« 月に一度のお勉強(2009年/8月) | Main | 祝!アニメーション神戸 作品賞・テレビ部門受賞『東のエデン』 »

Sep 05, 2009

新装版『闇狩り師 蒼獣鬼』夢枕獏

新装版『闇狩り師』夢枕獏に引き続いての復刊第二弾です。

ストーリーは

「弟を普通に人間にしていただきたい。」
そう語る磯村小百合の依頼から乱蔵は不思議な少年・鳴神真人と出会う。
真人に害をなすものは皆原因不明の事故に遭う。
それは自分たちが伝説の陰陽師・鳴神素十の子供だからだと小百合は語る。
二人を守りながら動き出した乱蔵は二人の父・素十と接触する。
が、素十の口から語られたのは神霊能力者・戸田幽岳の存在と
幽岳の壮大でおぞましい計画の全貌だった。

でした。
タイトルと「なんかエグイ話だったわ~」だけしっかり覚えていて
記憶を辿りながらの再読となりました。
読み終わった今訂正します(^^;。

「なんかエグイ」じゃなくて

エログロバイオレンス、ここに極まれり。」

ですorz。
エロスとオカルトとバイオレンスが売りの夢枕モンですが、
でかい丼鉢にこれらがてんこもりって感じ。
平井和正でこの類に免疫あり+旧刊読んでる私でもマジで気分悪くなるし、
何を間違っても食前に読んじゃいけません^^;。
『陰陽師』からこの『闇狩り師』シリーズに入ってきた人は
あまりのエログロさにこの本で挫折しちゃうかも。
その類の描写に弱い方は心して読んだほうがいいです^^;。

お話は面白いのですが、
登場する魔人2名が存在感たっぷりすぎ、
そのせいか乱蔵がそれなりの活躍は見せてくれるものの
ちょっと影が薄いですねー。
この点が残念といえば残念です。
女性対するナイトぶりは相変わらずなんだけどねー。
あ、猫又シャモンは珍しく役に立ってます(笑)。
というか状況が状況なのにマイペースぶりはさすが猫ですわ。

来月も復刊が続きます。
最新刊『黄石公の犬』までもう少しだ(笑)。

|

« 月に一度のお勉強(2009年/8月) | Main | 祝!アニメーション神戸 作品賞・テレビ部門受賞『東のエデン』 »

Comments

>エロスとオカルトとバイオレンスが売りの夢枕モンですが、
>でかい丼鉢にこれらがてんこもりって感じ。
うんうん、ナイスな例えだと思います。

この作品、エロ・グロ・バイオレンスにス〇〇〇まで入って
シリーズ中では最もマニアックな内容になってますよね。
変性女子や呪詛の系譜など、オカルト要素も一番濃厚ですし。

それにしても、加座間典善はちとかわいそうでしたね。
彼自身もろくでもない人物ですが、“あれ”はさすがに
ヒドいんじゃないかなーと(^^;。

Posted by: 青の零号 | Sep 10, 2009 09:50 PM

まいどでーす。コメントありがとうございます。

作者も若かったせいかこれでもかっ!と
すべての要素がてんこ盛りでしたね。
再読がこれほど苦痛とは・・^^;。

>ヒドいんじゃないかなーと(^^;。
同感です。
悪役として使いようがあったでしょうにね^^;。
合掌(-人-)。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Sep 13, 2009 11:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新装版『闇狩り師 蒼獣鬼』夢枕獏:

« 月に一度のお勉強(2009年/8月) | Main | 祝!アニメーション神戸 作品賞・テレビ部門受賞『東のエデン』 »