« 月に一度のお勉強(2010/9月) | Main | 都民の日(10月1日) »

Sep 29, 2010

押井守 × 009

押井守が『サイボーグ009』の短編3Dアニメを制作(野良犬の塒さんサイト) 

ツイッターで流れたこのニュースに

私の目玉は加速装置でポーン( Д) ーーーー゚ ゚

マッハ3で飛んでった。。。。。。。。。
眠気も吹っ飛んだ午前4時。

「009」といえば日本漫画界に燦然と輝く名作であり
未完の大作なわけですが(ああ、天使編&物議をかもした神々との戦い編^^;)
この組み合わせは一体どっからでてきたのーーーっ!!

が現時点での正直な感想、、、です、はい。
というかアニメの版権って東映じゃなかったの?

さて上のリンク野良犬の塒さんの記事には昔のインタビューが掲載されていて
押井監督が一時期009のアニメ化も検討したとのこと。
初耳です(^^;。

で、展示の詳細を紹介したASCII.jpにはいくつか画像も載っています。
見ると、、、

1枚目:タイトル
2枚目:009島村ジョー(たぶん)
3枚目:巨大ビル(ブラックゴーストの本拠地?)
4枚目:男性キャラ(004アルベルト・ハインリヒor005ジェロニモ?)
5枚目:女性キャラ(003フランソワーズ・アルヌール?でも髪形が違う。)
6枚目:会場を飛ぶミサイル

うーん(^^;。
共通点は
・「イノセンス」に色調が似てる(オレンジ色が好きですな^^;)。
・キャラクターの顔が見えない(当日会場で見ろって事?)

どうなんだろう・・・・・。
いや、正直キャラの顔は気になります。
ってかキャラデザイナーは誰なんだろう?体型から見て沖浦氏?

にしてもIGがまさか「009」に手を出すとはね・・・・。
なっがーーーい原作&過去3度のTVシリーズ&3本の劇場版でも
それぞれのファンが入り乱れてあーでもないこーでもないやってきた作品ですよ。
#私はどれかというと原作&新ゼロ派です、はい^^;。
同じサイボーグ物の「攻殻」で有名なIGとはいえ、
下手に3D化したらファンの反発は必至、見るの怖いなぁ。
元々圧倒的に女性ファンが多い作品と聞きますし
#少年誌・少女誌(エッダ編は少女コミック)両方で連載した珍しい作品です。
女性受けが良くない?と思われる(^^;押井との組み合わせを
昔からのファンはどう見るでしょうか。
両方とも好きな私でも正直驚きを隠せない。

とにかく見るっきゃないですね。

|

« 月に一度のお勉強(2010/9月) | Main | 都民の日(10月1日) »

Comments

こんにちは。
私もこのニュースを見てびっくりしました。
ちなみに2月のトークショーで「六本木ヒルズを爆破する」という発言もあり公開された画像はまさにヒルズのようですね。
キャラクターに関しても今までのものを踏襲するのかどうなのか現時点ではまったくわかりませんがここ数年西尾氏と組む事が多いので同氏では無いかと想像しています。
また沖浦氏は自身の監督作の製作中そして押井さんは決別に近い状態ですのでスタッフとして参加するのは難しいかもしれません。
大阪のトークショーではP2のような作品という発言もあったのでストーリーに関しても政治的な部分が多々あるのかもしれませんね。

それと石井朋彦プロデューサーが新作は押井守監督と神山健治氏との共同作業うんぬんというような発言もあったのでこちらも期待しています。

Posted by: あみか | Sep 29, 2010 11:21 PM

はじめまして、お越しいただきありがとうございます。
ブログは時折拝見しております。

貴重な情報をありがとうございます。
なるほど沖浦氏とはそういう状態なわけですね^^;。何があったのか気になる~。

画像を見る限りスレンダーなキャラは新ゼロ芦田氏のキャラを彷彿とさせます。
西尾さんの絵は好きなので西尾さんならうれしいな。
でも009ジョーの髪型は3Dだとどうなるんだろう、、、。

>新作は押井守監督と神山健治氏との共同作業
神山氏のつぶやきでも時折師匠が出ていますね。こちらも目が離せません。

Posted by: shamon(あみかさんへ) | Oct 01, 2010 05:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 押井守 × 009:

« 月に一度のお勉強(2010/9月) | Main | 都民の日(10月1日) »