« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

Oct 29, 2009

一難去ってまた一難orz

去年の今頃は肝炎に倒れ~(体力がほぼ戻ったのは今年の8月^^;)、
8月は風邪と蕁麻疹にぐったりし~、
9月はエアコン掃除の折に椅子から落っこちて右肩腕打撲~、
10月は粉瘤の手術&今週は勝沼で風邪を引き~、

と健康面でトラブル続出のここ1年ですが、
まだ続きがあることが昨日判明致しました(-_-;。

月曜の夜、左背中が痒くなり触ると湿疹らしきものが出てました。
超乾燥肌の私、この時期に良く出る乾燥性の湿疹かと思い1日放置しました。
でもなんかピリピリと痛い。
鏡で観たらぷつぷつとまっかっか

やばっΣ( ̄ロ ̄;;;;)。

水曜日、かかりつけの皮膚科に行きました。

「おや、shamonさん。久しぶりだねぇ。」
とにこやかなじーちゃん先生。
#粉瘤手術した先生のお父様、親子揃って皮膚の名医です。

「せんせー、背中に発疹が出て赤くて痛いんです(TT)/。お薬ください。」

「ほーどれどれ、、、、、、、こりゃ帯状疱疹だよ!」

「うっそーーーーーーっ(T0T)。」

治るまで安静&アルコール禁止&入浴禁止(シャワーはOK)を言い渡されました(-_-;。
ストレスと疲れが原因とな。
ええありますわ、この1年思い当たる節があっちにもこっちにも一杯(TT)。

「帰省やら遠出やら小さなことが知らず知らずに積み重なったんじゃないの。
まだごく初期だから早く治る、無理せず安静にしてなさい。」

と先生の言葉を背中に受けて帰宅しました。

今のところ痛いのはかなり治まりましたが、時折疼くのが気持ち悪いorz。
この週末にはラフォンのペリエール(94)を飲む予定だったのにお預けだぁ(T0T)。。
でも顔に出たら失明の危険もある病気だから
早い段階で判明してよかったのかも・・・。
とにかく早く治そうっと。

体調崩しやすいこの季節、皆様もどうぞご自愛ください~(ToT)/~。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Oct 28, 2009

手堅いかも

手堅いお話を2つ。

筒井康隆氏の「時をかける少女」が再び実写化されます。
その主演が細田版「時かけ」でヒロイン真琴を演じた仲里依紗さん、とな(・・)。

正直、これはありうると思っていました。
細田「時かけ」のアホで元気な(爆)真琴役があまりぴったりだったし
彼女の持つ透明な雰囲気はジュブナイル向きですから。、
絶賛されたアニメ版のファンを3D(笑)に取り込もうという手堅い人選でしょう。
細田版では原作ヒロインの姪でしたが、今回は娘役。
写真を見ると弓道で頑張るきりりとした美少女みたいですねー。
来年春公開とのことです。

そしてもう1つは
「名探偵コナン」で毛利役神谷明さんの後任が決まりました。
「24」のジャック・バウアーの吹替えをしている小山力也さんだそうです。

神谷さんの突然の降板についてはいろんな憶測が飛び交って大騒動、
ご本人がブログで呼びかけるなどしてようやく事態が収束しました。
で、その後任が注目されていたわけですが、、、小山さんとはね^^;。
でも手堅い人選ですわ。声質も似ているし演技力は問題ない。
あの伝説の

「うたわれるものらじお」(^^;

を聴いてた身には3枚目への豹変振りも違和感ゼロでっせ(爆)。
でも「24」とか「ER」でしか知らない人は最初びっくりするかもしれませんねー。
この数年「コナン」はほとんど観てないけどまた観てみようかな。

当ブログ関連記事
「時をかける少女」(映画レビュー)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 26, 2009

ようやく始動?

「野良犬の塒」さんに
実写3D版「攻殻機動隊」の情報が載っていました。
ソース記事はこちら

スピルバーグが指揮を取る企画ですが
予定されていた脚本家が別の人と交代したそうで。大丈夫かしら?
そしてソース記事には

「誰が草薙素子を演じるべきか」とあり、
(以下記事より引用)

まず、日本人の役は日本人女優からということで、「キル・ビル」のGOGO夕張役で世界的に有名な栗山千明。次いで「イーオン・フラックス」のイーオン役の髪型が素子役にピッタリなシャーリーズ・セロン。そして香港映画界から、「ダイ・ハード4.0」などのアクション映画の経験豊富なマギー・Q。さらにTVシリーズ「ターミネーター/サラ・コナー クロニクルズ」のサラこと、英国人女優レナ・ヘディ。最後に「フィフス・エレメント」「バイオハザード」で未来世界を経験済みのミラ・ジョボビッチの5名だった。

(引用終わり)

とあります・・・・。
んー、どれも微妙だなぁ^^;。素子のイメージが湧かない(--;。
日本の栗山さんはいい女優さん&IGとも縁がありますが
そうすると日本語吹替えはご本人になるわけで、、、
それはちょっと・・・・^^;。
ちなみに私がイメージする素子役は吹替えを問題にしないのならこの人です。
個人的主観ですが。

確かにアニメとハリウッド実写は全くの別物になります。
でも映像の「攻殻」はあのキャスト陣あってでしょう。
実写キャストに合わせて声優陣を選びなおすとなったら
選ぶ側も選ばれる側も命がけでっせ(^^;。
でもって宣伝のためとか言って
演技もろくに出来ない芸能人を持ってきたら怒りで発狂しそう(--;。

映画の中身も含めてこれからどんどん情報公開されるでしょう。
その度に一喜一憂しそう^^;。
どうかいい作品になりますように(-人-)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 25, 2009

うーん(^^;

どうやら風邪を引いたようです。頭痛い。

実は今朝4時起きで勝沼(相方のマラソンに同行)へ行って来たのです。
夜明け前に家を出て
最寄り駅から電車を乗り継いで立川に着いたのが朝6時20分くらい。
立川6時43分発(眠い・・・)の中央本線にて勝沼へ向かいましたが
高尾から次の駅へ向かうトンネルを抜けた途端、

電車の窓ガラスが真っ白に曇りました(^^;。

しかも車窓からの景色は霧だらけ。
到着した勝沼から見えるのは雲海もどきの霧の間に葡萄畑・・・・。

寒い(TT)。吐く息白い(TT)。

この時期何度も勝沼に来てますがこんな寒さは初めて。
会場に着いたらスポーツコートの人が・・・orz。
いつもなら太陽が昇ると一気に暑くなるのに
ぜっんぜん気温が上がらない。寒いよ寒いよ(TT)。

そんなんで会場のワイナリー屋台を回って試飲しまくる気力もなく、
#でもフジッコの「クラノオト」、サッポロの「ミュラー・トゥルガウ スパークリング」はGOOD!
相方が走っている(10k)間体育館で座ってました。
無事完走した相方と帰りのバスに乗り込みとんとんと
中央本線に乗れたまではよかったのですが、、、、
八王子辺りから頭がずきずき。
寒さで風邪を引いちゃったみたい(^^;。
あーあ。

先週職場には新型インフルが上陸して戦々恐々なのに、
風邪引いてどうすんだ(^^;。
病院に行くのも院内感染が怖くていけないわ。

てなわけで本日はもう寝ます。
寒暖の差が激しい今日この頃皆様もお気を付けくださいね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 21, 2009

MONTAGNY PREMIER CRU 2006(Bouchard Pere & Fils)

Montagny20061ercru_091018
コート・シャロネーズのモンタニープルミエ・クリュです。
シャルドネ100%。

昼間の気温は高いものの夜はぐっと気温が下がってきたこの頃、
さらっとしたワインが飲みたくてこれにしました。
元々相方が自分のサークル用と共に買ったものです。
お値段は2680円。

ミネラル、白い花、白桃の香りがとても心地いい。
さらっとやさしい辛口で最初物足りなく感じますが
余韻は甘く繊細な風味が飲み疲れしないためもう一杯を誘います。
あっという間に二人で1本開けてしまいました(^^ヾ。
この値段でこの味なら納得です。

今回はこんなグラス↓を使ってみました。
Montagny20061ercru_091018glass
IKEAで買った1つ399円の手作りグラス~(爆)。
安いグラスは分厚い代物が多いですが
これはリーデルに負けない薄さのスグレモノ。

上部が広めに開いててすぱっとしたラインのせいか、
ワインの香りが直線的にやってきます。
対してリーデルのブルゴーニュグラスだと柔らかく華やかに香る。
やはり専門グラスには敵わないみたい・・・^^;。
でもお値段は手ごろだし適度な薄さで何よりかさばらない、
普段使いには丁度いいでしょう。一回り小さいものもありました(299円)。
「グラスは欲しいけど収納が、、、」
な方にもちょうどいいでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 18, 2009

凄すぎる!

「王と私」を観ようと思ったら今日は19時から~、
しゃーないので地上波の「世界遺産」の後「夢の扉」を観始めました。
なんとその内容は


わずか30分

シュレッダー裁断後の紙くず



トイレットペーパーに作り変えてしまう装置

の紹介だったのです~。

シュレッダーメーカーが15年の歳月を経て開発し、
商品化に成功した魔法の箱(なんと!畳1畳分)の名は

ホワイトゴート

まんまやん(笑)。
で、水と電気だけで再生しちゃうそうな。
7.2kgのシュレッダーゴミで再生されるトイレットペーパーは50個!
目から鱗で感動しちゃったよ(笑)。
企業の庶務担当者さん、即このメーカーをチェックですよ~。

現時点ではオフィスのコピー用紙のみ再生可ですが、
今後雑誌のコーティング用紙での再生や
家庭用も開発していくそうです。
遠い将来、一家に一台の日が来るかもしれませんね。

暗いニュースが多い中、夢の扉を開けた開発者さんたちに(*^ー゚)bグッジョブ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 15, 2009

月に一度のお勉強(2009/10月)

リンク切れだよ(^^;
Flavor091009

早くも今年度後期のワインスクールが始まりました。
後期のテーマは「香りを極める」。
定員36名のクラスは始まるや否や一気に賑やかになりました。

今回のテーマは植物(野菜・ハーブ・花)の香り、
↑のように香りの元(笑)を入れたグラスを各テーブルに回し、
その中身が何か(見えているものもありますが^^;)まず当てていく。
でもって最後に習った香りがするワインを飲んでいく、
という趣向でした。
出てきた材料は全部で31種類、
野菜は見た目もあり当てられましたが、

ハーブ類はほぼ全滅orz。

レモングラス、ローリエ、パクチー、バジル、カモミールしかわかんない。
ディル、それ何?チャービル?何それ?
こんな調子で普段料理で使ってないのがバレバレ(^^;、
だからいつも白ワインが当てられないんだわ、トホホ(;;;´Д`)。
勉強のためにもベランダに植木鉢を置いていくつか育てるべきかしら~。

で、いつもワインを飲むたび思うのですが
「あーこの香りってなんだっけ?」も多かったです。
最終的にはわかってもすぐに記憶(知識)と味覚が結びつかない。
ネットで言えばリンク切れ、修行が足りませんね・・・・・^^;。

賑やかな香りのお勉強の後、ワインが出てきました。
Wine091009
です。
前半でかいだ香りを思い出しながら品種を当てていきました。
わかりやすかったのは
真ん中のNZのソーヴィニヨン・ブランとアルザスのゲヴェルツ。
前者は青~い香りが爽やかで、
後者は甘いライチの香りが華やかで
飲んでも大層美味しかったです^^。

今回の授業はN先生には初めての試みで
教わる私たちももちろん初めてのやり方なので
教室は一時しっちゃかめっちゃかになりましたが、
大変充実した内容でした。
来月はもう少し種類を減らしてやり方も工夫するとのこと、
とっても楽しみです^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 12, 2009

懐かしい顔?

ありゃ、初めて見る組み合わせ(・_・)。
091011sinkansen

皆様こんばんは、本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

三連休となったこの週末でしたが
私は相方親族の法要のため
10、11日と東日本某県にある相方実家へ帰省しておりました。
実家のある小さな町は朝晩が寒いの何の死にそうでした(x_x)。

上の写真は戻ってきた日曜日の夜、東京駅で相方が撮影したものです。
手前は乗って帰って来たこまち車両、
奥は、、まぁるい目の懐かしい型の新幹線、何系なんだろうか?
0系って確か引退したからそれじゃないよね?
秋田新幹線のこまち車両が「女の子」とするなら
奥の新幹線はなんだか「男の子」みたい。こう見えるのって私だけ?

この組み合わせは珍しいのか
携帯のカメラを向けて撮影する人がちらほらいました。
ハードスケジュールでくたくたの帰り道でしたが、
まぁるい新幹線の顔を見た途端、なんだかほのぼの~。
なぜかしら(苦笑)。

皆様の三連休はいかがでしたでしょうか?
明日から無事日常へ戻れますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 08, 2009

ぱっくり開いてます

そーですね、5mm幅くらい。
右肩甲骨のちょっと背中寄りに傷口が、
ぱっと見た目には小さい「赤黒い血○○○の唇」みたいになってます。
これが頭にあってさらにデカければ

妖怪二口女。

違うがな・・・・・orz。
鏡に映してみると気持ち悪いことこの上ない。はぁ~(p´□`q)゜o。。

一体何の傷口かといいますと

粉瘤

の処置後です。詳細はこちら
表皮の下に袋ができて角質などが溜まる皮膚疾患です。
数年前にできて少しずつ大きくなっていました。
「そろそろやばい」と思い昨年秋手術を受ける予定が・・・肝炎でダウンorz、
体調もほぼ戻り夏も越してそろそろと思っていたら

バイ菌が入っちゃって真っ赤っ赤o(;△;)o

皮膚専門医院に転がり込んで診察を受けました。
「この際いっぺんで済むからいいかも。」
と思ったら先生の無常なお言葉。

「うーん、まずは膿を取って患部を落ち着かせないとダメですね。
手術はそれからかな。一ヶ月か二ヶ月後です。」

(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)。

・・・・・・・・・・局所麻酔して膿を出してもらいました。
腕のいい先生なので痛いのは麻酔の注射だけでしたが、
ごりごりと膿を出されている間はなんともいえない気分でした。
で、

「非常に中途半端な病状ですねー。
 経過を観ないとなんともいえないけどうまく行けば完治します。
 袋が残ったら手術ですね。でも一ヶ月は様子を見てください。」

とな(TT)。
翌日また病院に行き患部につめたガーゼを摘出、
傷口に当てるガーゼと消毒薬、軟膏をもらって帰宅しまようした。
毎日お風呂上りに消毒して
傷口に薬を飲ませ、もとい塗りこまなきゃいけません。
しかし背中なので自分で処置できない・・・。

相方召喚となりました(^^;。
すまんのぉ>相方。

早く塞がってくんないかな。
お風呂上りに鏡を観たくない今日この頃です(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 05, 2009

CLOUDY BAY 2008

Claudybay2008_090926

久々のニュージーランドワインは
以前から飲んでみたかったクラウディ・ベイです。

セパージュは100%ソーヴィニヨン・ブラン。
ふわっと白い花とかすかな蜜、ミネラルにハーブ、
しっかりしながらも優雅なボディに爽やかな余韻が楽しめました。

ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランは
しゃきっと清冽なイメージが強かったので
最初飲んだ時はそのイメージとの落差にありり?
時間を掛けてゆっくり飲んでいくうちにそんな先入観も消えて
おいしくいただけました。
惜しむらくは酸が少し弱い、
これが特長か否かは他のヴィンテージも飲んでみないとわかんないですね。

お値段は2900円。
普段飲みにはちょっと高いですが、
優雅な味は秋の夜にお月様を眺めながら飲むのにぴったりです^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 02, 2009

「大奥」第5巻 よしなが ふみ

Oookucom_3
書店に貼られた宣伝ポスターには「実写映画化」( Д) ゚ ゚
聞いてないよ~~!!!!

・・・と思いネットを彷徨ったら4月に既に発表されていたのね^^;。
その頃はまだ私はほとんどお布団の中でしたわorz。<自宅療養中。
よい役者さんとよい脚本でいい映画に仕上げていただきたい。
あ、是非ともナレーションは田中敦子さん(CDドラマ 吉宗役)でお願いします。
で、5巻の発売に先立ち10/14までリブロ池袋本店で「原画展」開催中~。

さてこの5巻ですが、5代将軍綱吉の御世を描いています。
徳川家が繁栄から退廃へと転がり落ちていく過程に
権力欲と子を失う母の哀しみ、親の愚かさが錯綜する。
そして江戸を揺るがすあの大事件が
ついに男子を武家の中心から追放してしまう。
ラストに登場する武家の幼い娘が次巻への期待を高めます。

6巻が出るのは早くても来年の春か夏、
映画とどっちが早いかな?
どちらも楽しみです^^。

当ブログ関連エントリ
「大奥」第4巻
「大奥」3巻
「大奥」2巻
「大奥」1巻
「大奥 極上音絵巻」(1巻のCDドラマ化レビュー)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »