« 花冷え | Main | 祝!優勝(^0^) > 高橋くん »

Mar 25, 2010

話し言葉の恐ろしさ

敗北の問題コメントの監督本日辞職を申し出た、とな。

件のコメントを聞いたとき、

「あ~あ、やっちゃったのね。」

と思いました。
世の男性には失礼ですが、
実に「男性にありがちな失敗」と思いました(^^;。

あくまで私の持論なんですけど、
女性の場合、

腹(本音)→頭(状況判断)→(変換)→口(言葉)

という順番で本音を言葉にしてて口から出す。
つまり
「これを言ってもいいか?」
「もうちょっと上手い言い方はないか?」
とか大体考えて差しさわりの無い言葉に変換(苦笑)することが多い。
たまにそうでない人もいますが(^^;。

でも男性の場合、

腹(本音)→口(言葉)

って傾向が強い。
つまり頭で考えず良くも悪くも本音をぽろっと口から出してしまう。
我が家でも相方がぽろっと言った言葉に

「腹から口に行く前に頭を通さんかいっ( ゚皿゚)!!!」

と、私がブチ切れたことがありますからねー。

そもそも話し言葉ってのは

「訂正」

できない代物です。
言った側は「そんなつもりじゃなかった」でも、
受け取る側は心で受け取るわけですから
中身によっては傷つくし憤慨する。
後からどんなに弁解しても挽回は無理。
女性はこれがよくわかっているから言葉も選ぶけど、
男性は今ひとつわかっていないことが多い(私見ですけど)。

話を戻しますが、
この監督さんにとって
敗北がどんなにショックだとしても

「21世紀枠に負けたことは末代までの恥です」

これを言っちゃあおしまいでしょう・・・。
せめて「自分たちに驕りがあった。」とでも言えばよかったのに。
抗議の電話に応対する学校職員さんや
予期せぬ騒動に巻き込まれた生徒たちがなんとも・・・。
監督は結局無期限謹慎の処分となりましたが、このまま辞任しそうですね。
今まで頑張られたでしょうに、、、全てを失ってしまう可能性も高いです。

つくづく話し言葉ってのは怖い。
そう実感させられた一件でした。

|

« 花冷え | Main | 祝!優勝(^0^) > 高橋くん »

Comments

この記事は読みましたけど、格が違ったのかどうか知りませんが、普通はお互いの健闘を称えてとなるのでしょうね。写真で見る限り、なにか発破の掛け過ぎで暴力事件でも起こしそうな御仁にも見えますが、これも言ってはいけません。

男性女性の比較ですが、私は感情ダイレクトの女性を何人も知っていてその相違はないと思いますね。やはり性格だと思いますよ。そういう直截型の人はご自分でも「裏表のない善人」だと考えていらっしゃる人が多いのです。

上のご本人も相手を侮辱しようとは思っていなかったのは信じます。しかし、曲りなりにも青少年教育の現場にいることを初めから忘れていることは責められるべきでしょう。

Posted by: pfaelzerwein | Mar 26, 2010 11:32 AM

こんにちはー。ドイツもそろそろ暖かいでしょうか。

>これも言ってはいけません。
確かに。
かなり(^^;怖そうなお方ですが、
髪型とか服装は個人の自由ですもんね。

>感情ダイレクトの女性を何人も知っていて
大変ですね(^^;。
そういう方々は「自分は何を言っても許される」って考えなのかもしれません。
だから口から出る。

この一件の少し前に別番組(健康系)で説明してましたが、
脳の構造から男性は目の前の問題を直線的に考え、女は多角的にものを考える傾向があるらしい。
なので男性のほうがつい”言ってしまう”ことが多いと。

私の周囲でも

急病で救急車に運び込まれた妻に
「俺の夕食は?」と言っちゃった夫

てな事例がありました。

これは極端な例ですが
女の目から見るとやっぱり男性って"やっちゃう"ことが多いです。
既婚女友だちとの会話でも
「男(夫)ってどうして言っていいことと悪いことの区別がつかないのっ!」
ってなコメントが多い・・・・。
日本人男性の特性かしら(^^;。
欧米の男性はそんなこと無いのかな?
ちなみに前述の「俺の飯は?」男性は
後日妻に捨てられました。
私も含め友人一同「捨てて正解。」。

話を戻しますが、
私もこの方は相手を侮辱する気は更々無かったと思います。
適切な言葉が出なかっただけ。
しかし教育的イベントであの発言は教育者として思慮が無いと責められるのは仰るとおり当然でしょう。
たった一言、されど一言、言葉ってほんと怖いです。

Posted by: shamon(pfaelzerweinさんへ) | Mar 28, 2010 10:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 話し言葉の恐ろしさ:

« 花冷え | Main | 祝!優勝(^0^) > 高橋くん »