« October 2010 | Main | December 2010 »

November 2010

Nov 29, 2010

Corton-Charlesmagne 1989(LOUIS LATOUR)

ぴかぴかの黄金色だよヽ(´▽`)/
Cortoncharlesmagne_1989louis_latour

エントリが遅くなりましたが、先々週に結婚記念日祝いに飲んだワインです。
ルイ・ラトゥールのコルトン・シャルルマーニュ1989。
きれいな色にうっとり~。

輝くような黄金色、脚はねっとりと長く。
最初は花梨の香り、でもだんだん甘くなって蜜や木の香り。
いろんな香りが出てきてグラスを回しながらゆっくりゆっくり堪能しました。
相方は「湿った藁の香り」と。そんなのかいだことありません^^;。
もちろんしっかりフルボディ、バランスの取れたすばらしい味わいは
長い長い余韻にてフィニッシュ。
すばらしい余韻にやっぱりブルゴーニュはいい、と改めて思いました。

引越しやらセラーの故障やらでこのワインも災難に会いましたが、
きれいに熟成してくれてた。
バッカスに感謝!の一本でした^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 24, 2010

月に一度のお勉強(2010年11月)

この季節、夜の銀座は、
Mikimototree20101116
クリスマスツリーshine

教室の中では
Nebiologlass_20101116
イタリアの宝石♪

Oh! NEBBIOLO!

今月のワインスクールは超長熟品種のネッビオーロでした。
栽培も醸造も難しくイタリア以外ではなかなか成功しないと言われています。
なんとか頑張っているのがアメリカとオーストラリアのごく一部、
それでもピエモンテと比べると、、道のりは遠いそうです。
で、とあるかぐわしい香りの白葡萄品種とDNAで遠い親戚ってのはちとびっくり。
バラの香りはきっとそのご親戚とのつながりなのね。

イタリアの赤は苦手ですが、
ネッビオーロ種(要はバローロ)はとても美味しいと思う(殴られそうだ^^;)。
でもあまり売ってない。売ってても高い。飲むのにカベルネより長く待つ。
てな感じで口に入ったのは授業でだけ~。
今期のメインテーマ「価格帯」ではどんなネッビオーロが出たでしょうか?
ブラインド用のカバーの下には

Nebbiolo_20101116 ヽ(´▽`)/

の4種類でした。

左:カシーナ・キッコのランゲ ネッビオーロ2008
左から2つめ:豪ヴィクトリアのキングヴァレー ピズィーニ ネッビオーロ2006
この2つを間違えましたorz。
ちなみにお値段はランゲが1900円。豪は5250円
豪はおいしいけどこれで5250円はね、、。
自腹切るのならランゲ、2000円切る値段でこの味はCP高い!

右から2つめ:アルビーノ・ロッカのバルバレスコ ヴィニェート ブリック ロンキ2003
右:アルド・コンテルノのバローロ チカラ2005
バルバレスコはトップノード(笑)がバラで華やか、ちょっとシャープな味の9500円。
バローロはプラム、鉄、タール、バラを感じられ酸もヘヴィーで余韻も超ロング♪
お値段は15000円。
タイプの違いはあれどどちらもおいしい。
私?もちろんそりゃバローロですw。
いやこの喉に残る余韻ときたらたまりません。
どなたか私に奢ってくださいw。

しかしどれも度数が高くて授業が終る頃にはヘロヘロ。
二次会は同級生と共に裏の焼き鳥屋になだれ込んだものの
手にしたのは

ウーロン茶(爆)。

ってかこの後に他にどんな赤を飲めというのか。。。。。
ま、飲んだ後のウーロン茶もおいしゅうございました。

来月はスペインの品種テンプラリーニョ。

イタリアの某有名レストランセラーからUNICOがやってくる!
万難を排して体調を整えて教室に突撃するのだ~~!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 19, 2010

「ヤノベケンジ”レヴィテイション"」 in 山本現代

アーティスト公式サイトはこちら
ギャラリー山本現代の紹介記事はこちら
Levitationyanobe
久々のアートエントリは鬼才ヤノベケンジ。
「レヴィテイション=空中浮揚」、
電磁力とオヴジェが作り出す不思議な空間を体感してきました。
強い磁力を使った展示なのでペースメーカー等をお使いの方は
入場できません。

展示物は

・浮揚オヴジェが3つ
 上記イラストの人型大小学生くらいの大きさ)と小(高さ15cmくらい?)
 棘の生えた球体(直径15cmくらい?1つ)
・透明ヘルメットを被った黒猫?オヴジェ3体
・イラスト6枚(2008ヴェネチア日本館コンペ用4枚、レヴィテイションオヴジェ2枚)
・入善町下山芸術の森発電所美術館での展示会DVD上映

でした。ちなみに

撮影不可(涙)

です。「今回はちょっと、、、」ということで。

結論から言うと面白かったです^^。
ファンの人にはたまらないんじゃないかな。

メインの空中浮遊ですが、
人型小オヴジェと棘球はケースの中でくるくると回ってます。
電磁力の反発を利用してケースの底から1cmくらい浮いてました。
棘球(勝手に命名)のデザインは異空間からの使者みたいでツボにはまったw。

で、人型大オヴジェは展示台の上に鎮座ましまし、、、ではなく、
用意された展示台(2m四方くらい?)に浮かんでました。
(もちろん万が一を考えて台の上には布団w、と支えるワイヤーあり。)
天蓋からの距離は遠めに10cmくらい?
その天蓋から出る電磁力が引っ張ることで浮いています。
ちなみにこれ、

定期的に前へ後へと交互に動く

んですよ(^^;。
DVDを見ててガタガタガタッと音がしたので振り返ったら

位置が変わってる!!!!アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

びっくりしたよ、もう(^^;。
説明してくださったギャラリーの方によると
「天蓋に設置した装置(4つあり、遠目に各々20cm四方?)に長い間通電できない」
ので、5分おきに動かさざるを得ないそうです。
説明を聞くと納得ですが、急に動くと、、、心臓に悪いorz。
動く瞬間も見てきたんですが(後ろへの移動)、
ガクッと一気に移動し(、ぶら下がっているワイヤーがガタガタガタ、でした。
「ギャラリーの営業時間後はどうするのか」と訊ねると
いきなり電磁装置のスイッチを切るとオヴジェが墜落(^^;するので、
一人のスタッフが後ろから抱えて、もう一人のスタッフが装置を電源オフし
そっと布団wの上に下ろすそうな。
鉄製で中は空洞とはいうものの重さは15~20kg。、
これを展示期間中毎日するそうで、、、スタッフの方々お疲れ様です。
ってか芸術家の作品を毎日抱えるなんて恐ろしい作業、
私には到底できませんので尊敬します、はい。

さて他の展示物ですが
黒猫オヴジェ(尻尾が割れてないのが残念w)がかわいくて
よかったです。レプリカがあるなら家に飾りたいですわ。
ヴェネチアの惜しくも落選となった日本館のコンセプトイラストも
棘球が水面に浮かんでその中が空洞になっている様が
色鉛筆?で描かれていました。
トらやんはちょっと苦手だけどこの棘球は是非グッズを作っていただきたい。

と満足な展示会でした。

最後にこれから行かれる方へ。
ギャラリーはどの駅からも遠いのでバスで行くことをオススメします。
私は都営バスの06渋谷~新橋路線を使いました。
少々分かりづらいので地図は必ず持っていくこと。
またカード類は電磁力装置に近づけなければ大丈夫みたい。
心配な方はギャラリーの方に確認してくださいね。

以上、レビューでした^^。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 15, 2010

風邪にご用心

皆様こんばんは。
本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

先週木曜日から風邪で昨日まで伏せっておりました。
いやもうまったく(--;。

水曜日に所用にてあちこち出歩き(今考えればこれが大きな原因かも)
カラカラのPC部屋にて色々と作業したのが悪かった。
木曜日の朝から

体がだるくって気力ゼロ(p_q*)。

やっちまったよおかーちゃん。、ですよ、はい。

で、ここでとっとと医者に行けばいいのを大丈夫だろうと
たかをくくったのが悪かった。
金曜日はさらに悪化、私には珍しくモーレツな頭痛、、、。
前頭葉のあたりをフライパンで連続殴打されてるみたいな痛みで
しかも喉痛い、もっとヤバイことに腰痛まででてきた。で、

「病院に行こう。」

と決めたのが金曜日の夕方。
ネットで探し(何せまだ住んで二ヶ月の場所なので分からない)
見つけた診療所(幸いにも徒歩3分)にて診察してもらい薬もらって帰宅。
で食べては薬、寝て食べては薬(またこの薬が抗ヒスタミンでやたらと眠たくなる)、
結局土曜日は丸々寝てましたorz。
金曜日の結婚記念日も、土曜日の入籍記念日もそれ何?状態(ノ_-。)。
ようやく日曜日に起きられるまで快復しました。

「ま、こういう年もあるわ。風邪でよかったわ。」と思ったその矢先

「俺も頭痛くって腰もむちゃくちゃ痛くて気分悪いんだけど・・・・。」

と相方orz。移ったようで、、、。
私の薬を飲ませるわけにも行かず
(相方は抗ヒスタミン剤に弱く飲むとまっすぐ歩けなくなる)
夜中にチャリ乗って深夜営業(ド○キではない)薬局へ走りました。
葛根湯を飲ませてお布団へご案内~。
最悪な週末でした~。

この風邪、熱は無いものの頭痛と腰痛がひどいです。
おまけにそのだるさときたら「肝炎か?」のレベル。
「なんか頭が痛いなぁ。」と感じたら、
すぐマスクして病院へ行きましょう。

明日からぐっと寒くなります。
皆様寒さと風邪にはくれぐれもお気をつけください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 10, 2010

「タチコマなヒビ」プロット/櫻井佳記 漫画/山本マサユキ

聞いてないよ(^^;
Tachikomanahibicomic20101110

ちょいと調べたいものがありAmazonにアクセスしたら

Amazon20101110_3

な感じでトップページに出ていました・・・。
キーボードに突っ伏しましたよ、ええ(^^;。

ま、要は先週出たばかりのタチコマコミックです。
ってかまだ買ってないんですが。
1巻ってことは評判よければ続刊もありえそう。
漫画家さんを全く知らないので買うのがちと不安、さてどうしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 08, 2010

隠れ白

フランスからやってきたよ(゚▽゚*)
Drc_blanc_2007

DRCがサンヴィヴァン修道院跡地で作っている
オート・コート・ド・ニュイの白です。

いつもビゾーを買うパリのワインショップから
相方宛に「入荷しましたがいかがですか。」とメールがあり、
彼が友人たちに声をかけて1ケース共同購入しました。
#送料及び税金は購入本数に応じて頭割り
我が家に来たのは2本。
噂には聞いていましたが実物は勿論初めてです。

しばらく休ませてからまず1本開けて見ます。
どんな味かな。楽しみだな^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 07, 2010

ⅢBAuromon2009

旨安ラングドックだよ^^。
Bauromon2009_20101103

三越ワインフェアで買ったラングドックの赤「トワベー・オーモン」です。
作り手はジャン・クロード・マス。
セパージュはメルロ80% シラー15% CS5%。

濃い~~(笑)ルビーでリムはピンク。
フルボディでしっかりタンニン(でもしつこくない)しっかり酸。

若いってこともあり開けた当日より3日後のが美味しかったw。
おいしく飲むのなら最低前日にあけたほうがよさそう。
バランスのよさは赤が苦手な人にも大丈夫でしょう。
何より2000円かそこらでこの味はこのご時世うれしい。

猛暑の名残で泡系に傾いてたけど
やっぱり秋は赤だなーっと思った一本でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 02, 2010

時間がないっ!

新居に引っ越してそろそろ二ヶ月。
身内の冠婚葬祭が二回あったりとかしたものの
ぼちぼちと家も片付き(80%くらい)
新しい土地にも家にもなれて効率よく毎日を過ごしているはず、、、

だったのに
なぜかいつも気がつけば日が暮れているorz。

やってる家事は前と同じなのに
買い物にかかる時間もたいして変わらないのに
仕事しているわけでもないのに

私の時間はどこへ消えているの?

ほんとにわかんない。

うーむ。

時間簿書いて行動すべきですかね、こりゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »