« 『東のエデン 劇場版I  「The King of Eden」』神山健治監督 | Main | LA TACHE 2006 »

Dec 03, 2009

第13回文化庁メディア芸術祭 発表!

公式サイトはこちら。

今年度の文化庁メディア芸術祭受賞作品が発表されました。

アート、エンターテイメント、アニメーション、マンガの4つの部門で
それぞれ受賞作品が決まりましたが、
一番気になるアニメーション部門大賞は

「サマーウォーズ」細田監督

やっぱり~(^^;。

あの仕上がりでは誰も文句はつけられないでしょう。
「時をかける少女」に続いての受賞、おめでとうございます^^。

神山監督の「東のエデン」は惜しくも審査委員会推薦作品。
で、今公開中の劇場版Ⅰと来年のⅡはどうなるのかな?
同じく審査委員会推薦作品には、
小説家乙一の脚本デビュー作「ホッタラケの島」が入りました。
今後に期待です。

そして特別功労賞には

天才アニメーター 故・金田伊功氏が選ばれました。

今年の夏、急逝した金田氏はその独特のアニメート技術で
数多くの宮崎駿作品を支え、日本のアニメ業界に多大なる功績を残しました。
「天空の城ラピュタ」のシータ奪回シーンは金田氏あっての名場面です。
天国で喜んでくださっていることを祈りつつ改めて合掌。

受賞作品は来年2月3日~14日まで国立新美術館にて展示上映されます。
楽しみです。

|

« 『東のエデン 劇場版I  「The King of Eden」』神山健治監督 | Main | LA TACHE 2006 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第13回文化庁メディア芸術祭 発表!:

» ■第13回文化庁メディア芸術祭 特別功労賞 金田伊功氏 [★究極映像研究所★]
平成21年度(第13回)文化庁メディア芸術祭 功労賞 金田 伊功 贈賞理由 ダイナミックなパースペクティブのなかに予想もつかない奇想天外なアクションを設定し、それを大胆なフレーミングで切り取る—そこにはロジックを超えた描 き手の本能からもたらされる情熱や美学がほとばしり、観る者の魂を揺さぶった。そして何よりもおもしろく楽しく格好よかった。斬新なイメージを生みだす傑出したセンスでそれらのカットの原画を担当していたのが金田伊功氏である。何メディア - 会長日記(アニドウなみきたかし氏) 式後のパーティで... [Read More]

Tracked on Feb 10, 2010 12:38 AM

« 『東のエデン 劇場版I  「The King of Eden」』神山健治監督 | Main | LA TACHE 2006 »