« 新しい空間 | Main | 月に一度のお勉強(2010/8月) »

Sep 25, 2010

「田中一村 新たなる全貌」展

公式サイトはこちら

吊り広告の絵に惹かれて見てきました。
栃木に生まれ千葉で過ごし奄美で没した田中一村(たなかいっそん)の展示会です。
お天気が悪いのに訪れる人は途切れることなく賑わっていました。

全体を見ての印象は

「日本のルソー」

ですね。
艶やかな赤とねっとりとした緑がアンリ・ルソーを思わせる。
そして植物や鳥たちの詳細な描写は伊藤若冲に通じる。
この千葉美術館で若冲展を観た人は頭の中で比べたんじゃないかな。
とはいえ気品に溢れ近寄りがたいオーラを放つ若冲と違い、
一村は親しみやすく手が届く雰囲気があります。
金銭面で何不自由なかった若冲と工場で働きながら絵を描き続けた一村、
この境遇の違いから来るものでしょう。

没するまでほとんど無名だった彼ですが、
残された作品たちはどれも艶やかで美しい。
ことに「秋色」とつく作品群はなんともいえない彩色の美しさで
人気を集めていました。
鳥と植物の取り合わせた「葦によしきり」「柿にかけす」「枯木にきつヽき」は
空白の美を生かした瀟洒な絵、床の間があれば飾りたい。
植物ばかりかと思いきや「蓮上観音図」といったたおやかな観音図、
千葉の農家を描いた「黄昏」など風景画もあり、
一村の才能が幅広いものだったことを教えてくれます。

一村は生涯独身で通し奄美の地で没しました。
その奄美で残した絵はねっとりとした緑はそのままに
のびのびとした開放感に溢れ南国のオーラを放っています。
その中で異彩を放つのは「枇杷樹の森」(作品番号199)、
モノトーンの中にかすかに入る白が視線を釘付け、お見事な一枚になっています。

この展示会はこの土日で終ってしまいますが、
単体でも若冲と比較する意味でも見たほうがよい展示会でしょう。
千葉は遠いですがご都合つく方は是非ご覧になってください。

|

« 新しい空間 | Main | 月に一度のお勉強(2010/8月) »

Comments

shamonさんのオススメに従って行ってきましたが、よかったですね~。
鶏の描写では若冲を凌ぐかと思うほど、眼に精気がみなぎってました。

濃密な空気を感じさせる奄美時代の作品が有名ですが、
風通しのよさと開放感のある千葉時代の風景画には
私も大きな魅力を感じます。
身近に置くなら、やはりこちらかな?

会場では画集もポスターも大人気で、どちらも品切れでした。
画集は再版中ですが、予約しても届くのは1ヵ月後だとか。

Posted by: 青の零号 | Sep 29, 2010 at 11:14 PM

まいどでーす。

>よかったですね~。
きっとお気に召すと思ってました(笑)。

>身近に置くなら、やはりこちらかな?
奄美の絵は飾るとすれば夏限定ですね。
通年なら千葉の絵。

>会場では画集もポスターも大人気で、どちらも品切れでした。
縁ある地での凱旋展示、彼も喜んでいるでしょうね。
早く画集が届きますように~。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Oct 01, 2010 at 05:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/49554254

Listed below are links to weblogs that reference 「田中一村 新たなる全貌」展:

» 「田中一村 新たなる全貌」展 [Biting Angle]
千葉市美術館で「田中一村 新たなる全貌」展を見てきました。 世間の評価が定まらないままに没したため、生前は個展も開かれず、80年代に至って ようやく孤高の画家として世間の耳目を集めた…という田中一村。 初出品も含め200点以上の作品が集結した今回は、没後最大の回顧展となります。 その生涯を中心に語られてきたこれまでの評価とは違った側面から光を当てることで、 一村作品の深層へと迫る、画期的な内容です。 一村は十代の前から既に筆を取っていましたが、この時期は墨がほとばしるような 豪快な筆致の水墨画... [Read More]

Tracked on Sep 29, 2010 at 09:46 PM

« 新しい空間 | Main | 月に一度のお勉強(2010/8月) »