
ありがとうございます。
皆様もどうかお気をつけください。
ご家族ご友人のご無事を祈っております。

取り急ぎ生存報告でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 11, 2011

梅参り(亀戸天神)

梅が呼ぶ、亀戸天神の春。
Kameidotenjin_20110310Yaedeeppinkume_20110310
Skytreekouhakubai_20110310Mitakejinjya_usumomoume_20110310_2

春の日差しに誘われて亀戸天神へ。
境内では遅咲きの梅たちが3月の風に愛らしく揺れていました。

Umeskytree_20110310Usumomoume_3_20110310
Usumomoiroumetubomi_20110310Hakubai_20110310_2

境内からはすっかり風景となったスカイツリー、
600mを越した姿は迫力満点です。

Usumomoiroume__2_20110310_2Yaemomoume_20110310
Yaepinkume_20110310
Yaemomoumetree_20110310

行くのが遅かったせいか
白梅や紅梅はほとんど散ってしまっていました。
でも桜を呼ぶかのような淡いピンクの梅たちは
身体を寄せ合い風に揺れる姿も愛らしい。
この週末が最後の見ごろかな?
そして4月になれば藤の花、天神様が紫に染まります(昨年の藤写真はこちら)。

天神様を後にして香取神社へ向かいました。
こちらは梅は本社前に一本だけ。あらら(^^;。
Katorijinjya_20110310

仕方ない、藤の季節に出直しです。
ここは八重桜がとてもきれいで人も少なく穴場(昨年の八重桜写真はこちら)。

出かけると花粉症が辛いけど(^^;、
春の日差しと花々はやっぱりうれしい。
桜の東京開花予想日は3/29、
今年は寒さもありちょっと遅め、満開の桜が待ち遠しいこのごろです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 10, 2011

6周年!

本日、ブログ開設6周年を迎えました。

昨年は引越し前後からヨレヨレでろくに更新も出来なかったのに
訪れてくださった皆様ありがとうございました。
闘病以来まだ体調は時折低空飛行になりますが
日常生活に不自由がない程度には安定しております。
日一日と春になるように少しずつできることを増やしていかなきゃ(笑)。

もう6年w(゚o゚)w、
やっと6年(^-^;、
ひーこらと6年でしたがヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ、
今日から7周年を目指して頑張って行きたいと思います。

これからもよろしくお願い致します。

shamon拝

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 08, 2011

Living earth Cabernet Sauvignion 2009

なぜか二変化(^^;
Livingearthcs20090303

ラングドックの有機栽培ヴァン・ドゥ・ペイです。お値段は1300円ほど。
ひな祭りの夜にあけました。

濃いルビー色でリムはまだまだピンク。まあ2009ですから。
酸が強そうな黒い果実の香りがしっかり漂って
「カベルネとは思えないね。」といいつつ
果実味たっぷりでおいしくその日は半分頂きました。

で、残りを二日後飲みました。
あら不思議、ボルドーかしら?と思うようなドライな味わい。
買ったときに店のマスターが
「抜栓して3日くらい置くと丁度いいよ(^^)。」
と言っていたのはこういうことか(^^;。

不思議なニ変化、次回は別の品種で体験してみたい(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 05, 2011

『アトムの足音が聞こえる』富永昌敬監督

公式サイトはこちら
究極映像研究所BP所長からのミッションで、
東京分室として昨日試写会へ参りました。
稀代の音響デザイナー大野松雄氏を取り上げた秀逸なドキュメンタリーです。

構成としては3つ、かな?
テレビの黎明期を支えた人々が語る「大野松雄」
知的障害者施設のミュージカルを支え続けたその軌跡、
21世紀の音響を目指す若手と交流する大野氏の姿。

大野氏は初代「鉄腕アトム」から
「この世にならざる音」を捜し求め作り出してきました。
黎明期の貧弱な日本アニメに音で奥行きを与え音に人格を与えた。
彼が作り出した音の世界は多くのフォロワーを生み
今も多大な影響力を世界に示し続ける。
彼は存在する音には最初から興味を示さない。
全てがコピペで片付けられかねない現代社会では
その姿は真理を追い求める僧のよう。
かと思うと若い世代に

「いい加減にイメージしていい加減に作る。
 そのいい加減にイメージできるってのが大事なんだ。
 がちがちにイメージすると外れたら困るだろ?」

と語る。
息を吸うように聞いたことない音を飄々と作り出す。
これが音の魔術師といわれるゆえんでしょう。
彼を囲む若者たちの目の輝きが印象的でした。

最初の部分では全くご本人が出てきません。
渡されたパンフレットには白髪頭の作業中の姿だけ。
なので一体どんな気難しい人かと思いきや
スクリーンに現れた大野氏は意表を突きました。
白髪頭でバンダナを粋に巻き、Tシャツにベスト姿。
歯の抜けた口(^^;でべらんめえ口調でまくし立てるのに
その飄々とした姿はなぜか年齢を感じさせない。
でもって若い世代には惜しみなく技を披露しつつわが道を行く。
なんとも魅力的で年齢(齢80!)を感じさせない姿に
ちょっとお会いしたい気分に駆られました(笑)。

そして映画の肝となるのはこの言葉。

「いつでもアマチュアに戻れる。
 手を抜いても相手をたばかれる。
 それがプロフェッショナル。」

本気か冗談か分からないけど
妙に納得してしまうのは彼の魔術?なんてね(笑)。
そうプロはいつだってクライアントを満足させる。

一般公開は渋谷ユーロスペースにて5月から全国順次公開。
映像関係を目指す方もそうでない方も観て損はない映画です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 03, 2011

ECO BALANCE PINO NOIR 2008(Emiliana)

ニューワールド、ピノノワール。
Ecobalance2008

先月久々に顔を出したワインショップで買いました。
チリのピノ・ノワールで1300円、だったかな?

ちょい前に飲んだのですが
ぱっと広がる動物香に一瞬ニューワールドとは思えない。
時間が経つと果実味とかで「ああ、やっぱりニューワールド」なんですが
デイリーには十分な美味しさ。食事にもあわせやすい。

次回は別の品種も飲んでみたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 02, 2011

「EYESCREAM」特集 クール・ジャパン

表紙モデルは少佐こと草薙素子!
Eyescream

男性向け?ライフスタイルマガジンの表紙を
「攻殻機動隊SAC」の少佐が飾りました。
今月末の「SSS 3D」版公開へ向けてのプロモの一環、
フィクションのヒロイン+実在ブランドPHENOMEON新作とのコラボで
イラスト描き下ろしは作画監督の中村悟さん。
背景の色もありぱっと眼を惹くデザインです。
この表紙で大反響らしく既に売り切れで3週間待ちとか(゚д゚;)。
恐るべし(笑)。私は近所の本屋で最期の一冊をゲット。

同じイラストが中にも載っていて、アイテムのお値段も掲載されてます。
神山監督によるいくつかのセレクトを元に雑誌側がまとめたそうで。
黒いベストはライダーズジャケット、
両手首のバングルはシルバー製でサメの顎をかたどったもの。
実物見てみたい。
素子らしいなと思うのは両手のグローブとガンホルダー。
でも左手に時計があるかは定かではありませんw。

雑誌の内容は神山監督へのインタビューに始まり、
クールジャパンを体現したデザイナーさんたちへのインタビュー。
いまや知らない人はいない無印商品の特集など
初めて読む雑誌ですがなかなか楽しい。

まだ手に入れてない方は本屋さんへ急いでくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »