« May 2010 | Main | July 2010 »

June 2010

Jun 29, 2010

LA GRILLE POUILLY FUME 2008

Pouillyfume2008_2がぶ飲みで行こう( ̄▽ ̄)。

送料6本無料シリーズ第4弾(笑)、
2008年のプイイ・フュメ~。
ちなみにお題は1800円。

薄~い金色、新しいんで脚もたいしたことなし。
白い花の香り、かすかなハーブ?味はすっきりな辛口で余韻は短い。
暑苦しかった日曜の夜にがぶがぶと飲んでしまいました。
悪くはないけどこの味で1800円ってのはちょいと高い。
やはりフランスは2500円くらい出さないとダメかしらん。

とはいえ安物にありがちな亜硫酸塩で頭が痛くなることもなく、
最後まで飲めたのはよかった。
昔安いシャブリでひっどーい目にあったので。

送料6本無料シリーズは残り2本、
ドイツのリースリング・トロッケンとボルドー・シューペリールが残ってます。
来月中には飲んじゃうでしょう。
またレポートしますね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 28, 2010

気分はもう

蒸し風呂orz。

リビングの湿度計は80%超え♪、
座ってても汗が出てきたわ。
大量のお洗濯は夕方までに乾かなくて結局エアコン乾燥、
お金が出て行きます(-_-;。

かと思ったら夕方から大雨rainrainrainrainrainrainrainrainrainrain
はぁ~~。

週間天気予報にもraincloudばかり。
当分お天道様はおがめそうにないわ~。

ま、晴れないものは仕方ない。
食中毒に気をつけて、
お酒を飲みすぎず(^^;、
気分転換しながら過ごしましょ。

皆様も体調管理などお気を付けください。




| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 25, 2010

『イカロス君の大航海』JAXA

真っ暗な宇宙の海で、僕たち頑張ってるよ^^。

あかつきと共に打ち上げられた宇宙ヨット・イカロス
かわいいマンガになりました(笑)。
DCAM1ちゃんとDCAM2君も登場です。
夏休みを意識したお子様向けへのJAXAのPRでしょうが
かわいい絵になったイカロス君になんだか心も和みます。

明日は部分月食
そしてもうちょっと経てば七夕。
はやぶさが持ち帰ったカプセルも一般公開する話もあるし、
今年の夏は宇宙を身近に感じる夏になりそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 24, 2010

「伊藤若冲 アナザーワールド」

海に鯨、地に白象。
掛け軸には弾む小動物に植物たち。
おいでよ、縦横無尽に墨舞い踊る若冲ワールドへ。

Whoelelefanto_2

公式サイトはこちら
ここ数年ブームの若冲、
その水墨画を集めた展示会です。

若冲と言えば、絢爛豪華で精密な絵が有名です。
でもこの展示会は水墨画が中心、
彼の新たな一面が観られる

ファン必見

の内容です。
後期から出展の「象と鯨図屏風」が見たくて
その初お目見えの日(14日)に行きました。
当日は平日で雨だったのに来館者はひっきりなしに訪れていました。
展示内容は若冲前史~晩年期の4つのゾーン、
年を経る毎に創作意欲が増した彼の集大成的な内容です。

元々西洋絵画の素描とか大好きです。
線のみで生み出される独特の雰囲気が好き。、
でも彼が描くと白黒の世界が白黒じゃなく
新しい色彩の世界がそこにあることに驚かされます。
白黒写真が難しいように
墨だけでどれだけバリエーションを増やせるか
彼は試し続け着色作品にも生かされたのでしょう。
どの作品も墨は濃く薄く、その筆致は時に激しく時には優雅に、
愛情とたっぷりのちゃめっ気が込められています。
紙の上に生き生きと描き出された動物や植物は
どれもこれも目が離せない楽しさに溢れてる。
その晩年の集大成といえるのが冒頭の画像「象と鯨図屏風」でしょう。

左に大海をゆったりと潮を吹きながら泳ぐ鯨、
右に年を経た堂々たる、でも切れ長の目が色っぽい?白象。

若冲齢80!を越えての大作ながら、
線はいっぺんの惑いもなく優雅に流れています。
想像だけで描いたといわれていますが、
想像だけでこんな大作が描けてしまう、のが凡人と違う。
白象はダンボなお耳(笑)やぽってりとした前足がとてもキュート、
会場では「おお、象にまつげがある。」という声も(笑)。
対する鯨は背びれ?と思いつつ
周囲の渦を身にまといながら泳ぐ姿はまさに海の王者です。

この「象と鯨図屏風」は案の定一番人気で、
どなたも左右に移動しながら眺めておいででした。
ま、平日ですからゆったり眺められたのですが、
会期残り3日間は最前列争奪戦が繰り広げられそうです。

若冲が大好きな方、国立博物館での展示会を見逃した方は
もちろん、「水墨画はいまひとつわからん」な方でも楽しめます。
残り3日ですが是非行ってみてください。オススメですよ~。

会場の注意書きに寄ると前期から相当混雑だったらしく
最後のこの土日はさらにすごい混雑が予想されます。
会場は8階ですが、1Fには並ぶ場所もほとんどなさそうなので
炎天下の中、建物の外の行列もありえそう。
ですのでこれから行かれる方は

・できれば朝一番(開場は10時)
・できれば単眼鏡持参

ですね~。
金、土は入場は夜7時30分(閉館8時)までですが
場所を考えると都内からは厳しい。
ねらい目は土曜の朝ですね。
千葉駅から近くまでバスが出ていて
現金払いのみで100円で乗車できます。

待ち時間覚悟で行かれる方には図版が一杯の
『若冲 ――広がり続ける宇宙 Kadokawa Art Selection 』
をお供にどうぞ~。

以上、レビューでした^^。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Jun 23, 2010

「Have you ever seen the rain」Creedence Clearwater Revival

今日の『臨場』最終回で
雨の中永嶋が容疑者に詰め寄るシーンにこの曲を思い出した。
『コールドケース』第一話ラストで流れた名曲。
リリーが土砂降りの中迷宮入り事件の犯人を連行するシーンだった。

奇しくも先週・今週の『臨場』は新しく起きた事件で
過去の迷宮入り事件の真相が明らかになる筋書き。
まるで『コールドケース』のような中身と
やりきれない想いを雨の中爆発させる永嶋の姿が切なかった。
犯人が捕まらない限り被害者の遺族の心はいつも土砂降りなのだ。

犯人が捕まってようやく遺族の時間が進む。
この曲を聴くたび日本にも多い迷宮入り事件が
どれもが全て片付きますように、と思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 22, 2010

尾頭対決(「銀のあん」vs「柳屋」)

どちらがお好き?
Corabotaiyaki_20100621Yanagiyataiyaki_20100621

花巡りの後、電車に乗って人形町へ。
人形町といえばドラマ『新参者』ファンの聖地。
『新参者』といえば

たい焼き~~‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

番組とコラボしてる「銀のあん」「下町の香り 薄皮醤油」(写真左)
創業90年老舗「柳屋」の「たい焼き」(写真右)

を食べ比べてきました~。
メトロ水天宮前駅で降りてまずは「銀のあん」へ。


「銀のあん」の人形町店は日比谷線人形駅入口の近く。
丁度「下町の香り 薄皮醤油」が焼きあがったのを待ち時間ゼロでげっと。
醤油が入っているため皮の色はやや濃い目。特別価格で150円。
小豆の色もちょっと濃い目、真ん中辺りに白玉が入ってます。
あんの甘さと醤油味の組み合わせが個性的な味ですが
ちょっとしつこい(^^;。こってり系がお好きな方向きです。

平らげた後、水天宮へ向かって甘酒横丁の「柳屋」へ。
10人くらいしか並んでなかったので「ラッキー(゚ー゚)」と最後尾につきました。
でもなかなか進まない。
店の前に進んで店内を覗き込むと、、、

店の中で20人くらい並んでるorz。

平日だよ?それでこの行列?唖然Σ( ̄ロ ̄lll)。
#帰宅した夜、現地企業勤務の相方に訊くと「そんなもんだ(・・)。」orz。

目の前で鯛焼きが1つ1つ焼きあがるのを指をくわえながら、
「暑いよぉ(ノ_-。)」と嘆きながら
40分か50分後に「たい焼き」をやっと買えました。140円。
で、そのお味は。

ぱりっとした皮がなかなかいい。
餡はふんわりと入っていて口に入れるともろって感じ。
甘さ控えめ。私の好みはこっちかな。
で、この柳屋で買ったものはもう1つ、

Icemonaka_20100621
アイス最中(バニラ)~。150円。
甘さ控えめのさっぱりしたバニラがぎっしり入っててうれしい。
暑い日だったので、どなたもたい焼きのついでにお買い求め。
口に入れると待っている間の疲れをやさしい甘さが癒してくれます♪
年中販売しているからいつでもたい焼きとどうぞ~。

この2店以外にも人形町はいろいろお店があります。
江戸情緒溢れる街並みをドラマを思い出して歩いてみてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 21, 2010

花巡り(向島百花園)

梅雨空にうっそうと緑、紫陽花咲く百花園。
Hyakkaen_1_20100621_2

この季節に行くのは何年ぶり?
紫陽花が咲いたと聞き向島百花園へ行ってきました。

うっそうと茂った野草の間にちらちらと花の球。
Akamurasaki_20100621Hanabi_20100621
赤紫の見慣れた紫陽花、右は「花火」。

Siroitamaajisai_20100621Purple_20100621
名前が分からずじまいの球のような白い紫陽花、良く見かける青紫紫陽花。

Gakuajisai1_20100621Sumidanohanabi_20100621
ガクアジサイと「隅田の花火」。

白、ブルー、赤紫もあるけれどここの紫陽花は寒色系が目立ちます。
誰もがうっとおしいと思う季節を爽やかに感じて欲しい、
空を向き涼しげに咲く紫陽花たちは天の使いなのかもしれません。

眼の高さにぽっと鮮やかなオレンジは柘榴と百合、
Zakuro_20100621Lily_20100621
「私たちも観てよ。きれいでしょ?」と艶やかに横目使い。
南国の美女のよう。

そぞろ歩きの足元には
Himesuiren_20100621
愛らしいヒメスイレンが一輪。
離れても眼を惹く姿が可愛らしいお姫様です。

ちょっぴり早いけど夏の使者も来ていました。
Tonbo_2010621
曇り空 札に休みし 青蜻蛉(shamon)

この時期の水分たっぷりの空気は
細い身体に重いのでしょうか。
じっと止まってしばらく動かないままでした。

水辺には亀。
Turtle_20100621
何を見上げてるの?

視線の先は
Tokyoskytree_20100621
東京スカイツリー、もうすぐ400mです。
来年の今頃は完成に近い姿が見られるでしょう。

百花園の紫陽花は今が見ごろ、
ご覧になりたい方はどうぞお早めに。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 20, 2010

『新参者』終了

あーついに終ってしまった~。

1話完結でなく連続で1つの事件を追う作品でしたが
毎回毎回「疑問と解答の連鎖」に引きずり込まれ
あっという間の1時間でした。
「事件で傷ついた人たちの心も癒す」加賀の視線は
最後まで暖かく心に沁みました。

明らかになる意外な犯人とその事情、
被害者と加害者を取り巻く真実の奥にあったのは家族の姿でした。
自分のためと誰かのための嘘はむなしく愚かであるけれど
そうせざるを得ない人間の業。
ほろっときてしまったよ(ρ_;)。

作品の舞台となった日本橋人形町は江戸情緒溢れる素敵な場所です。
原作者がここを選んだのは人と人の心の触れ合いを描きたかったから
なのでしょうね。
5年前初めて訪れた時とはうってかわり、今は観光客で一杯です。
訪れる人が増えてもあの情緒を失うことなく素敵な町であり続けてと願います。

番組スタッフ・キャストの皆様、お疲れ様でした。
よい作品をありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 19, 2010

行ってはきたけれど~

人ごみで何にも覚えてないわ~(涙)。

オルセー美術館展orz。

昼過ぎに着いたのですが、
場内は人の山で絵の前に3重4重の人垣でなかなか見えず、
途中で気分悪くなってソファにへたり込んでました。
その場所から見えたのは

ゴッホの「星降る夜」の上の部分がちょろり~。

見たかったルソーもすごい人垣、
絵に観客の頭部のレイヤーが重なってました(涙)。

私、何しに行ったんでしょうか(^^;。

平日にリベンジですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 18, 2010

月に一度のお勉強(2010年6月)

パーフェクトだよ(v^ー゜)。
Melrot_20100617

6月のワインスクール、お題は「メルロ」でした。
ここ20年ほどで一気にメジャー品種に躍り出たその歴史と魅力を
価格帯別にお勉強です。
安いものと高いものでは香りのキャラクターが違うこと、
某評論家の点数が採りやすいこと(爆)、等など、
先生からの怒涛の説明をひたすら〆(・_・)。

で、メルロといえばミッシェル・ロラン。
ワインリストを見るとロランのが入っていて
これをブラインド当てるのが課題となりました。

1・・・キャンディーみたいな甘い香り。
2・・・果実味たっぷり。バランスよく余韻も長いけど後味にちょっとえぐみ。
3・・・滑らかでシルキー。パワフルだけどしっかりエレガント。
4・・・腐葉土、干し無花果、茸?革。極上のボルドー?

1と4はすぐわかりましたが、
2と3はどっちかがチリでもう片方がアメリカ、悩みました。
でも2に感じたかすかなえぐみに「ゴーストが囁いて(笑)」、
2がチリで3がアメリカと判断しました。

結果は
Merlotwset_20100617_2
です(^^)v。
久々のパーフェクトにほっ(^。^;。

2のLapostolleは美味しかったけど時間が経つと飽きますわ。
3のDUCKHORNはアメリカ最高といわれるメルロ、
エレガントな味わいに虜になりそうでした。
でも7500円は高すぎます・・・5500円くらいでしょ。

最後はトロタノワ、ヴィンテージは1988年(20000円)。
Tortanoy1988_20100617
すんばらしい色です(^^)。
古酒なので最初の香りは「うーん(^^;」でしたが、
時間が経つにつれて急上昇♪
熟成したすばらしいボルドーの魅力全開でした。
かすかなトリュフの香り、滑らかでシルキーな口当りは
さすがポムロールの名酒です。
昔飲んだ1991年もおいしかったけどこれもおいしい^^。

と楽しい授業の後は二次会へなだれ込んで楽しく宴会。
スキップしながらの午前様帰宅となりました。

来月はシャルドネ。
どんなラインナップか楽しみです^^。 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 17, 2010

あづいっ!!!

今日の東京は30度越え~sunsunsunsunsunsun
午前のウォーキング、途中で行き倒れそうでした(-_-;。

この間入梅したばかり。
暑いけど妙に爽やかなこの天気はどーして?
近所に咲いてるタチアオイは上の部分まで花が咲いてて、

「もうすぐ梅雨明けよん♪」

と言わんばかりの勢いです。
うーむ(-_-;。

主婦的には晴れがうれしいけれど、
雨が降らないと水不足になります。
メリハリつけて降ってくれるといいんですけどねー。

暑い今日、熱中症にならないよう積極的に水分を取りましょう。
私は今日ワインスクール、夜の銀座でアルコール摂取に務めます(爆)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 16, 2010

6cmのカメラマン

あかつきとともに宇宙へ放たれたイカロス
ついに宇宙ヨットとしての姿を現しました~(^0^)。
Ikaros_20100616

って、帆の展開は先週成功してるんですけどね(^^;。
分離したカメラの画像により全景が確認されたのが今日、ということです。
サイエンス・フィクションがサイエンス・ファクトとなった記念すべき1枚。
ついに現実なったのね。この写真を見てるだけでわくわく。

この姿を撮影したのはわずか6cmの円柱形カメラDCAM2です。
一度放出されたらもうイカロス本体には戻れない運命、
わずか15分の動作なのにしっかり使命を果たしてくれました。
こちらで画像をつないだ動画が見られます。
ちっちゃな身体で頑張ったんだね。(ρ_;)。
電池が切れた今は眠りに入り、
太陽の周りを回る世界最小の人口惑星となりました。

もう1つのカメラDCAM1もいずれは飛び出す予定、
次はどんな雄姿が観られるでしょうか。
がんばれ、イカロスチーム!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 15, 2010

CREMANT DE BOURGOGNE Reserve(Cave de Marsigny)

Cremantdebourgogne_cavedemarsigny_2

6本無料で買ったシリーズの3弾目(笑)、クレマンです~。
1500円。

シャルドネ主体かすっきりしててクセがないのでおいしく飲めました。
複雑さはないけど、暑い時期にはこんなのが一番重宝します。
やっぱりこれからは白とか泡ですよね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 14, 2010

「Mr.ブルー~私の地球~」八神純子

はやぶさのラスト・ショットに思い出しちゃいました^^。

わたしに~~ちからを~~♪


30年前NHKで放送された「パノラマ太陽系」
そのエンディングに流れたのがこの曲でした。
太陽系の各惑星を特集するという科学番組。

「うちのムスメはなんでこんな硬い番組見ているんだ?」

てな両親の???な視線を背中に感じながら
TVにかじりついていましたよ(^^;。

当時著名歌手が科学番組主題歌を担当するのはとても珍しかったはず。
毎回ラストに流れるパワフルなボーカルと歌詞が映像にマッチしてた。
これ以降、宇宙から写した地球見るたびに脳内BGM♪
はやぶさチームにもこの番組をご存知の方がきっといるんだろうな。

昨年は皆既日食、今年ははやぶさ。
宇宙への興味が高まっている今、
良質の科学番組があってもいいんじゃないかな。
NHKさん、頼みます(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 13, 2010

はやぶさ帰還!

帰ってきたよ~~o(;△;)o
Goodbyhayabusa20100613_2

7年前地球を旅立ったはやぶさが夜空に帰ってきました!
カプセルを無事切り離し大気圏へ突入。
上の画像は激激重のUSTREAMからの
(音声ほとんど全く聞こえず。ぶつ切りの映像のみTT)
一瞬映った映像に、ハードコピーキーを叩いて取ったものです。

激しく燃えながら白く輝きやがて赤く、そしてもう一度白く、
これがカプセルか本体かは不明ですが、
はやぶさは最後まで偉業を成し遂げたのです。
PCに張り付いて観てた私はブラッドベリ「万華鏡」の少年だったよ。

7年もの間尽力したJAXA、関係各社のスタッフたちは
万感の想いでしょう。
お疲れ様でした。次の一歩に向けて頑張って下さい。 

最後にもう一度。
お疲れ様、はやぶさ。そしてありがとう!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Jun 12, 2010

帰還者

地球を旅立って7年、小惑星イトカワとの往復の旅を終えて
探査機はやぶさが明日地球に帰還します。

気が遠くなるような長い旅、度重なるトラブルで本体は既に満身創痍、
共に苦難を乗り越えてきたJAXA並びに関係企業スタッフは
「無事地上に降ろしてやりたい」で一杯でしょう。
でもそれはもう叶わない。
明日の夜、
はやぶさはイトカワのかけらを入れた「カプセル」を放出した後、
大気圏で燃え尽きてしまうのです。

ミッションの成果だけを残し自らは姿を消す。
その姿はまるで豊田有恒の『帰還者』、
苦渋の決断をした関係者はどんな想いで最後の輝きを見つめるのでしょうか。

あと24時間と少し、最後のミッションが無事終りますように。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jun 10, 2010

『借りぐらしのアリエッティ』予告編

作品公式サイトはこちら

今日、日テレの情報番組で一部が流れていました。
映画館では12日から上映されるそうです。

ぱっと見の印象は、、、
『トトロ』の予告編を見たときの『おおっ!』な記憶が蘇りました(笑)。

むせ返るような緑とその中に建つ家、
その中で走り回る躍動感溢れたアリエッティの動きにわくわくします。
志田未来さんのアフレコ実演も紹介されていましたが、
しっかりした発声と台詞回し、これは久々に(爆)期待が持てます。
神木君は、、、うまいけど『サマーウォーズ』? < ごめん^^;。
アフレコはばらばらで収録、、、これは気になるな。

ま、個人的には有名人キャストより
どんなアニメーターがどこを担当している気になりますね。
しかし公式サイトにはメインスタッフの名前すらろくに載ってない。
なんで?
美術は山本ニ三、男鹿和雄両氏っぽいけれど。

あと公式ブログの情報がほぼ全部動画ってのはいただけない。
皆が皆PCで見るわけじゃないじゃないんだけど。

公開まであと1ヶ月、宣伝も盛り上がりそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 09, 2010

ざくざくラー油バーガー

自宅へ戻るバスの中からぼけっと外を見ていたら

「テリー伊藤のざくざくラー油バーガー」

なる幟を発見( Д) ゚ ゚。

明日から28日までモスバーガーで発売ってさ(^^;。
具入りラー油人気もここまできましたか。
カロリーがわかんないけど相当高そう・・・。

バーガーにラー油ってどうなんでしょ?
どなたか是非とも感想をお聞かせください。

ちなみに車窓からはこんな風景も。
Skytree20100609
もうすぐ400m、展望台が出来つつあるスカイツリーです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 08, 2010

最大公約数のつまらなさ

先週、大きなショッピングモールオープンのチラシが入っていました。
我が家からは電車を乗り継いでドア・ツー・ドアで40分くらい、
大きな幹線道路沿いに建ったとのこと。
今、新しいインテリアを考え中で探し物もあったため、
昨日、「運動がてらに覗いてみるか」と出かけました。

しかし

どこかで見たようなテナント群、
どこかで見たようなフードコート、
どこかで見たような○○○○、、、、、

5分で飽きました(-_-;。
わざわざ来るものではないと後悔。

モール内のベンチに座って
「このつまらなさは一体なぜかしら~???」
と考えること数分、思い当たったのがエントリのタイトル。
つまり一番消費をしてくれるだろう年代(たぶん20代後半~30代)に対し、
(少々無理すれば)手が届く価格範囲の商品しか置いてないのが
見ててつまらない原因ではないのかと。

ウインドウショッピングの楽しさって
手が届かない高級品を見て楽しむってのもあるはず。
それが全くない。だから見ててつまんない。
値段が手ごろで1つの場所で全てが片付くという意味では効率的だけど、
寄り道の楽しさを感じられない。
でもこういう店舗があちこちに出来ているってのは
それなりに需要があるからなんだろうな。
味気ない店構えも世代によって人によっては魅力的に映るのでしょう。
業者側にすりゃこういったモールは
食べ物から娯楽の全てまで提供することにより
客を取り込んで効率的にお金を吸い上げる優秀な消費(浪費?)システムなので
どんどん作ってるんでしょう。

結局探し物も見当たらず(本屋で立ち読みした程度^^;)、
フードコート(ここがまたババ混みでした・・・・)で軽く食事をして帰宅。
夜は疲れたのか夕食中にぐったりげっそり、布団でばたんきゅー、
夜中に相方がお皿を洗ってましたよ^^;。

でも新しいところが出来たらまた行っちゃうんだろうな~。
つまらないといいつつ、この手の施設は何かの魔力が潜んでいるみたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 06, 2010

FRAMA D'OR BRUT IMPERIAL

気楽にごくごく(^^)。
Framadrcava_20100605

送料無料パックで買ったワインの第2弾~。

土曜日の午後、
所用を済ませたついでにドラマ「新参者」の舞台・人形町へ。
現地会社勤務の相方による濃い~~~~~~ガイド(^^;を耳に
歩き回って疲れ果て帰宅して飲んだのがこれです。
#ちなみに彼奴はドラマ放映前にメイサちゃんを某所で見かけたそうな。

色は薄いレモン色、
柑橘系のさっぱりした口当たりですがイースト香あり、ややスモーキーでえぐい。
で、時間が経つと獣臭(革のにおい)がぷんぷん。
黒葡萄が入っているみたい。
暖かい地方の産地なのか酸が今ひとつ弱く余韻が短い。
でも口に入った瞬間の酸味は強いので
スッキリしたい時に飲むには最高です。

お値段は1300円。お手ごろなので食前酒にもちょうどいいです^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 04, 2010

かわいいご一行(小石川後楽園)

お母さんといっしょ♪
Oyagamokogamo_1_20100604

体力増進にと3月から始めたウォーキング、
しかし自宅周辺だけでは風景に飽きるので
時折電車に乗って公園に行こう!(笑)、となります。
咲き始めた(らしい)ハナショウブと睡蓮目当てに今日は小石川後楽園~。

しかしハナショウブは思ったほど咲いていなかった(・・;)。
でも内庭にて鴨の親子を見つけ目的ちぇーんじ(笑)。
親子鴨ご一行様を追いかけて池の周囲をぐるりんぱ。
以下の写真はクリックして拡大後ご覧ください~

最初、鴨がいるとはわかりませんでした。
Kamosuiren_1
↑こんな感じだったので。

しかし先客のデジイチ軍団(皆さんいいカメラをお持ちで(^^;)のカメラの動きと
ちょこまかと葉の上を走り回る子鴨の姿で親子鴨の存在に気がつきました。
Oyakokamokame_20100604(赤い円内が子鴨)
子鴨たちが餌を探してかわいく走り回る間、
母鴨はしきりにあたりを見わたして警戒していました。
それもそのはずカラスがこの近くにいたのです。
Karasu_20100604←です。
親子が途中で芝生の岸に上がった時、
子鴨に狙いを定めて襲い掛かりました。

が、

お母さん鴨のすごい剣幕にカラスは即退散、母は強し!
その後近くにはいたものの襲い掛かることはありませんでした。

親子はその後も池のあちこちに移動、
お母さん鴨の後ろに一生懸命についていく子鴨が愛らしかったです。
やがて親子は池に流れ込む小さな川の河口から岸に上がりました。
Oyakokamo_nobori_20100604写真左下でおいっちにおいっちに(笑)。
お母さんは皆が上りきるまで周囲を警戒しながら待っています。

Oyakokamokaeri_1_20100604
「みんな、揃った?」
疲れた子は座り込んじゃってます。  たくさん遊んだからね^^。

Oyakokamogohome_20100604
「さあ、おうちに帰りましょう。」

見物客が見守る中、
親子はとことこと芝生を歩いてヤブの中へ消えていきました。

成鳥の鴨を見ることはあっても親子で見かけるのはほとんど初めて。
周囲にいた人に聞くと2組の親子鴨(もう1組は11羽の雛)がいて、
微笑ましい姿をこのところ毎日見せてくれるそうです。
ちなみに今日これらの写真を撮ったのは午前10時半~11時過ぎでした。

子鴨の成長の速度を考えると
かわいい姿が見られるのはそう長くないでしょう。
写真を撮りたい方はお早めに~。

最後にハナショウブと睡蓮の写真です。
Syoubu_20100604
園内はニ分咲、見ごろは来週末~かな?

Suiren_20100604
親子鴨に人気を取られちゃった睡蓮ですが、
水面のあちこちで清楚な顔を見せています。
鴨がいても忘れずに見てあげてくださいね^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 03, 2010

内林武史展「キカイ ノ ココロ-どんな夢を見ているのだろう?-」

キバン、ケーブル、シンクウカン。
手のぬくもりが伝わる素敵なエレクトリカルオブジェたち。
Retro Future に浸ろう。

アーティスト公式サイトはこちら
新生堂ギャラリーサイトはこちら

イラストレーター星野勝之さんのつぶやきで知りました。
立体造形作家内林武史さんの新作オブジェを含めた個展です。
なんでも今週末までというので、
底がつきかけていた体力バッテリをなんとか充電し南青山へ~。

ギャラリーの地下と1Fが展示場所となっていました。
まずは地下の展示で

空飛ぶソファFlying Sofa

から体験。
座ると同時にモーターが動いて両脇のサーキュレーターが回転、
小さなブラウン管に空撮された映像が映ります。
耳元で鳴る回転音と白黒の映像に気分は紅、いや「モノトーンの豚」(爆)。
ソファ自体も宮崎駿作品に出てきそうな代物なので
ジブリファンには受けそう、いやきっとウケる。

交差する日常(Daily)
テーブルに埋められたTV画面にはレトロな映像。
透明なカバーから生えるケーブルがなんとも未来的ですが、
アンティーク風のテーブルが落ち着いた雰囲気をかもし出してました。
手塚治虫作品に出てくる未来家具?とでも言うべきか。

これらのオブジェは木材や古い家具と電子部品を組み合わせてますが、
そのバランスが実に絶妙で見とれてしまう。
また電子部品を使っている辺りものすごーく男性にウケがよさそう。
ま、私のように基盤を眺めるのが好きって変なオンナもいますけど(^^;。
#滅多にやりませんがPCの分解が大好きなのです・・・。

あとは壁に掛けられたオブジェ(音楽プレーヤー)とか
白いテーブルオブジェ(こちらも音楽プレーヤー)とか
地下は大きめの作品が主体でした。

そして1Fへ移動。
こちらは

「魅力は分かるけどそんなでかいの置けない。小さいのないの?」

という方向けオブジェが展示。
そうですね。さりげなく壁に飾るBox Artなんてオススメ。
今回出展されていた木箱に小さな鉄塔(のようなもの)を配置したオブジェは
書斎の壁を飾るのにぴったりかな。
Room and Door(この展示会では「attic-008」が展示) なら
ナチュラルモダンな女性の部屋にも似合いそう。

あと公式サイトには見当たりませんが、
大きな真空管に基盤を入れその上にミニチュアのビルを乗せたオヴジェも
クールでかっこよかったっす(^^)。ぽんと置くとそこが未来空間になりそう。
SFファンにはハミルトン作品の都市版か?

ロマンティックさでは「センサーで光る星のオヴジェ」。
室内デートの必需品?
キラキラと光る星がとてもきれい、寝室において眺めたい。
台の下には真空管があり、その中にはあるものが入っています(^m^)。

私が気に入ったのは手のひらに乗るサイズの
「SDカードオーディオセット」(名前忘れたorz)。
丁寧に木で作られたスピーカーと本体は飾っておきたいかわいらしさ。
でもってオーディオマニアが見たら喜びそうな代物でした。

時間が合わず内林さんご本人からお話をうかがうことは出来ませんでしたが、
とても楽しい展示会でした。
1つ1つ丁寧に作られていてこれぞ職人技、と唸らされました。
またどの作品もとても心地いい空気をかもし出している。
たぶん舞台芸術制作のご経験が作品を通して出ているのでしょうね。
人の手が生み出すものの凄さを改めて感じました。

展示会は6/5まで。
場所は表参道の骨董通りから少し入ったところ。
周囲にはおしゃれなカフェやレストランも点在しているので
散策にぴったりです。外苑もそう遠くないし。
懐かしいけど近未来の雰囲気一杯の素敵なオブジェたち、
ご興味ある方はどうか逢いに行ってあげてくださいね。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

Jun 02, 2010

Food Desert

3ヶ月ほど前、かな?
NHKの「クローズアップ現代」にて知った用語です。
意味は「食の砂漠化」、
郊外大型店の進出により地元商店街が壊滅、
車を使えない高齢者が日々の買い物に困る、という意味です。
そしてここ2、3日、この現象を民放では「買い物難民」として紹介されていました。
またこの現象は過疎地帯だけでなく都心にも広がっているとの、こと。

一昨年病に倒れた私には他人事じゃなかったです(^^;。
当時は徒歩1分のスーパー(ATM&日用品売り場あり)に頼り切り。
体調が悪く食事が作れなくても近くの店に行けば食べ物が買える。
それがどれほど安心感に繋がっていたか。

ネット通販はあっても高齢者には敷居が高すぎる。
昨日見た番組ではヤマト運輸がスーパーと提携した端末を営業所に置き、
買い物してもらう試みが紹介されていました。
しかしこれとて高齢者は慣れるまで一苦労。
普通に買い物したいだけなのになんでこんな苦労するんだろうって
ご本人達は思っていらっしゃるでしょうね。
我が家から少し歩いた商店街のスーパーでは会員になることで
ある一定金額以上の買い物は無料で配達のサービスが始まりました。
でもこんなのはまだまだ少数です。

町って歩く人がいて初めて活性化する。
大型郊外店を誘致すれば活気が出来ると思いきや、
郊外店だけが繁栄して地元は廃れていく。
昨日の民放では
「街ばかり見て人を見ていなかった開発のツケが高齢者に」
の意見もありました。
住民の働きかけや業者の限界がある。
高齢化が加速する日本では誰もが年をとれば車を運転できなくなっていく。
歩いて買い物が出来る街づくりを自治体も考える必要があるでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 01, 2010

6月!

しかしお空は五月晴れ~\(;゚∇゚)/。

そりゃ晴れてもらったほうが助かるんですが、
入梅の時期というのにこの快晴がなんだか不気味なわけです。
某お天気キャスターも先月

「6月はあまり降らなくて7月に多いかも・・・」

てなこと仰っていましたしね(^^;。

週間天気予報を見ると来週頭までずっと晴れの様子。
衣替えするには丁度良いですが、、その後集中豪雨は嫌です~。

普通に梅雨が来て普通に梅雨明けする。
今年は春から異常気象なだけにそう願ってしまいます。
紫陽花の花に雨粒が似合う、そんな6月であって欲しいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »