« びゆんっ!! | Main | 鏡よ鏡よ、教えておくれ »

Jan 22, 2010

愛のヴィクトリアン・ジュエリー展

渋谷Bunkamuraにて開催中、公式サイトはこちら

世の中不景気の真っ只中、
我が家では長年使った電気ストーブが昇天(爆)と寒い話ばかり。
ひと時でもゴージャスな気分に浸るため
お友達といそいそとBunkamuraへ行ってまいりました。

19世紀若くして王位に就いたヴィクトリア女王は
偉大なだけでなく愛を貫いた一人の女性としての顔と
流行を作り出すファッションリーダーの顔を持ち続けました。
その彼女の時代から現代に至るまでの英国王室のジュエリー展です。

でもヴィクトリア時代といえば個人的には
森薫さんのヴィクトリアン・ロマンス『エマ』(アニメ版は『英国戀物語エマ』)を
思い浮かべちゃうんですけどね(^^ヾ。
ジェントリィ(上流階級)の息子ウィリアムと
彼の元家庭教師の家で住み込みメイドのエマとの
身分違いのラブストーリーは多くの読者を魅了。
この作品で描かれたファッションを頭の片隅に再生しながら、
鑑賞していきました。

目当ては勿論
Pinktoparz
「ピンクトパーズ&カラーゴールドネックレス」ですよ。
淡いピンクのトパーズがきらきらと照明に映えて美しゅうございました(^^)。
他にも目を奪う美しいジュエリーがずらっと並んで、
目の保養しまくり~。

昨年観た
『ヴァン クリーフ&アーペル「ザ スピリット オブ ビューティー展 時空を超える美の真髄」』
と肩を並べる豪華さです。
違いを言えば
ヴァン・クリーフはシンプル&モダン&宝石の数で勝負!
こっちははゴールドの量で勝負!
でしょうか(笑)。
そして共通するのは
「幸せな女性のために煌びやかなジュエリーは存在する」
です。
後半出てくる「ジェット」と呼ばれる真っ黒な宝石(というか木の化石)が
夫の喪に服したヴィクトリア女王の哀しみを現しているだけに
そのことをとても強く感じました。

ジュエリーを一通り観た後には美しいレースがいっぱい。
で、思い出すのは『エマ』の1シーン。

「何かプレゼントする。」と言い張るウィリアムに
「レースのハンカチを1枚持てたら」とエマは控えめに話す。
ウィリアムから渡された包みを開いて

「レースってずっと夢だったんです。」

とほをを赤らめるシーンが二人の階級差を表して印象的でした。
当時はとても高価なものだったようです。
今でも汕頭(スワトウ)のハンカチなどは1枚10000円以上、
庶民には手が出ない代物です。

会場の最後にはアフタヌーン・ティーの展示、
「あーこんなお部屋ならこんな茶器も似合うよね~。」と
実も蓋もない発想(^^;。
家にはとても置けないけれど(銀食器は手入れが大層難儀です・・・)
せめてホテルのティールームくらいは頑張って行ってみようかな(笑)。

美しいジュエリーやレースが夢の世界へ誘ってくれる素敵な展示会です。
きれいなものが好きな女性にオススメです^^。

|

« びゆんっ!! | Main | 鏡よ鏡よ、教えておくれ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/47362940

Listed below are links to weblogs that reference 愛のヴィクトリアン・ジュエリー展:

« びゆんっ!! | Main | 鏡よ鏡よ、教えておくれ »