« January 2011 | Main | March 2011 »

February 2011

Feb 28, 2011

「227会」

楽しかったよヽ(´▽`)/。
Nameplate20110226

全国のワインブロガーが集結する「227会」第二回大会に参加してまいりました(昨年はこちら)。
場所は青山「EN  CACHETTE」さん。
土曜日の夕方、ワインを抱えて青山へ向かいました。
ちなみにもってったのはこれ。
Img_0905

参加者は総勢60名!
始まる前からそれぞれが持ち込んだワインに熱気ムンムン。
ブラインドテイスティングワインで乾杯の後
歓談の時間と相成りました。
集まったワインの構成、会場の雰囲気はtakutakuさんのブログにて。

昨年の大会でお会いした方、初対面の方、
いろんな方とお話できてとても楽しかったです。
集まったワインの全てを飲むことはさすがに出来なかったけれど
一番うれしかったのがどなたかが持ち込まれた(お名前失念、ごめんなさいorz)
Gajasperss1994 ←既に酔っ払っててボケボケ(^^;。
「GAIA SPERSS 1994」。
もう涙出そうな美味しさ。貴重なワインをありがとうございました!
他にも皆さんがお持ちになった逸品だらけ、舌の保養になりました。

会のイベントとしてはブラインドとワインの開栓スピードコンテスト。
どちらもVin宙太さんの軽妙な司会でスタートです。
ブラインドは当てられたのは国名だけで見事撃沈orz。
マニア過ぎるよ(^^;。
完全回答は無かったもののかなり近いところまで迫った方がいらして
皆さんの喝采を浴びておられました。いやマジで凄いと思った。

で、次の開栓スピードコンテストは抽選で参加する3人を選出、、
私σ(^^;)、2番目にご指名受けて参加しました。

目の前にはボトル上部を紙で隠したワイン、
コルクかそれともスクリューキャップか、神(紙?)のみぞ知る。
スタートの合図と共にナイフでシールを切り出したらよく見たら

スクリューキャップ(爆)。

いや、酔っ払ってると見えてませんわwwwww。
即、ナイフやめて回して開栓。
神(紙?)のご加護で私が一番と相成り、TDRのペアチケットを頂きました(一番上写真)。
ちなみにワインは「クラウディ・ベイ」でした。ええ、旨かったですw。

お店のお料理もとてもおいしく会は楽しくお開き、
その後はmasaさん お泊りのホテルの部屋になだれ込み二次会。
メトロの終電が早かったので途中離脱したのが返す返すも残念。
来年は最後まで付き合いたい~。

ご一緒させていただいた皆様、
この会をプロデュースしていただいたスタッフの皆様、
お忙しい中の準備は大変だったかと思います。
楽しい時間をありがとうございました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Feb 24, 2011

確定申告

やっと出したorz。

ここ数年医療費が嵩むので
毎年確定申告はやっていましたが、
住宅ローン控除なるものは始めてで戦々恐々でした。
予め不動産会社主催のセミナーって受けといて正解。
おかげでスムーズに書類集められた。
何も知らずに国税局サイトにアクセスしてたら
え?登記簿だけじゃなく契約書の写しもいるの?
え?住民票もいるの?
とびっくりしてたかも。
早々に遠い法務局や区役所に
書類取りにバスで行きましたよ。

その後細々と医療費などの領収書を集め
明細作って領収書を貼り付け。
昨日やっとまとめて、
今朝電車に乗って税務署に出してきました。

来年からは年末調整でローン控除はできるから、
医療費が嵩まないかぎり解放される。
一安心かな。

還付金が振り込まれるのが今から楽しみです。
繰上げ返済へスルーだけどw。

まだの方は早く済ませてくださいね。
気分もすっきりしますよ。
頑張ってください( ´ ▽ ` )ノ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 21, 2011

忍耐のはじまり

朝起きたら鼻の奥が

ちくちくちくちく

黄色い悪魔の襲来ですorz。
はぁ〜。

先月温泉旅行の際たわわたわわと
なってたもんね(T_T)。
ゆっさゆっさと気合をいれて
ばら撒いてるんだろうな。
ベランダの物干し竿や手すりの上を拭けば
細かーーーい粉みたいなモノがべったり。
目眩しそ。

エアコンについてる
ナノイーとプラズマクラスター、
両方共頑張っておくれ。
君たちだけが頼りだ。

花粉症の皆様、今年も頑張りましょうね( ; _ ; )/~~~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 18, 2011

春を呼ぶ風

昨日夜からは激しい雨、今朝晴れたと思ったら凄まじい風。
一体どないなっているのやら(^^;。

ついこないだの雪以来、
体調が低空飛行で毎日半日寝ております(^^;。
花粉も飛びまくりだし死にそ。
毎年この時期は寒暖の差に悩まされますが
今年は一層ひどい気配。
ああ、まったくもう。

行きつ戻りつ暖かくなる。今は冬から春への脱出の時期。
体調も気温の上下と共にふらふらしがちですが
どうぞ皆様お気をつけください。
私は体調を整えつつ
確定申告の還付用書類の山よりの脱出を目指します。(爆)。< 早くやれ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 12, 2011

「テオ・ヤンセン展 ~生命の創造~」

公式サイトはこちら

物理と芸術から生まれた「ビーチ・アニマル」、
摩訶不思議な「生物」をこの眼で観ようとお台場日本科学未来館まで行きました。

会場入口には小さなビーチアニマルが1体。
「動かしてみてください」
と係員さんが言うので押したり引いたり。
なかなか面白い。
骨格に使われているビニールチューブが固いのはちと意外でした。

入場券を買って中に入ると丁度デモンストレーションタイム。
慌ててエリア内へ。
Animarissiamesis20110210
これは初公開のアニマリス・シメアシスです。
左側が頭、右側は尻尾?ですがでかい^^;。
「ビーチ・アニマル」は風を”食べて”動くものですが、
屋内で風を起こすのは難しいのでスタッフ二名が
人力で動かしてました。
上部の翼をジャンク船のように広げ
多脚の巨体がざわざわと動くさまはなかなか壮観。
脚の構造はテオが導き出した「13のホーリーナンバー」で作られ
妙に有機的な動きは観てて飽きない。

デモンストレーションの後は
隣にあったアニマリス・オルディス(たぶん入口にあったのと同じ)を
また触らせてもらいました。
丁度バックスクリーンには海の映像。
その前に置かれたクリーム色の体に妙な既視観。
記憶手繰って思い出したのは

アンドリュー・ワイエスの魚網が風に揺られてる絵(爆)。

で、外で触ったときは気づかなかったけど
彼らは動くたびにさざ波のような音(声?)を立てます。
押したり引いたりしてると自分もビーチ・アニマルのように風と
一体化していくような感覚に襲われる。
スタッフの方に
「テオはこの音があるからこの素材にしたんですか?」と訊ねてみましたが
「ちょっとそれは、、、わからないです。」
とのこと。だよね、やっぱり(^^;。
ちなみに現時点では構造上前後にしか動けず
方向転換は出来ない、とな。
素材的に難しいのかな。これから期待しましょう(^^)。

会場には実際の生物の進化と共にビーチ・アニマルたちの進化を綴った
説明パネルがそれぞれのビーチ・アニマルたちの前に置かれ
科学館にふさわしい展示でした。
テオは「僕がこの世から消えても彼らが生き続けられるように。」と
これからも新しいビーチ・アニマルを創造していくとのこと。
何年か後には新種が日本に上陸しているかもしれませんね。

会期はあさって14日まで。
物理と芸術が一体化した不思議な生物に是非逢いに行ってあげてください^^。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 07, 2011

りんごのお酒

りんごまんまのお味です^^。
Ecussongrandcidre

お世話になっている方に頂いたシードルです。
シードルにもプルミエってあるのね、とエチケット観て驚き(笑)。

甘いんだけどべたべたしない
林檎の皮と身の間の部分の味がして
ジュースみたいに飲みやすくてごくごくごく。
即効であいちまいましたよw。

コンビニなどで売っているシードルは
舌にちくちくした感触ですが
これはなんともまろやか。
製法が違うからなんでしょうね。
これならアルコールに弱い人でもおいしくいただける。

春が近づいてこれもってお花見、もよいかも。
問題はどこで売っているかだ(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 04, 2011

「第14回文化庁メディア芸術祭」

公式サイトはこちら

アート、エンタテイメント、アニメ、漫画の4部門の
大賞、優秀賞、審査員推薦作品が展示されました。
もう第14回なんですね。早いなぁ。
今年はシアターと一部の作品がミッドタウンにて展示&上映となりました。

年々思うことですが、デジタル作品がどんどん増えてますねー。
ネット社会への警鐘を鳴らす作品も多かった。
マンガ、アニメ部門は初めて見る作品が多くとまどうこともありましたが
原画、美術ボード、絵コンテなどの資料も充実しよかったです。
時間が無かったのでさっと流し鑑賞でしたが
私のイチオシはエンタテイメント優秀賞受賞の amazarashi 「夏を待っていました」



amazarashiは青森在住のロックバンド、そのMVなわけですが
YKBX氏によるこのアニメーションは2Dと3DCGが違和感なく融合しています。
まるで東欧アニメーションのような色彩の中で
不気味なてるてる坊主が蛸やアンテナにメタモルフォーゼしていく。
遠く金田伊功氏に繋がっていくような動きが面白い。
浮かんでは消えてくやるせない歌詞とどこか懐かしいメロディーに
ひきつけられてずっと眺めていました。
映像の下に展示された絵コンテやスクリーンショットは
美しい線を楽しませてくれました。YKBX氏にこれからは注目です。

アート部門では大賞を受賞した「Cycloïd-E」が
ミッドタウンの会場でその異様なパフォーマンスを披露していました。
想像したのより大きく眼のようなパイプの先端がこちらを向くたびドキリ。
無機質なパイプから出る音が妙に耳に残った。
優秀賞の「The Men In Grey」は某ハリウッド映画観たいやと思いつつ
ネットワークに依存する現代人への警鐘を鳴らしています。

マンガ部門は、、、どれも読んでないのでなんとも(^^;。
大賞の「ヒストリカ」は閲覧室で人気で読めず。
しゃーないのでウミノさんの「3月のライオン」読んでました。

アニメ部門、、、

マッドハウス強し。

この部門も昨年全く観てないので評価しづらいのですが、
大賞の「四畳半神話体系」優秀賞「マイマイ新子と千年の魔法」で受賞、
さすがというかやっぱりというか(^^;。
後者の「マイマイ」は美術ボードや絵コンテも飾られてファンにはうれしいでしょう。
業界は例の条例をめぐって色々揺れていますが、
クリエイターたちには頑張って作品を作り続けて欲しいです。

今年の展示はレイアウトもすっきりとして観やすく
会場になれてきたかな、という印象です。
展示は2/13まで。
入場無料で未来の巨匠たちが集う祭典はとても刺激に満ちてて楽しい。
興味がある方は行ってみてくださいね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 02, 2011

初梅(向島百花園)

春遠からじとも寒風 肩寄せ合って白梅。
Shirokaga_20110202_3Shirokaga2_20110202_2

「そろそろ梅もほころぶ頃かしら。」と
向島百花園へ行ってきました。昨年の7月以来です。
丁度1年前は雪が降りました

いや、雪のない寒さって身に沁みますね(^^;。
指なし手袋を後悔しちゃう風の冷たさ。
春の使者たちも枝にしがみつくように咲いていました。

Shirokaga_skytree_20110202
庭内の梅は殆ど蕾だらけかちらほら咲いている程度、
この梅(白加賀)の木だけが元気に咲いていました。
白い花が集う枝の緞帳の向こうにはスカイツリー、
もう庭内の何所からでも眼に入る高さとなりました。

Benitouji_20110202_2
淡いピンクの梅は「紅冬至」、
可憐な少女のような装いは凍る空気の中ではとても寒そう。
顔を隠したお日様を恋しがるように風に揺れて。

Michisirube_20110202Michishirube2_20110202_2
対照的に艶やかな流し目をよこすのは紅梅「みちしるべ」。
濃いピンク色は寒空にも凛と映えてとてもきれい。

庭内の梅は全体的に一分咲、といったところ。
本格的に咲くのは暖かくなる週末からかな。
週末からは梅祭りも始まります。

最後の一枚はスカイツリー。
Tokyoskytree_hyakkaen_20110202

庭内の池にももうその姿は収まらなくなってきました。
紫陽花が咲く頃にはまたアングルに苦労しそう。

吹く風は冷たいけれど  明日はもう節分。
いよいよ暦の上でも春の到来です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2011

底抜けた?

今日の東京は10℃を突破してポカポカ天気。
天気予報士さんは「寒さの底を抜けました。」。
嬉しい〜(ρ_;)。

杉花粉は気になるけど、
外に出ても刺すような空気じゃないのが嬉しい。
サボり続けたエアコン掃除やってました。

元々寒がりだけど、
肝臓の病気をしてからさらに寒さに弱くなり
暖房をいれて暖かくしてても動けないんです。
狭い家なのに廊下とリビングの気温差に
参っちゃう、そんな日が続いていました。
これから少しずつ体も楽になるかな。

もうすぐ立春、暦の春はすぐそこに来ています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »