« Riesling Trocken 2008(DONNHOFF ) | Main | 夏風邪 »

Jul 23, 2010

「ブリューゲル 版画の世界」展

へんないきものが一杯だよヽ(´▽`)/
Bruegel_20100723   

Bunkamuraにて開催中。

オランダの画家ブリューゲル、誰もが一度は耳にした名前でしょう。
この展示会ではそのユーモラスな画風で
当時の風俗や思想を生き生きとそして風刺たっぷりに
彼が描いた版画たちが勢ぞろいしています。
いろんなことわざも絵には封じ込まれていて
夏休みのお子様教育にもピッタリ♪

超オススメの展示会です。

しかもこの展示会、チラシが楽しいんですよ
まだあちこちで置いているので是非入手してください。

んではレビューをば。

大暑となった今日、駅からの送迎バスでBunkamuraへ。
会場の受付の横にはスクリーンがあり、
ブリューゲルの絵をアニメーションにした映像が流れていました。
画面を縦横無尽に這いずり回るのは彼が描いた

へんないきもの

たち。展示会への期待を高めてくれます。
で、一歩入ったその先には精緻極まるワンダーランドが広がっていました。

自画像から始まり、アルプスや田園を描いた風景画、
今回の中心となる「七つの財源」シリーズと「徳目」シリーズ。
帆船、道徳と教訓、ことわざを通じた「青いマント」の世界が広がります。
ブリューゲル以外の画家の手による版画も
生き生きとした庶民の生活や祝祭の様子がこと細かに描かれ、、
当時の風俗を私たちに伝えてくれます。

なんつーか、ずっと見ていても飽きない。それほど楽しい。
伝えたいことは深いんだけど、ユーモラスで個性的な画風が
その重さを感じさせない。にやっとしながら観てしまったりとかね。
作品をアニメーションにした映像もあり(DVDも発売)、これも楽しい。
にしても彼のこれほどのイマジネーションは一体何所から涌いてきたんでしょうか。
ご本人が生きていたら頭の中覗いてみたいっす~。

そうそう、
会場のあちこちには「へんないきもの」がモチーフとしてふんだんに使われ、
休憩用のソファーのカバーリングまで「へんないきもの」が生息してます(笑)。
そのソファに座って「大きな魚は小さな魚を食う」のアニメを
天井からぶら下がったモニタで見てましたよ、ええ(笑)。

余談ですが、
アニメ作家の山村浩二さんが
「大きな魚は小さな魚を食う」をモチーフに
新作「マイブリッジの糸」を進行中とのこと。
完成品を是非ブリューゲルと見比べてみたいですね。

とても楽しい展示会ですが、
難点は版画なのでほとんどがA4サイズ程度。
100枚以上ある細密な版画をいちいち近づいて目を凝らしていると

眼が死にます。

なので

できれば単眼鏡持参で。

絶対にあったほうがいいです。お持ちの方は是非とも持参を~。

版画を堪能した後はお土産コーナー。
ここにもうじゃうじゃとやつら(笑)が
Tシャツやバッグや絵葉書に生息しております。
是非連れて帰ってあげてください。

夏休みで自由研究にやってくる子供たち向けか

ガチャガチャ

もあります。夏のお土産に丁度いいでしょうね。

開催は8/29まで。
ブリューゲルのモノトーンワンダーワールド、どうぞ堪能してください。

|

« Riesling Trocken 2008(DONNHOFF ) | Main | 夏風邪 »

Comments

こんにちは、今日も暑いですね^^;;;。
面白そうな絵ですね。
多分、接近しないといけないので、会場がすいていそうな日時を狙った方がよさそうかな。

Posted by: リラックマ | Jul 25, 2010 at 02:10 PM

こんばんはー。暑中お見舞い申し上げます。

とても楽しい展示会なのでオススメです。
でも土日は混むのでできれば平日かな。
暑いので会場までは無料バスで行きましょう(爆)。

Posted by: shamon(リラックマさんへ) | Jul 26, 2010 at 09:21 PM

ようやく見に行ってきましたが、混んでて大変でした~。
でも中身は予想どおりの見応えで大いに満足。

ガチャは思ったほどやる人がいなかったですね。
いいデキなのに、もったいない話です。

Posted by: 青の零号 | Aug 29, 2010 at 07:35 PM

あー、やっとご覧になれたのですね。よかったー。
楽しい中身だったでしょ?

でもガチャガチャが人気ないとは意外です・・^^;。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Aug 29, 2010 at 09:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/48954101

Listed below are links to weblogs that reference 「ブリューゲル 版画の世界」展:

» 「ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界」 Bunkamura ザ・ミュージアム [はろるど・わーど]
Bunkamuraザ・ミュージアム(渋谷区道玄坂2-24-1) 「ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界」 7/17-8/29 Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界」のプレスプレビューに参加してきました。 版画好きには待望の展示ということで期待はしていましたが、実際にもなかなか見応えのある内容に仕上がっています。会場にはブリューゲル76点、また同時代の画家約74点、計150点もの版画作品がずらりと揃っていました。全て版画という... [Read More]

Tracked on Jul 27, 2010 at 09:51 PM

» 夏のシブヤ奇想まつり!「ブリューゲル 版画」の世界展 [Biting Angle]
渋谷のBunkamuraにて、8/29まで開催中の「ブリューゲル 版画の世界展」に行ってきました。 チラシを見てからずっと楽しみにしてたけど、いろいろあってこの時期まで伸び伸びに。 ようやく観に来てみると、場内は細かい描写と横の説明文を食い入るように見つめる人で 壁が埋まって動かないという状態でした。 夏休みとはいえ、なんという繁昌ぶり!ブリューゲルの知名度も大きいのでしょうけど、 やはり皆さん“へんないきもの”が大好きということみたいですね。 とはいえ、ブリューゲルもへんな生き物ばかりを描いて... [Read More]

Tracked on Aug 29, 2010 at 11:37 AM

« Riesling Trocken 2008(DONNHOFF ) | Main | 夏風邪 »