« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

Dec 31, 2009

大晦日

皆様、こんばんは。
お忙しい中当ブログにお越しいただきありがとうございますm(__)m。

1年とは早いもので2009年が終ろうとしています。
私の1年を一文字で表すならば

「迷」。

迷いまくった一年でした。
まず年明けから春先までは不安の中で過ごしました。
思うように動かない体と回復を焦る気持ちの間で
無理をしては寝込む、その繰り返し。
4月に入り少しずつ体調も上向いて「これから」と思った矢先に
我が家の一大事「セラー故障」(^^;、
これは堪えました・・・・・・・・・・・・・・・・。
ぶっ倒れる原因は他にもあったのですが、
セラーの故障で止めを刺されて5月中はもうぐったり。

病気をして初めて気づきましたが、
人間、体力がないと気力も湧いてきません^^;。
20分座っているのがやっと、な状態を一度経験すると
自分の体調に自信が持てない。
気力を振り絞れるのはある程度の体力があってこそ、
失って初めて知る健康のありがたみ、骨身に沁みました^^;。

嵐の5月が過ぎて、6、7、8月は緩やかではあるものの回復に向かいました。
8月の末に風邪と身内の不幸があったものの何とか持ちこたえました。
9月からはいろんな事がよい方向に動き出し、
10月、11月と夫婦揃ってヘルペスバトル(爆)はあったものの(相方
二人とも大事に至らずに回復に向かいました。
そして師走もいろいろあるものの無事に大晦日を迎えております。
迷い迷って辛かった1年でしたが、いい経験が出来たと思えばいい。
辛かったことも今思えば笑い話ですね。

ちなみに相方の一文字は「苦」、仕事に追いまくられた後半を意味しているらしい。
来年は健康に気をつけて頑張って欲しいと思います。
って、健康管理をするのは嫁の私ですが(笑)。

今年一年、皆様にはお世話になりました。
多くのコメントやトラックバックは病気の身には励みになりました。
本当にありがとうございました。来年も頑張ります。

あと2時間ちょっとで2010年、
どうぞよいお年をお迎えください。

そして来年も「ひねもすのたりの日々」をどうかよろしくお願い致します。

shamon 拝

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 29, 2009

冬休み

私は25日、相方は昨日28日で仕事納めとなり今日から冬休み~。
ちょっとした用事もあるし銀座に行く予定でした。

しかし朝から相方仕事用携帯に着信・・・客先でトラブル発生ってさorz。
仕方ないですねー(苦笑)。
なんだかんだで昼過ぎまで相方が対応に追われ、
出かけるタイミングを逸したので家でゆっくりすることとなりました。

ネットしたりたこ焼き作って食べたりとだらだら。
夕食を食べた後はお定まりの酒盛りコース(爆)、
昨日の残りの日本酒を頂きながら肴をつついてました。
締めは冷やしそうめん。
今考えれば大掃除すりゃいいのに何やってたんでしょう(苦笑)。

今年もあと2日、掃除とゴミ捨てに頑張らなきゃ(^^;。

| | Comments (0)

Dec 27, 2009

鯉川 出羽の里 純米吟醸 うすにごり(鯉川酒造)

白い物同士好相性?
Koikawanigorisyu_091227

今日は外出ついでにお昼を都区内の某蕎麦屋で頂きました。
しかし少々食べ過ぎたため「夜は軽めに」と湯豆腐にしました。
しかし何か物足らない(・・)。
そうか、鍋物には日本酒だよねとこれを引っ張り出しました。
山形県の純米吟醸酒です。
いつもおせわになっている方からお歳暮に頂きました。

にごり酒ってのは翌日悪酔いしそうで今まで敬遠していたのですが、
これはコクはあるのに後口すっきりで吟醸香も控えめでおいしい^^。
ネットで調べたら「出羽の里」ってのは米の品種名なんですって。
日本酒米と言えば「山田錦」しか知らないので勉強になりました。

日本酒もいろいろ飲んでみたいですが、
ワインで手一杯だからなかなか手が回りません。
日本酒の勉強会とかがあれば来年は参加してみたい。

・・・・その前に飲みすぎの肝臓を労わらなくてはね^^;。
昨日はシャンパーニュに今日はコレ、まずいなぁ。

年の暮れ、皆様も飲みすぎにご注意あれ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 26, 2009

Champagne Entre Ciel et Terre NV(Francoise Bedel)

"天と地の間で"生まれた柔らかなシャンパーニュ。

Entre_ciel_et_terre_01_091226Entre_ciel_et_terre_02_091226

23日のイブイブに飲む予定でしたが、
二人して布団の中(相方は徹夜明け朝10時帰宅&私は風邪でダウン)。
24、25日をすっ飛ばして本日ようやく開栓と相成りました。

買ったのは肝炎でぶっ倒れる寸前だった昨年9月、
1年以上寝かせての登場です。
造り手はフランソワーズ・ベデル、
キュヴェの名前はアントル・シエル・エ・テール(意味は「天と地の間で」)です。
きれいなエチケットに釣られて
深く考えず^^;買ったのですが当たりでした(^^)v。
お値段は6500円。

セパージュは
ピノ・ムニエ74%、シャルドネ14%、ピノ・ノワール14%。

Entre_ciel_et_terre_03_091226

黒葡萄主体とあり濃い目の金色、
イースト香が強くきますがイヤミではない。
冷えていると酸味が強く感じるけれど、
温度が上がってくるとピノ・ムニエの持ち味が出てきますね。
穏やかな口当たりとかすかに感じる苦味がピノ・ムニエ主体らしく、
シャルドネとピノ・ノワールの酸が最後のフィニッシュをきれいに奏でます。
女性らしさを考えるシャンパーニュですね。
飲みやすいので3時間掛けて一本あけちゃいました(^^ヾ。

お値段はやや張りますが、穏やかな味は好感が持てます。
エチケットも華やかできれいだし何かと人が集まるこの季節には
ピッタリではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 25, 2009

『光都東京 フラワーファンタジア』 

昨日に引き続いて『光都東京』の写真をお送りします(^0^)/。
Shinmarubirutree_091225

上は丸ビルのクリスマスツリー。
一足早く仕事納めだった私、うきうきと眺めながら撮った写真です。

そしてこのツリーの斜め前からは
Marunouchinakadori1_091225

シャンパンゴールドの光が丸の内仲通りを包んでいます。
テーマは『フラワーファンタジア』、
歩道に敷かれた花と空中を舞う光の競演です。
上を見上げる人、「かわいいね。」と足元を眺める人、
クリスマスの仲通りは楽しそうな人で溢れていました。

Marunouchinakadori2_091225Marunouchinakadori3_091225

光の玉、電飾で作られたツリーに歓声が上がります。
右写真の中央にある緑の線が、光ファイバー?でかたどられた花みたい。

Marunouchinakadori4_091225Marunouchinakadori5_091225
敷き詰められた生花の上を電飾が走っています。
使用されているのは勿論省電力LED、
環境へ配慮したイルミネーションはこれからもどんどん広がっていくでしょう。
こちらのイルミネーションも29日まで、観たい方は急いでくださいね。

クリスマスが終れば時計の針も年末へまっしぐら、
皆様が大過なく残り7日間をお過ごしになりますように。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 24, 2009

Merry Christmas 2009

今宵はクリスマス・イブ、皆様いかがお過ごしですか。

我が家のイブは相方が仕事で忙しいので食事はいつもどおり、
ワインは週末ですねー~。

皆様には東京駅周辺で取った写真などをカード代わりに。
どうぞご覧くださいまし^^。
Sankeichristmastree091218
大手町サンケイビルのクリスマスツリー、
今年はグリーンが基調でちょっとおとなしめ。

Ootemachinomurabd091224
こちらは大手町野村ビルの公開空き地のイルミネーション、
浮かぶ光の玉がなんだかかわいい。
先週までは無かったんですけど、はていつの間に?

下は再開発が進む丸の内~大手町の写真です。
Ootemachisaikaihatu1_091224Ootemachisaikaihatu2_091224
大手町の工事現場ではスーパーゼネコンの看板を見かけます。
それだけ観ていると景気がいいのかな、と勘違いしてしまうくらい
どんどん開発が進んでおり、あと数年後には高層ビルが立ち並ぶのでしょう。
TVで観たとおりに『TOKYOモンスター』はどんどん人もお金も吸い込んでいく。

最後は『光都東京』、アンビエント・キャンドルパーク
Candlepark3_091224_4
Candlepark1_091224Candlepark2_091224
<明り絵ファンタジア>、
「地球・環境・平和」をテーマに
著名人及び千代田区の子供たちが描いた絵が
キャンドルライトに浮かび上がります。
その隣には
Funsui2_091224Funsui4_091224

「氷の樹氷」、白い光が冬の夜空にそびえます。
Funsui3_091224   
後ろに見える半円形の建物は和田倉噴水公園レストラン、
テラス席ではカップルの姿もちらほら。
キャンドルパークは26日までなので、
一足早く明日仕事納めの方はその足で行ってみてはいかがでしょう?

未曾有の大不況で気分も懐も寂しい限りですが、
せめて今夜だけは楽しく過ごしたいものです。

改めてMerry Christmas、皆様にたくさんの幸せが降り注ぎますように。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Dec 21, 2009

トコトコタチコマ

「到着が遅れてごめんなさ~~い。」
↑タチコマ役玉川さんの声でお読みください(笑)。

Tokotachi_stage091221

トコトコタチコマが我が家にやってきました。

11月頭の発売時は忙しくて出遅れてしまいゲットできず。
昨日久々にアマゾンを覗いたら「在庫があるじゃない~( ̄ー ̄)ニヤリ。」とポチッ。
本日我が家へやってきました。
パッケージに入った写真は↓。
Tokotachipackage091221
自分へのちょっとしたクリスマスプレゼントかな(笑)。

動くのは後ろ足のみ、他は全て固定です。
動作モードは2種類。
・トコトコ歩く
・その場でじたばたする(笑)←ポッド下部の突起物を外すと座るポーズになる

どっちの動作も実にかわいくて癒されます(^^)。
9体揃えて動かすと楽しいかも^^。
これでしゃべってくれれば完璧ですけどそれは無理なんで、
ロボ・ガレージさんが以前作ったタチコマの動画でガマンしましょう。
#ロボ・ガレージさんのHPはリニューアルされてます、かっこいい~。

『攻殻S.A.C.』シリーズを通して健気で愛らしかったタチコマ、
今もファンはたくさんいます。
今度逢えるのはいつのことでしょうか。
神山監督の次回作は是非『攻殻S.A.C. 3rd』にしてほしいわ。
頼んまっせ、IGさん(笑)。

当ブログ タチコマ関連エントリ
☆『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX TACHIKOMA'S ALL MEMORY しょく~ん!』
電脳タチコマナ日々
Perfect Piece タチコマ
電脳超合金タチコマ
タチコマなCM その2
タチコマなCM^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 19, 2009

ジブリの新作は来夏公開『借りぐらしのアリエッティ』

公式サイトはこちら

「スタジオジブリの次回作は新人監督。」
とあちこちで情報が流れていましたが、
16日に正式発表があった模様です。

原作はイギリスの児童文学作家メアリー・ノートンの『床下の小人たち』、
企画は宮崎駿、監督はアニメーター米林宏昌、
主題歌も既に決まっています。
公開は来年の夏、とのこと。

ようやくまともな人材を出してきたか、が正直な感想かしら(゜゜)。
『ゲド戦記』はまー今更言うのもなんですが
よくあんなので金が取れたわね、って代物だった。
低下したブランドイメージを何とか『ポニョ』で取り返したものの、
他社の次世代監督たちが凌ぎを削る中、ジブリだけが置いてけぼり。
かなり尻に火がついてるのは明らかですね~。
(我ながら相当辛らつなこと書いてるなぁ^^;)。
ド素人の息子なんかよりこの人を最初から出せばよかったのに。

さて、BPさん(究極映像研究所)の記事によると、
米村監督はジブリ美術館で上映された『めいとこねこバス』の演出を
手がけているようです。
この短編、観た人に聞くと評判良いのよね。
初監督となるこの作品でどんな演出手腕を見せてくれるでしょうか。

そしてこの作品の(興業面だけではない)成功が
今後のジブリの方向性と未来を決める気がします。
若手輩出ではずっと他社の後塵を拝してきたジブリの巻き返しなるか。
そういった面でも注目です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 18, 2009

寒波襲来

今週から日本全土に寒波が襲来しました。

さぶいっ!!!


今週頭からずっと死にそうに寒いっす(ToT)。
顔の真ん中の通気口から
たらたらと液体が出てきて
ずーずーすすり上げてます。 < 汚い(--;。

暖冬っていってたのに、結局ちゃんと冬は来るのね。
景気のことを考えたら寒いほうがいいけれど、
正直、冬眠したい。
それがダメならせめて体中の感覚器官をオフにしたい。 < できんがな^^;。

月曜日は耐えたものの、
火曜日は案の定風邪引きモード。
水曜日に行った病院はババ混みで2時間近く待たされたorz.。
木曜日は風邪薬で頭ボケボケ、仕事中キーボードにお茶こぼした(--;。
#デスクトップなので本体は無事^^;。
金曜日の今日、ようやく小康状態になりましたが
週末というのにワインを飲む気になれません。

でも相方はDRCエシェゾー2006を飲んでる(はず)・・・・。
悔しい~~っ( ゚皿゚)キーッ!!!!!

一人で家にあるクリスタルでも開けようかしら。
それともビルカール・サロモンか、はたまたドゥラモットか。
そういや買って寝かせてあるアイスヴァインがあったっけ。
でもこの体調で飲んでもおいしくないしー。

てなわけで暖かいレモンティーなど頂いております。
お茶菓子は近所で買ってきたバウムクーヘン。
甘いものって心が温かくなりますから
今日みたいな日はこんな組み合わせが一番いいのかも。。

予報に寄ると当分寒さが続きます。
日本海側や東北は雪が降り続く様子なので
当該地域の方はお気を付けくださいまし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 17, 2009

月に一度のお勉強(2009/12月)

もう先々週になりましたが今年最後のワインスクールに行ってきました。

「香りを極める」第3弾でお題は「スパイス」、18種類が出ました。
想像通り難しいというか
私の回答は散々な結果になりましたorz。

スターアニスをブラインドで当てて意気揚々もつかの間、
クミンとキャラウェイシードの区別がつかないorz。
ジュニパーベリー?それ何?
えーっ、ピンクペッパーって胡椒の仲間じゃないの?
コリアンダーの種なんて観るのも嗅ぐのも初めてっす。

・・・てな具合で正答率は・・・ふははは~。

事前にN先生から
「難しいですよ^^。」とお言葉があったとはいえ
日頃スパイスを使っていないことがバレバレでございました・・・。
ふはは^^;。
でもいろいろスパイスが嗅げて勉強になりました。

嗅ぐお勉強の後にはワイン。
Wineschoolglass091204

全部ブラインドで品種と国とどんな香りがするかをを挙げていきます。
1番の白はなんだか覚えのある香りと味に濃い色。
この雰囲気、銘柄わかんないけどもしかして造り手はマルセル・ダイス?
当たりました(^0^)。

2番はスペイン・リオハの赤、3番は豪・クナワラの赤、
4番はフランス・コート・ロティ。

それぞれ銘柄は
Wineschool091204
です。
人気はやはり1番のマルセル・ダイスの「Mambourg Grand Cru 2007」。

授業後は皆でワインバーになだれ込んで忘年会、楽しいひと時でした。

1月は熟成がテーマ、どんな香りの元が出てくるかな?
楽しみです^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 14, 2009

HIGUERUELA 2008

Higueruela2008

cyazさんから頂いたワインその2です(その1はこちら)。
スペインでグルナッシュ100%。

これなんだか、ガメ(ボジョレーの品種)みたい(^^;。
煙草、イチゴキャンディー、ラズベリージャムと赤い果実の香りがします。
そう、まさにあのガメのような甘い甘い香り。
相方は

「こりゃ桑の実だね。あと干草。」

桑の実?干草?
茹でた蝗同様、私にはわかりませんorz。

味も香りと同じでフルーティ(人によっては甘ったるい)で
渋味が少ないため、普段赤を飲みつけない人には飲みやすいでしょう。
かしこまるよりパーティとかでわいわい言いながら飲むワインですね~^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 13, 2009

亀戸天神参拝

寒空の下、亀戸天神を訪れました。
健康回復を祈願した今年のお正月からほぼ1年、
無事元気になったのでお礼参りです(^^ヾ。

城東地区に住む人にはおなじみの神社ですが、
初詣の賑やかさとはうって変わって
境内は訪れる人も少なく静かでした。

空へ伸びる東京スカイツリーが境内から見えます。
(手前は初夏に名物となる藤棚)
Skytree091213

12/4現在の高さは231m、着々と工事が進んでいます。
来年の今頃は2倍くらいの高さになっているでしょうね。
下町風情が魅力的なこの界隈もいろいろと変わっていきそう。

境内の池で青い宝石を見つけました。
Kawasemikameido091213
背中のブルーも鮮やかな翡翠(カワセミ)です。
こんな都会の池にいるなんて~。
下くちばしが赤いのでどうやらメスみたい。

時折水面にダイブしては小魚fishをゲット、
くわえて食べる姿は愛らしく目を楽しませてくれました。
翼を広げた瞬間をカメラに収めたかったけれど、
如何せんコンパクトデジカメでは無理~(TT)。
やはり一眼デジカメを買うべきか・・・。
なので広げた翼の美しさは名カメラマン・嶋田忠氏の写真集でどうぞ(^^ヾ。

帰りは蔵前橋通り沿いの小さな珈琲専門店でcafeBreak。
Blackswancoffee091213_2 
オリジナルブレンド3種類(↑写真上から3つ)の中から、
「ブラックスワン」(爆)を頂きました。
苦味とコクが売りでアフターがスッキリした味は
「東のエデン」あの女みたいで印象に残ります(笑)。
このお店ではイートインだけでなく厳選した豆も販売してるので
珈琲好きの人は要チェックです。

今年も残り2週間とちょっと、
クリスマスが終ったらあっという間にお正月がやってくる。
忙しい年の瀬、つつがなく過ごしたいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Dec 10, 2009

冬の恋人?

コンビニで発見(・・)v。
Miniyukimidaifuku091210

ロッテの「雪見だいふく」のプチバージョンです^^。
1個30円~*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

普段はワイン漬けで辛党の私ですが、
寒い季節に暖かい部屋の中で食べるアイスクリームだけは別格です。
でこれは先日セブンイレブンで見つけて即買い!でした。

スーパーなどでは売っていないので限定商品みたい。
ちょっぴり甘いものが欲しいときに食べやすいし、
カロリーも20~22Kcalと控えめ。
冬の夜長、(お腹の)虫抑えにぴったりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 09, 2009

CS放送「ハンサム☆スーツ」

映画公式サイトはこちら
ストーリーはこちら、です。

休日の時間つぶしにと見た映画でしたが、
思いのほか面白かったです。
誰の心にも潜む”変身願望”を軽妙にコミカルに描いてて楽しめました。
ラストは途中でわかってしまうけれどハッピーエンドでよしよし^^。

冴えない主人公には『間宮兄弟』の塚地さん、
ハンサムスーツを着たときの姿に谷原章介さん。
2人1役なわけですが、
クールなイメージの谷原さんが三枚目を熱演してて笑えます。
モデル出身の人は台詞回しがイマイチと感じることが多いのですが、
谷原さんはしっかりしてますねー。
関西弁もばっちり、意外な一面でした。
他の面々も個性豊か、ってか伊武雅刀さんやはり貴方は怪優っす^^;。

今時の映画にありがちなコラボは
「洋服の青山」と「東京ガールズコレクション」、
映画の中でもさりげなく、ではなく堂々と出すあたりなんかすごい(苦笑)。
ここまでやればあっぱれ、です。

でもハンサムスーツのデザインがコレに似ているのはオマージュ?
「○○をかぶるとスーツがシワシワになり元の姿に戻る」
ってのはこれみたいなのが難点かな。
小道具とはいえもっとオリジナル性を出して欲しかった。

ちなみにVFX担当はオムニバス・ジャパン、
現実映像との馴染ませ方がとても上手でしたねー。
さすがコレを作った会社であります(笑)。

いろいろと集まる機会が多いこの季節、
皆でわいわい言いながら見るときっと楽しいでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 07, 2009

クリスマスツリー

Mikimototree091204_2

銀座ミキモトのクリスマスツリーです。
先週末、ワインスクールへ行く途中に撮りました。
例年に比べるとややおとなしいデコレーションな気がしますが、
それでも気分は華やぎます。
大勢の人がカメラを向けていました。

対照的だったのはソニービル、
ここのツリーをいつも楽しみにしていたのですが、
今年は、、、

ツリーがなくツリーの壁画になってました(涙)。
例年の人だかりもなく寂しい限り。
4年前はこんなに素敵なツリーがあったのに・・・。
先の見えない不況に苦しむソニーの現状がうかがえます。

そしてここから程近い有名宝くじ売り場は長蛇の列、
これもまた不況の証です。
夢を持たなきゃやってられませんもんね。

昨年から株安円高デフレへ突入と不況真っ只中ですが、
それでも時は過ぎてもうすぐクリスマス。
年末へ向けて明るい話題が増えることを祈っています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 05, 2009

LA TACHE 2006

今年もお着きになりました^^。
Latacheechezeaux2006

といっても、
右側は例によって一時滞在です(^-^; 。

ラ・ターシュ2006ですが、
2005ヴィンテージより2割↓でした。
もう少し下がってくれると嬉しいんだけどな。
1995年から毎年買い続けて合計12本となりました。
(1997年のみ最初購入分は飲み、再度1本購入しました)
そろそろどれか開けた方が良さそうですが、
koichiさんによると「1997年は閉じている。」なんですよねー。
悩ましいなぁ。

ともあれ今年も無事入手できてほっ。
きれいに熟成するといいな。大切に保管します(^0^)。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Dec 03, 2009

第13回文化庁メディア芸術祭 発表!

公式サイトはこちら。

今年度の文化庁メディア芸術祭受賞作品が発表されました。

アート、エンターテイメント、アニメーション、マンガの4つの部門で
それぞれ受賞作品が決まりましたが、
一番気になるアニメーション部門大賞は

「サマーウォーズ」細田監督

やっぱり~(^^;。

あの仕上がりでは誰も文句はつけられないでしょう。
「時をかける少女」に続いての受賞、おめでとうございます^^。

神山監督の「東のエデン」は惜しくも審査委員会推薦作品。
で、今公開中の劇場版Ⅰと来年のⅡはどうなるのかな?
同じく審査委員会推薦作品には、
小説家乙一の脚本デビュー作「ホッタラケの島」が入りました。
今後に期待です。

そして特別功労賞には

天才アニメーター 故・金田伊功氏が選ばれました。

今年の夏、急逝した金田氏はその独特のアニメート技術で
数多くの宮崎駿作品を支え、日本のアニメ業界に多大なる功績を残しました。
「天空の城ラピュタ」のシータ奪回シーンは金田氏あっての名場面です。
天国で喜んでくださっていることを祈りつつ改めて合掌。

受賞作品は来年2月3日~14日まで国立新美術館にて展示上映されます。
楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 02, 2009

『東のエデン 劇場版I  「The King of Eden」』神山健治監督

「ノブレス・オブリージュ。今度逢う時は素敵な王子様たらんことを。」

あの日、コンシェルジュが消した彼の記憶。

だけど

「咲、信じてくれてありがとう。
俺はずっと、君と一緒に旅した場所にいます。」

遅れてきたメッセージを胸に彼女は旅立った。

The Catcher in New York.

もう一度二人から、物語が走り出す。


公式サイトはこちら
前日談にあたるTVシリーズの各話感想は
こちら(1011

以下、ネタバレありなので未見の方はお気をつけくださいまし~。

TVシリーズ終了から早4ヶ月、滝沢朗が帰ってきました!
シリーズの続編であり劇場版のⅠにあたる「The King of Eden」が
満を持しての登場です。
観たのはもちろん舞台となった聖地(笑)豊洲の「ユナイテッド・シネマ」
ショッピングモール内の書店でも
「聖地・豊洲」の手描きPOPで飾られたエデンコーナーがあり、
映画館ゾーンにはエデングッズ&監督サインが飾られていて
盛り上げようとの意気込みが感じられました。

物語は滝沢を追い渡米した咲から始まります。
でも彼女を待っていたのはあるセレソンによる妨害だった。
セレソンの妨害で咲は所持品を失い途方に暮れるものの、
ある確信を持って「思い当たる場所」へ向かう。
そこに現れたのは記憶をなくした滝沢だった・・・。

と、冒頭はこんな感じで始まります。
二人のNYでの行動と並行して
日本ではエデンメンバーが咲と滝沢救出に尽力する。
それぞれの思惑を持ったセレソンたちが水面下で蠢き、
セレソンの陰謀で窮地に陥る咲と滝沢を黒い翼の守護天使が救う。
が、黒幕と共に物部が放った一手が容赦なく滝沢を追い詰めていく。
そして舞台は日本へ。

てな内容でした(^^ヾ。
起承転結がきっちりと造られていて
一度もだれることなく92分の尺がとても短く感じられる良い仕上がりでした。
さすが神山監督~、
このテンションで劇場版Ⅱも出来上がって欲しいですね。

以下、こまごまにだらだらと感想を綴らせていただきます。

咲の学習能力の無さは身につまされますが(^^;、
それをさらりと補ってしまう滝沢君、あんたやっぱり王子様だわ(・・)。
ことごとくその言動が女心をくすぐってくれる。
滝沢とは対照的に日本で歯軋りする大杉、
社会人になっても恋愛能力は旧バージョンのままなのね(--)。
再登場のパンツ(板津)には服着てくれててほっ(^。^;)
だって、美しくない男の裸を大画面で見させられるなんて(以下略)。
他のエデンメンバーも相変わらずの「BD」っぷり(笑)。
今回初登場の映画監督セレソン、ジュイスとのやり取りが爆笑物でした。
物部は相変わらずの策士振り。あ、○○先生、よかった~(TT)。
そうそう、「あんた生きてたの!」の結城、頼むから風呂に入ってくれ~。
登場はエレガント、退場もぐっとエレガントな黒羽は、
”かっこよくて強く賢い大人の女”そのものでした。憧れますわっ。
あ、辻を忘れてるけどま、いっか(爆)。

にしても今回もやはり「サリンジャー」(苦笑)。
冒頭「長い不在が示すその存在感」で話を引っ張る引っ張る。
遊園地の立看板に思わずにやっ(^-^っとしたファンも多いでしょう。
劇場版Ⅱでもどう生かしてくるか楽しみです。無いわけが無い(きっぱり)。
物部の陰謀も気になるし、あー来年3月が待ち遠しい・・・。

あとですね。今回は↓なことが頭に浮かびました。

各登場人物の成長(退行もあるが)と共に
同時にAIの成長も描きたいのかな。

と。
セレソンによってそっけなかったりどなりつけたり親身になったりと
ジュイスの対応はかなり違います。
たぶん元々は同じAIだったのでしょう。
しかし各セレソンとのやり取りで変っていったとすれば
これってやはり「成長」ですよね?
そこから監督が何を導き出そうとしているのか、、、気になります。
何せ声が玉川さんですから~。

つらつらと書き連ねてきましたが、
TVシリーズをご覧になった方には
期待を裏切らない仕上がりになっています。
公開期間が短いので予定されている方はどうぞお早く。
私もできればもう一度観たいけど、、どうかなぁ。

以上、レビューでした。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

Dec 01, 2009

くろねこルンバ?

楽しそうだニャーcat

YouTubeで見つけた『「お掃除ロボット」の上で寛ぐくろねこ』

かわいい~(^0^)。
くろねこを乗せてるお掃除ロボットはこれかな?
いいなー、欲しいな~、もちろんくろねこをつけて(^^ヾ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »