« September 2010 | Main | November 2010 »

October 2010

Oct 29, 2010

甲斐の夢(シャトー勝沼)

素顔のまんまの甲州です^^。
Kainoyume_20101028

今月半ばに開催された甲州市マラソン(昨年まではぶどう郷マラソン)で
相方が貰った参加賞です。醸造元はシャトー勝沼。
いつも会場へ行くバスでワイナリーの建物は眼にするけれど
一度も寄れないままのワイナリーです^^;。

グラスに注ぐとふんわりと香る甲州の皮と身の香り。
ありがちな独特のえぐみもなくとても飲みやすい辛口です。
時折香る石油香がちょっと不思議かな。
味も冒頭に書いたとおりほんっとに素顔のままの甲州。
「美貌の果実」に出てくる「サン・スーシィ」はこんな感じなのかもね。
ハーフボトルということもありあっさりボトルは空になりました。

10年以上勝沼に通っていますが、
参加賞で貰う甲州ワインは確実にボトムアップしてる。
勝沼醸造の「イセハラ」メルシャンの「きいろ香」に続けと
どこのワイナリーも頑張っているんでしょうね。
ガンバレ、甲州!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 28, 2010

寒い!

東京は気温11度!!
マンションの敷地から一歩も出ず一日過ごしましたよ、ええ。

なのに日本には台風接近(^^;
下手すりゃ関東直撃。

どーなってるのーーー!!!

3年前フランス旅行から帰国した時も台風だった。
ここ数年いくら夏が長いからといってもあんまりです。
明日あたり某国から帰国する友人の飛行機は大丈夫だろうか、、、。
天気予報を見るたびユーウツになる。

明日明後日とご出勤の皆様、お気を付けくださいませ。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 24, 2010

月に一度のお勉強(2010/10月)

白い貴婦人だよヽ(´▽`)/
Rieslingglass20101019

ワインスクールの後期講座が始まりました。
テーマは前期と同様「価格帯」、トップバッターは「リースリング」。
体調悪く夕方まで寝てたけど休むのも嫌なのでなんとか銀座へ。

まず最初にいつものようにN先生の講義。
「素肌美人」でプレステージ度は「貴方に色に染まります」なシャルドネより上、
しかし市場では苦戦している品種、とな。
確かにドイツのリースリングってワインフェアでも影が薄い・・・。
私はわりと好きな品種ですが、おいしいドイツ物は如何せん高い。
それも原因でしょうね。それに今は辛口嗜好だし。
最近ではオーストラリア物がピュアな味わいで赤丸急上昇との事です。

講義後のブラインドでは
ドイツ2種、オーストラリア、オーストリアから出場~。
どれがどれかを当てます。

1:脚なし。かすかなペトロール香、カリン、ミネラル。ちょっと甘くて酸はそこそこできれい
2:脚なし。ライム、白桃、カリン。水っぽくてドライ。酸は強め。最後がしょっぱい。
3:見た目照り照り(笑)。脚遅くどろっ。甘い果実、白い花。フルボディでドライで苦い。
4:輝く金色。脚なし。蜂蜜、麝香。甘いけど酸が強くて細く長く続く余韻がすばらしい。

で、ドイツ廉価物、オーストラリア、オーストリア、ドイツ高級物、と判断しました。

答えは
Riesling20101019

当たった(^^)、ほっ。
自腹で飲むのなら1番のローゼンかな。
真ん中二つは高すぎる(3100円と7000円)

最後のエゴンミュラーは
Egonmuller2007_20101019
は2007年ヴィンテージと若いながらも高貴さ満点。
「幼児虐待ですね・・・^^;」とN先生は仰っていたけれど
私たちは罪悪感も何所へやら、長い余韻に酔いしれました。
でもお値段31000円には「えっ・・・Σ( ̄ロ ̄lll)。」
アウスレーゼだから仕方ないか。
トロッケンベーレンアウスレーゼだと60万するそうです(涙)。
レストランが抑えちゃうので市場には出回りません、とも。

リースリングを色々飲む機会はお財布の中身を考えると
難しいのでとても楽しい回でした。

来月はネッビオーロ。イタリア品種苦手なのでついてけるかな。
でも再来月はテンプラリーニョでUNICOが登場!!
体調を万全にして気合を入れて講座に臨むのだ~!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 21, 2010

大日影トンネル遊歩道

どこに通じてるのかな?
Oohigagetonnel20101017entrance

メルシャンからの帰り、
勝沼ぶどう郷駅で電車に乗りそびれた私たち、
さてどうしよう?

駅前できょろきょろしていたら「大日影トンネル遊歩道」なる看板を発見。
行ってみようかとなりました。
wikiによると1997年に隣にあるトンネルが開通するまで
下り専用に使用されていたJR中央本線のトンネルだったそう。
このトンネルの隣に新大日影トンネルがあり
Express201017
こんな感じで電車が走ってきました。
出てくる瞬間を撮りたかったけど見事失敗(^^;。
撮り鉄さんならばっちりなんでしょう。

トンネルの向こうまでは往復2.8km、、
往復しても間に合いそうなので歩いてみました。
Tonnelnaka20101017
中はひんやり、レンガで覆われた内壁はちょっとかび臭い。
遠くに見える出口の風景が旅情を誘います。
てくてく、てくてく、てくてく、明かりを目指して歩く歩く。
Milstone20101017
ここが丁度中間点、さらに出口を目指して進みます。
トンネルの中にはあちこちにガイド板があり
ここの歴史を教えてくれます。
Guidetonnel20101017
100年以上前の工事はとても大変だったでしょう。
無名の人々の汗がしみこんだ道をひたすら歩く歩く。
Tonnnelexit20101017
ようやく出口、小さい橋と別のトンネルの入口が見えます。
トンネルを出て橋を渡りそこに待っていたのは
Winecarv20101017
トンネルを再利用したワインカーヴ(笑)。
ブログを始めたころ記事にしたんだよね、ここ(笑)。
一度行ってみたかったけどこんなに駅に近いところとは・・灯台下暗しw。
「いつもの道を横に入ればそれはもう旅」な体験となりました。

ちなみにカーヴから見たトンネル入口はこれ。
Carvsidetonnel20101017
こっちのが風情がありますな。

帰りもてくてくてくてくっと歩いて駅へ。
微妙に下り坂なので帰りのが早かったです。
発車10分前に駅について帰路に着きました。

また来年まで、さよなら勝沼。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 20, 2010

Chateau Mercian

最初の一本だよヽ(´▽`)/
Firstkosyu20101017

ヤボ用と体調不良で更新が滞り申し訳ありません。
17日、恒例の勝沼でのマラソン(フルーツマラソンと改名)ついでに
9月にリニューアルオープンしたメルシャンワイナリーへ行ってきました。
#ちなみにこの前日は東北方面日帰り・・・・。

以前の建物の前を通り過ぎ坂の上に挙がると、
そこにはシンプルでスタイリッシュな空間が広がります。
だけど玉砂利を敷いた庭は禅寺みたい。
Chateaumercian20101017
冒頭の写真は甲州の樹、
来年には棚を一面に緑で覆うでしょう。

建物の向こうには芝生が広がりワイン見本園、そして
Bordeaushrine20101017
ボルドォ神社。
由来は、、、、よくわかりません(^^;。

建物の中にはワインショップとオープンカフェレストラン。
もちろんここでお食事と相成りました。
Lunch20101017_2Kiirokanaganomerlot20101017
限定30色のランチプレートは白ワイン付で1500円。
鶏肉の甲州ワイン煮、ポテトグラタン(のようなもの)、パン、サラダ、ピクルス。
ワインは「きいろ香」、相方は「長野メルロー」を頼みました。
鶏肉はどこか懐かしい味、、、記憶を辿ってでてきたのが
ブルゴーニュでのこれ
ルフレーヴのレストラン料理はチーズが入っていたけど。
このワイン煮とても美味しかったので今度家で再現してみよっと。
どの料理も「きいろ香」ととてもよくあい美味しかったです。

お食事の後は敷地内のワイン資料館を見て帰りのマラソンバスに乗り込みました。
しかし電車に間に合わず1時間ちょいをつぶすはめに、、。
それはまた明日のお話^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 13, 2010

MARANGES SUR LE CHENE 2000(DOMAINE CHEVROT)

思い出と共に頂きました^^。
Marangessurlechene2000_10109Marangessurlechene2000_10109g

久々自宅ワインエントリはシュヴロの赤。
先月預け先のレンタルセラーから戻ってきたものです。
2005年の収穫の際頂いて持って返って来ました。

色はルビー、長い脚がたらっと垂れます。
香りは一発目にきれいな動物香と土、時間が経つとジャムにスパイス。
フルボディ、酸がとても強く余韻も長い。
きれいな飲み口ですがかっちりした筋肉質なワインです。

5年前の9月、マランジュは雲ひとつない青空がきれいだった。
ドメーヌを発つ前日、
フェルナンが開けてくれた90年も(当時はまだこのACじゃなかった)
美味しかったけどとてもとても固く強いワインでした。
畑の特性なのかな。

ともあれおいしく頂きました(^^)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Oct 08, 2010

白い窓辺

Japaneseroom101006

リビングの隣にある和室にシェードをつけました。

このマンションの和室には障子がなく
壁紙も天井も洋室と同じ白で窓辺をどうするかかなり悩みました。
しかしカーテンにはしたくなく、シェードに決定。
じゃ、どんな色にするかあちこち見た挙句

障子みたいに白もしくはそれに近いアイボリーにしよう

とこれに決定しました。
うっすらではありますがドレープには織柄が入っています。
出入りには少々面倒ですが、カーテンとは違う表情になり
なかなかいい感じです。そのうちドレープだけ取り替えてもいいし。

和室にはそのうち丸いちゃぶ台と民芸風の箪笥でも置こうかと。
ちゃぶ台は勿論夫婦バトルのときの私の武器です(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 06, 2010

 押井守監督「サイボーグ009」3D映像(パナソニック) in CEATEC2010

本日行ってきました!
備忘録代わりにツイッターでつぶやいたので一部内容重複&訂正してますが
レポート行きます!

昼過ぎに自宅を出てメッセにたどり着いたのは午後1:30くらい。
入場してババ混みの場内を一路パナソニックブースを目指します。
3D眼鏡を渡されステージを見た後ブースに入って鑑賞しました。
あやふやな部分はご勘弁を^^;。
ちなみに脚本は神山健治監督です。音楽は川井憲次さん。

冒頭。押井作品おなじみの聖書からの引用。
屋上から見下ろす009島村ジョー、ヘリと対峙する。
鳥瞰で爆発に包まれるヒルズ。地上へダイ ブ。
場面変わって
NYタイムズスクエア。足のジェットエンジンで空へ飛び立つ002ジェット・リンク、
再び燃えるビル外壁にしがみつく009、
その彼を別場所から捉える003フランソワーズ・アルヌール(?)
上着を脱ぎ捨てダイブすると009の元へ。顔を近づけてささやく謎の言葉(英語?仏語?)。
再び場面変わって一転海上を飛ぶミサイル、ステルスからつぎつぎ発射されていく。
標的はドバイのブルジュ・ハリファ、ミサイルがタワーを破壊していく。
そのステルスの機体にしがみついている009、
並行飛行の002がこれまた呟く謎の言葉(セリフは英語。)
そしてタイトルで終了。

こんな中身でした(^^;。5分足らず。
透明感溢れる映像はとても美しいもので3Dもそんなに違和感無かったです。
「ホッタラケの島」の技術を生かしているのかな?
背景もしっかり描きこんでて迫力満点。
所々「攻殻」を思わせるシーンはあるけれど
原作とかけ離れてはおらずちゃんと「009」になってました(私見ですが)。
気になるキャラデザインは
009ジョーの髪は栗色で目は緑、
母親が日本人のハーフという設定を生かしつつ美少年キャラに仕上がってます。
これなら原作ファンからも文句は出ないでしょう。
すらっとした体と手足の雰囲気が新ゼロ(芦田デザイン)キャラっぽいし。
002ジェットはアメリカ~~ンな容姿(ってかもろ白人)でぱっと見筋肉質、
ラストで飛行するシーンはもろ「サイボーグ」ってメカメカしい姿で
原作ファンにはかなり抵抗、、、あるでしょうな(^^;。
で、さらに抵抗があるだろう003フランソワーズは
「マジ?」な髪型、、、おかっぱは違うでしょ。
コスチュームも全然違うのでちょっと003とは思えない。
で、脚本を書いた神山監督にTwitterで突っ込んでしまいました。
お忙しいのに下さったリプライ

フランソワーズ、じゃないかなぁ~(>人<;)RT @shamonoir

でした(^^;。
IGの稼ぎ頭といえど師匠(おかっぱ好き)には逆らえなかったのでしょうか。
とはいえ美人に描いてるんですよ。
でも原作知ってるとあの髪型と行動に違和感は否めない。

舞台になった日本の六本木、NYタイムズスクエア、ドバイ・ブルジェタワー
は超高層ビル、押井監督の趣味が出てますね。
やたらと高い所に立つのは009でもあった気がするので
そのアングル自体は「攻殻」みたいとは思いませんでした。
でもって009、002、003の関係が途切れている(らしい)シーンは
神山監督らしい映像外のストーリーがありそう。
天使の羽がふわりと舞うシーンに「天使編」?と思ったり。

他のメンバーは全く出てこないけどこちらも3Dで見たかった。

野良犬の塒さんサイトの記事(画像あり)
によると
今のところ映画化とかの予定は未定だそうです。
でもこのクオリティとしっかりしたストーリーなら観て見たい。
シリーズ未完のまま石ノ森氏が亡くなってしまった今、
せめてアニメという二次作品ででも
「009」の完結をこの目で見たい、のが
原作ファンとしての偽らざる心境です。
ただ全編通して連載時の時代性がとても強い作品なので
21世紀の今映像化するのは難しいでしょうね。

と、009レポートはこれで終わりですが、
CEATECはモバイル、3Dテレビ、自動掃除機ルンバ(爆)など
最新技術が満載のイベントで新しい物好きにはオススメです。
各メーカーが凌ぎを削る3Dテレビを見比べるチャンスでもあります(混んでるけど)。
平日がダメな方は9日土曜日が最後のチャンス、見逃さないでくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 05, 2010

帯に短し襷に長し

引っ越してほぼ1ヶ月。
家の中もすっかり片付いてきれいになった、、、いやなるはずだったのですが、
今だ書籍のダンボールが1部屋を占拠しておりますorz。
原因?それは

収納

です。

旧居は狭いながらも廊下一面(といっても幅2mくらい)に作りつけ収納棚があり
私の本やらDVDに、アルバムや雑貨などもきれいに収納できました。
その収納力たるやすごかった。

しかし新居にはそんなものはありません。
平米で2割以上広くなったけど作り付け収納棚は幅60cmがリビングに一つだけ。
0.5畳の納戸は棚のない唯の空間だし(ラックを入れる予定)。
(押入れ、洋室の洋服用クローゼットは既に服やら布団で満杯です。)
ま、逆に言えば「お好きにお造りください。」なんで人によってはこれでいい。
で、
「作り付けがなければ(ラックとか本棚を)買えばいいんだよ。簡単やん。」
だったのですが、、、いざ探すと

全くもって見つからないorz。

欲しいのは

・両開きもしくは三枚扉で上から下まで分かれていないロッカー型。
・可動棚板必須、色は白かダークブラウン
・幅90cm~100cm
・高さ200cmまで
・奥行35~40cmまで(アルバムを入れるため)

なもの。ところがこれがなかなか無いんです。
本棚って基本奥行30cm未満なんですよね。
それ以上の奥行になるともう本棚じゃなくて多目的収納庫になる。
奥行40cmを越えると設置予定場所の向かい側にセラーがあるので無理。
で、奥行を満たせば今度は幅が問題、ようやく見つかったと思ったら

天井までの突っ張りタイプ

でこれまた×。なぜかダメか?扉がエアコンとぶつかるから。
奥行を満たせば幅がダメ、この2つを満たせば高さがダメ、
ようやく見つかったかと思ったら色とデザインが×。
密林に楽天、その他もろもろの通販サイト探しまくりましたが
条件を満たすのがない。
オーダーは高いし他にもそろえなきゃいけないものもあるので避けたい。

アルバムさえなければ普通の奥行きでもいいんですが、
他にアルバムを入れる場所が無いんですよねー。
相方に
「納戸に可動式の棚を作りつけて(T人T)。」とお願いしましたが、
「無理(  ̄^ ̄)」とあえなく却下orz。
はあ~~。

てなわけで旧居の収納事情を思い出しつつため息つきつつ
今日もネットを彷徨っております。
早く見つけたいよぉ(;o;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 01, 2010

都民の日(10月1日)

カメラを持って出かけた先は
Azumaya20101001
静かな庭園

でもその水辺には
Suppon20101001
「何か用?俺、餌待ってんだけど。」
睨まれたよ^^;。

押し寄せる口、口、口。
Carp20101001_1Carp20101001_3
Carp20101001_2_2Carp20101001_4
怖い(^^;。

池の主?
Bigsuppon20101001
50cmくらいあった(^^;。

「お天気いいから僕たち甲羅干し。」
Turtle20101001
そののんきさがうらやましい。

ありゃこんなところにサメが。
Gao20101001
良く見たら岩だった(爆)。

陸に目を向けると
 Higanbana20101001_wHiganbana20101001_2
Higanbana20101001_3Higanbana20101001_1_3
あちこちで咲く彼岸花。

酷暑の後、やっと訪れた秋。
お出かけも楽しくなりそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »