« 月に一度のお勉強(2010/8月) | Main | 押井守 × 009 »

Sep 28, 2010

月に一度のお勉強(2010/9月)

一級だよ。蔵出しだよヽ(´▽`)/  
Ratour1994_20100921_4
昨日のエントリに引き続き、ワインスクールのエントリです。
前期最後の今月を飾る品種はCSことカベルネ・ソーヴィニヨン。
引越し後で底ついた体力バッテリをなんとか充電して
スクールへ向かいました。

CSはいわずと知れた高級品種、世界各国で栽培されています。
パリ・テイスティングやチリカベが有名になるなど
ずーっとニューワールドが優勢だったけれど
最近はボルドーへ回帰する動きだそうです。
ボルドー好きとしてはうれしい^^。
単体だとそっけない作りになりがちなので
他の品種と混醸することによりお互いを引き立てる便利な品種でもあります。
栽培地域による香りや味の違いなど一通り説明を受け、
いざテイスティングへ。

Cabernetsauvigunion_20100921glass

温度が低かったためタンニンギンギン、ちと辛い^^;。
色と香りでなんとなーくあたりをつけて結果は50:50でした^^;。
どうも中価格帯のワインには弱いねぇ。> 自分。

出たワインは
Cabernetsauvigunion_20100921

アメリカ、チリ、南アフリカ、フランス。
右端のラトゥール(グラス写真では2番)には教室が沸きました。
蔵出しで飲み頃1994ヴィンテージ、美味しかったよ~。
チリがちょっとこげこげ風味なのが気になってイマイチ。
南アフリカのCSは苺キャンディーのような香りが気になるものの
さらっとした美味しさで余韻もまあまあ、価格はなんと1000円!
ケースで買って毎日がぶがぶ飲むのにピッタリ~。
今度どこかで見かけたら買ってみようっと。
ちなみに対極にあるラトゥール1994は51000円とのこと、、、
ちょっとこれは手が出ませんね^^;。2004ならあるけどさ。
アメリカは、、うーんやっぱり好みじゃない。飽きる。

と前期全カリキュラムが終了しました。
授業後は近くのレストランへなだれ込んで
ボランジェやらカミーユ・ジローのジュヴシャン2006とか
お手ごろシャルドネとか飲んで楽しく2次会、
上機嫌で帰路に着きました。

来月から始まる後期は「リースリング」からスタート。
苦手なイタリア品種もありますが、頑張ります~。

|

« 月に一度のお勉強(2010/8月) | Main | 押井守 × 009 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/49579974

Listed below are links to weblogs that reference 月に一度のお勉強(2010/9月):

« 月に一度のお勉強(2010/8月) | Main | 押井守 × 009 »