« 飛べ、イカロス! | Main | 「セシールの雨傘」飯島真理 »

May 23, 2010

月に一度のお勉強(2010年5月)

結果は50:50(^^;。
Wineglass_20100520

今期テーマ「価格帯」第二弾はシラー(シラーズ)。
汗ダラダラの蒸し暑い夜、
途中にあったPRONTOのビールの看板に釣られそうになりながら、
スクールへ向かいました。
N先生の麗しい笑顔と共に授業はスタート~。

フランスではシラー、豪ではシラーズと呼ばれる黒葡萄は
丈夫で育てやすいためいろんな地域で栽培されています。
この2か国以外でシラー、シラーズとラベルにある物は
どちらのタイプ(仏or豪)を目指しているか、らしい。
豪では既に代名詞となっている品種ですが、
これからの大注目はワールドカップの彼の地、とな。

普段の授業ではワインは説明後に配られますが、
今回は「開かせるため」に最初に配られました。
暑い日とはいえお預け食った犬状態、ちょっと辛かったかも^^;。

価格帯授業なので4つの価格帯のシラーが出され、
リストを見ながら飲みどれがどれかを当てます。
結果は半分当たって半分外しました(^^;。
Wine_20100520
左から2つめ(仏1500円)と右から2番目(米5000円)を間違えましたorz。
温暖地域と高温地域の違いを見抜けなかった(ToT)。
右端に豪ワインは4000円以下で素晴らしいバランス、
タンニンもきつすぎず酸しっかりで品よし。買うんならコレですね。

そして左端のエルミタージュ・ラ・シャペル
Hermitagelachapel1997_20100520Hermitagelachapel1997e_20100520
ジャブレが誇る北ローヌの最高峰ワインです。
ヴィンテージは1997年。
コアはガーネット、リムは紅茶色。
葉巻煙草、土、革、紅茶、麝香、まろやかな素晴らしい口当たり~。
上品さでダントツ、きれいな古酒にうっとり~。

シラー(シラーズ)は久々に飲みましたが、
CP考えると豪がやっぱり一番ですね。
ローヌはもう手が出ない・・・。

と、今月のワインスクールでした。

6月はメルロ、何が出るか楽しみです^^。

|

« 飛べ、イカロス! | Main | 「セシールの雨傘」飯島真理 »

Comments

シラーは結構好きですが、金がないのでこの中では
イル・ラ・フォルジュしか飲んだことがないです。
豪だとケイペル・ヴェールとかもよかったですね。

ああ、一度ヘンチキとか飲んでみたい。
そしてジャブレのラ・シャペル、いいなぁ。

南アはブーケンハーツクルーフとか話題になりますが、
かの国のワインを店頭で買えるところは少ないですね。
そんな中で、最近よく見かけるのがローヌをネタにしたこのワイン。
http://bit.ly/c5nErI
味も評判良さそうですが、なんかうさんくさくてまだ飲んでません(^^;。

Posted by: 青の零号 | May 23, 2010 09:04 PM

まいどでーす。コメントありがとうございます。

一時期豪ワインに嵌っててシラーも飲んでたんですが、ここ数年はワイン会以外ではさっぱり^^;。
おいしいのはおいしいんですけどねー。

>イル・ラ・フォルジュ
これはN先生もイチオシされてました。CPが良いので注目ブランドです。

>ローヌをネタにしたこのワイン。
http://bit.ly/c5nErI
ふはは^^;「ソムリエール」で出てました。
私も一度試したいですが、
仏好きとしてはいささか複雑なものがあり今だ未飲です・・・^^;。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | May 23, 2010 11:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 月に一度のお勉強(2010年5月):

« 飛べ、イカロス! | Main | 「セシールの雨傘」飯島真理 »