« 観に行きたいけど行けるかどうか分からないイベント(美術・芸術)鑑賞予定リスト(^^; | Main | ブルームーン »

May 14, 2010

ベクシンスキ作品集がトレヴィルより出版

BPさんからのリプライで知りました。
謎に包まれた画狂ベクシンスキーの全貌が明らかになります。
トレヴィル偉い!

トレヴィル公式ブログの関連エントリはこちら。
ベクシンスキーの海外サイトはこちら(CG作品も含む)
気持ちの悪い絵が多いので苦手な方は要注意!
自己責任でお願いします。

97年に出版された作品集の感想エントリはこちら
#東京都現代美術館内図書室にて閲覧しました。

陰鬱・狂気・破壊で彩られたベクシンスキーの絵、
一度観たらその強烈さは脳裏に焼きつきます。
女性には目を背けてしまいたくなるような絵も多いのですが、
#正直かなり・・・です。
常人にはとても持ち得ないイマジネーションとテクニックに圧倒されてしまう。
ネットでの熱狂を示すかのように朝日新聞でも記事になりました。
#BPさん、情報サンクス~(^0^)。

今回出版される作品集は3部構成で、ほとんど知られていない
ドローイング(デッサン)も掲載されます。
既にⅠは発売済み。
続けて編集上の都合でⅡは飛ばして先にⅢが出版されるとのこと。
1冊4000円オーバーで少々高いけど買う価値はありそう。
そしてトレヴィルはゆくゆくは展示会もという姿勢、頼もしいですねー。
ブログに記述がある日本人購入者も名乗り出ていただきたい。

と、ここまで書いてちょいとネットで検索したら
こんなチャレンジャーさんがいました・・・・。

絶対開けたくない( ̄◆ ̄;)

|

« 観に行きたいけど行けるかどうか分からないイベント(美術・芸術)鑑賞予定リスト(^^; | Main | ブルームーン »

Comments

 shamonさん、こんばんは。

 ベクシンスキー弁当、僕も先日観ました。なんとマニアック。これ、作ってるのがお母さんで本当に子供に食べさせているとしたら、呪われそう。

 あと日本人の買ったベクシンスキー作品の行方? とても気になりますね。
 twitterで美術評論家の方が、大学の美学の先生(ポーランド留学していた東欧の専門家)に尋ねてみていただけるということになり、展開が期待されます。

 twitterで探索に成功して、トレヴィルに情報提示したら、展覧会の実現に動き出すかもしれないので、楽しみです。

 画集、一度観てからというのが東京ではできそうですね。
 僕は駄目だったら、絶版になってから売れば良いや、という考え方で、即ポチ。たぶん原価割れなしで売り逃げられますよ。
 たぶんずっーと持ち続けるんですけど、よほどのレベルの低さなら、、、(^^;)

Posted by: BP | May 15, 2010 at 12:56 AM

まいどです。BPさん。亀レス失礼^^;。

こんなお弁当だったらトラウマになりそうですよ(^^;。厄除けにはきつすぎます。

レビュー拝見しました。なかなかの出来みたいですね。高いので今だ決心がつかないのです、、、。

Posted by: shamon(BPさんへ) | May 17, 2010 at 08:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/48357907

Listed below are links to weblogs that reference ベクシンスキ作品集がトレヴィルより出版:

« 観に行きたいけど行けるかどうか分からないイベント(美術・芸術)鑑賞予定リスト(^^; | Main | ブルームーン »