« July 2009 | Main | September 2009 »

August 2009

Aug 29, 2009

「42nd SONY Aquarium 2009 ハイビジョン沖縄美ら海水族館」

ワインスクールへ行く道すがら、小さな水族館fishを見つけました。

Sonyaquarium01Sonyaquarium02
Sonyaquarium03Sonyaquarium04

SONYビルで8/31まで開催中の
「42nd SONY Aquarium 2009 ハイビジョン沖縄美ら海水族館」です。
ビル前に置かれたこの水槽では
大きな犬みたいなウツボ、モノトーンがおしゃれなエイくん、
ひょうきんなハコフグが行き交う人の眼を楽しませてくれます。

1F~4Fまではバーチャル水族館、
最新のSONY製品と水族館の映像とのコラボです。
私はAV機器に疎いのでわかりませんが
その類が好きな人には楽しいかも。。

沖縄美ら海水族館、本当は昨年冬に訪れる予定でした。
でも肝炎で旅行どころではなくお流れ(TT)。
今月こそ!と思ってたら夏風邪と蕁麻疹で「どうしようかな~」、
トドメの新型インフルエンザ流行で断念しました。
なのでこのイベントはちょっぴり嬉しかったです。

8Fでは沖縄・美ら海水族館の映像を大スクリーン&3Dメガネで堪能できました。
NHKスーパーハイビジョンと比べるとかなり解像度が甘いですが(^^;、
美しい海中の風景なのでよしとしましょう。
#そもそもスーパーハイビジョンで水中撮影に成功したという話は聞いていない^^;。
3Dメガネをかけるとジンベイが目の前に(笑)寄ってきます。
大阪の海遊館で一度見ただけのジンベイザメ、大きかったなー。
かわいい魚の子供たちや珊瑚の産卵の映像も楽しめました。

もう終ってしまうイベントですが、
無料だし銀座でのショッピングがてらに寄ってみるといいでしょう。
涼しそうに泳ぐお魚さんたちが暑さに疲れた心を癒してくれますよ♪

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Aug 26, 2009

ようやく7合目

10kg越えた(^0^)。
Godaime090826

我が家の五代目500円玉貯金箱(由来はこちら)、
ブログを初めてから進捗状況を定期的にアップしておりましたが、
1月以降気が付けば半年以上ほったらかしておりました^^;。

2004年くらいから細々と続けて早5年、

約71万円(10000g÷7g(1枚の重さ)×500)=714000、下3桁切捨)に達しました。

前回が

9000g÷7g(500円玉1枚の重さ)×500円=642000円(下3桁切り捨て)

だったので、1月~8月で72000円、大体9000円ちょい/月ですねー。
昨年までは9500円/月だったので
少しペースが落ちてます。
昨日4枚入れたし、また意識して頑張ろうっと。

この貯金箱、
過去の経験から記載可能金額以上は絶対に入るとわかっているので
是非とも限界まで詰め込みたい。
50万円貯金箱で57万入ったから
これで110万くらいは行きたいなー^^。

一杯になったら何を買おうかな。何所に行こうかな。
いや、その前にどうやって金融機関に持っていこうか(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 24, 2009

「日本人の知らない日本語」蛇蔵&海野凪子

日本語学校の教師さんによる抱腹絶倒大爆笑のコミックエッセイです。
TVで紹介されていて立ち読みするだけだったのに買ってしまったよ(笑)。

個性豊かな外国人学生とのやりとり&カルチャーギャップに
うなずいたり噴出したり「そんなんあり?」な気分にもなれる。
さらっと読めるんですが何度読み直しても楽しい。

でも笑えるだけでなく「日本語」を見つめなおさせてくれる。
敬語の使い方とか物の数え方とか
「えっ、そうだったのっ!!」と目から鱗~。
特に敬語は「もしかしてやっちゃった?」というのが過去何度もありますもので^^;。

意外だったのは漢字圏の国(中国、韓国、ベトナム)出身者でも
日本語の「漢字」には苦労するってこと。
でも台湾出身だと日本語の「漢字」と近いので楽なこと。
元派遣先にいた台湾人さんがあっさりと日本語をマスターできたわけだ・・。
#この方はわずか1年で読み書き会話オールOKでした・・超エリートとはいえ恐るべし。
でもやっぱ一番苦労するのは非漢字圏の人たちだそうです。
そういえば言語学者の友人が言ってたわ。
「欧米人には漢字は”記号”に見えるんだよね。だからわけがわからない。」
って。
たぶん文字ではなくアートに近いものとして認識しているのでしょうね。

中心となるコミックエッセイに加えて
「4コママンガ」と「クイズ」と「学生が母国に持って帰りたいもの」が
要所要所に挟まれています。何気に勉強にもなって楽しい。
中でも「持って帰りたいもの」で一番ウケたのはコレでした(爆)。
確かに外国で買うには至難の業だ(苦笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 21, 2009

台場に立つ!

実物大だぜ(^0^)。
Gundumleftside_080819

お台場の「GREEN TOKYO ガンダム プロジェクト」に行ってきました(^^ヾ。

作品としての「ガンダム」は
当時途切れ途切れながらリアルタイムで見ていました。
好みとしては後の「イデオン」とか「ダンバイン」のが好きで
(湖川さんの絵が好きだった)
あまり熱心なファンではありませんでした。
でも実物大モデルとなればお話は別、
丁度同じ方向に用もあったのでいそいそと出かけました。

芋の子洗い状態の台場駅で人並みをかいくぐり
潮風公園へ向かいました。
公園内の案内にしたがって歩くと左側に見えてきました。

Gundamback_090819

でも後姿(^^;。ぐるっと回らなくてはいけないのね。
足元には私と同じくカメラを向ける人の列・烈・レツ、
隣にあるオフィシャルグッズコーナーももレツ・烈・列、
平日にこの混雑なら土日は凄いんでしょうね(^^;。

ぐるっと回って正面に・・・、
Gundamfront_090819Gundamaori_090819
逆光だよorz。
うーん、午前中にこないと駄目ですねー。
それでも展示台に上がる列は途切れることはなく、
正面では三脚置いて撮影する方もいてすごい熱気(^^;。
男性ばかりかと思いきやカップルが意外に多く
しかも女性側にいやいや彼氏(or旦那さん)につれてこられたという雰囲気はなく
楽しく記念撮影(そのポーズはどう見てもセイラさんだぞっ!)に興じてました。
息子を連れたおとーさんたちは息子をアムロに見立てて?記念撮影してました。
そして私も展示台へ上がる列に並んで順番を待ちました。
5分ほど待ち展示台へ上がりました。

ここぞとばかりにペタペタさわりまくる子供たち(^^;、
その姿をカメラに収めんとするおとーさんたち、
係員の
「撮影はお一人1回だけでお願いしますっ!」
が響きわたります(^^;。
てなわけで足の間をくぐって振り向きざまに撮りました。
Gundamaori2_090819
細かいところまでよく作ってあるな、という印象です。
製作者は大変だったでしょうね。

てな感じでガンダム詣出は終りました。
暑くて大変だったけど楽しかったです。

ところでこのガンダム、会期が終ったらどうなるの?
粗大ゴミではなく無事落ち着く先が見つかるといいな。

以上お台場ガンダムレポートでした(^^ヾ。

| | Comments (4) | TrackBack (3)

Aug 17, 2009

市役所でファイアー?

現代美術家ヤノベケンジ氏の作品「ジャイアント・トらやん」が
大阪市役所にお目見えしたそうです
この週末から始まる「水都大阪2009」イベントの一環とな。
ちなみに身長7.2m、でかっ!
でもファイヤーはしないらしい。ちょっと残念。
この春六本木ではあったのにー(でも行けなかった・・・orz)。

そういえば先々月かな?銀座のギャラリーで展示会が
あったので観てきたんですよね。
観覧車と小さなトらやんがたくさん載った船や
絵本「トらやんの大冒険」の原画などがあり楽しかった。
とはいえ楽しいだけでなくその奥に潜むメッセージは
現代人として非常に考えさせられるものでした。
#やっぱり核兵器はいかんよ・・・。

さて大阪では展示だけでなく
ヤノベ氏がデザインした新作アート船「ラッキードラゴン」が登場します。
大阪の水上をこんなのが走るなんてなんだかワクワクしちゃう。
この夏から秋の大阪は水上に注目です^^。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

Aug 14, 2009

CS放送「河童のクゥと夏休み」原恵一監督

河童が連れてきたのは煌く切ないひと夏の思い出。

2007年、あの「電脳コイル」を抑えて
文化庁メディア芸術際アニメーション部門大賞に輝いた作品です。
原監督はこれが二度目の受賞、かの宮崎駿監督と並ぶ快挙です。
劇場で見損ねて結局CSで観るハメになりましたが
とてもいい作品でした。公式サイトはこちら(2009/8/15リンク追加)。

あらすじは

小学生の康一はある日川岸でへんな生き物が入った石を拾う。
家にもって帰るとなんとそれは河童の子供と判明、
泣き声からクゥと名づけた河童と康一は仲良くなり、
仲間に逢いたいと言うクゥをつれて遠野へ旅に出た。
しかし仲間は見つからず戻った康一とクゥを雑誌のカメラマンが激写する。
殺到するマスコミに辟易した康一一家はついにTV出演をOKするが、、、

というお話でした。
219分という尺がちょっと長すぎるのと
東京タワー上空でのシーンは強引過ぎない?と感じたものの、
淡々とした展開の中に現代社会の問題やそれへの風刺を
ふんだんに盛り込み単なるおとぎ話とはしていません。
礼儀正しいクゥに対しぶしつけに携帯カメラを向ける人間たちは
醜いことこの上ないし(身につまされます・・・)、
近所迷惑を顧みず康一の家に詰め掛けるマスコミには
「あんたら他にやること無いのかよっ!」と突っ込みまくってしまった。
クゥを巡る家族のいざこざもリアリティたっぷりで
妙に理想の家族を描かないあたり好感が持てました。
そして訪れる切ない別れ、不覚にも泣いてしまいました。
家族愛、友情、社会問題、を盛り込みながらも分裂しない脚本が素晴らしい。

すごいなぁと感じたのはクゥというキャラクターの描き方。
最初は「気持ち悪い」(ごめんなさい)と感じたものの、
時間を追う毎にかわいく愛らしく友達のように思えてくる。
ぱっと観、「?」なキャラを動きでかわいく見せて親近感を持ってもらう、
アニメーター出身者だからできる演出の妙でしょう。
原監督がずっと暖めてきた原作への愛情がこのクゥにいっぱい詰まっています。

大人が見ても子供が見ても親子で見ても
考えさせられそしてジーンと来るお話でした。
私もクゥに逢ってみたいよ~(笑)。

| | Comments (0)

Aug 11, 2009

ぐらっ

明け方揺れた。
一瞬目が覚めたけどまた寝た。

2時間後、目が覚めてTVをつけたら「静岡で震度6」。

一瞬にして目が冴えました・・・・。
道路や家屋の被害はひどいものの人的被害が少ないのが何よりです。
このまま大きな余震もなく治まって欲しい。

竜巻、豪雨、台風ときてトドメが地震、
私の身体も夏風邪の後になぜか蕁麻疹、全身腫れまくってます(TT)。
お天気も私の身体もどうなっっとんじゃー!!!!

静岡方面の方々、二次災害にお気を付けください。
静岡を通過する帰省客の方々、どうか無事に着きますように。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 08, 2009

ほっ、後 ぐたっ(--;

先日、人間ドックで某数値が引っかかったと書きましたが、
今週頭、血液検査の再検査結果が出ました(結局別の病院で検査した^^;)。

全く問題なし(^^)v。

ほっ(^。^;。

引っかかっていたのは甲状腺のTSH数値でした。
0.4以上なのが0.3だったので
「もしかして甲状腺低下症?」と思い、
慌てたわけです。
が、再検査後の医師の説明に寄ると
「触れ幅の大きいものですが、
 低下症の場合0.1以下、亢進症なら10.0以上です。
 再検査で成城ですから大丈夫です^^。」
って^^;。脅かさないでよ~。
でもこれで一安心。皆様ご心配ありがとうございまいた。

しかーし、それもつかの間木曜の夜からなんだかクラクラ、
吐き気と関節痛が襲ってきて仕事から帰宅後バタッ。
熱を測ると

38.5℃ ドヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

即、解熱剤ってとこですが、
肝炎をやった身では医師の処方箋のない市販薬など恐ろしくて飲めません。
その夜はスポーツドリンク(一晩で2リットル飲みました)で凌ぎ、
翌日相方に病院へつれてってもらいました。
私とカルテを交互に見る先生は険しい顔(^^;、
そりゃそうでしょう。誰が肝炎やった患者に薬を出したいもんか。
「・・・風邪っぽいけど念のためインフルエンザの検査をしましょう。」
鼻に綿棒突っ込まれて検査ですよ、ええ(^^;。
幸いにもA型B型ともに陰性、ただの風邪と判明しました。
風邪薬でなく(くれなかった^^;)消炎剤と胃薬をもらって帰宅、
ひたすら寝て食べてようやく今日の夕方37度を切りました。
消費したスポーツドリンクは累計4ℓ、よく飲んだもんだ。

冷たい物は極力避けてたけどひいてしまうもんですね。
職場の冷房が悪かったのかしら。
今度から気をつけようっと。

皆様もどうぞご自愛ください~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 06, 2009

AXN「バイオニック・ウーマン」

AXN公式サイトはこちら

少女時代に大好きだった「バイオニック・ジェミー」(ノベライズも持ってたよ)、
その21世紀版で2007年にアメリカで制作されました。
本日第一話放送、

バーテンダーとして働くジェイミーは反抗期の妹を養いながら
天才外科医で大学教授のウィルと恋をしていた。
ウィルにプロポーズされた夜、ジェイミーは彼と共に交通事故に遭う。
瀕死の彼女を救うべくウィルはジェイミーにバイオニック手術を施した・・。
生まれ変わって目覚めたジェイミー、自分の能力に戸惑う彼女は
ウィルの助けで逃亡を図るが、そこへ彼女を狙う刺客が現れる。
それは暴走し闇に葬られたはずの初代バイオニックウーマン・サラだった。

があらすじでした。
ま、バイオニックという小道具は同じで全く別の作品だし、
サスペンス調の滑り出しはなかなか面白かった。

旧作ヒロイン・ジェミーはストレートのブロンドでしたが、
今度のヒロイン・ジェイミーはブルネットに青い瞳、
改造箇所は右目、右耳、右手、両脚)です。、
ジェイミーの右目がスコープと化すシーンが緑がかかるあたり
それほど色目が強くないとは言え押井守「攻殻機動隊」の影響がうかがえます(^^;。
もしかすると「マトリックス」かもしれませんが(笑)。
ちなみに改造費は5千万ドル、
スティーブが600万ドル(当時のレートで18億円)だったことを考えると
フィクションの世界でも確実にインフレが進んでおります^^;。

ただバイオニック・ウーマン同士の戦闘シーンは
「ターミネーター」的で今ひとつ新鮮味に欠ける(--;。
旧作と比べれば役者のアクションも段違いですが、
ステレオタイプのアクションはやめて欲しいなー。

と不満も少々ありますが楽しみな番組が1つ増えて嬉しい。
今日観たのは字幕版だったので吹替え版でも観てみたいですね。
来週が楽しみだっ。

当ブログ関連エントリ
バイオニック・ハンド(2006/4/5)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 03, 2009

窓を開けたら

ぶーんぶーん

・・・でかい羽音が聞こえた(^^;。
音の方向を見ると

黄色のツートンカラーがホバリング中


「うわっ、でかい蜂(^^;。どっから来たのよっ!」

危ないのでベランダには出ないまま、網戸の内側で観察することに。
でも

ぶーんぶーんぶーん、
ぶーんぶーんぶーん、ぶーんぶーんぶーん、


と右へ左へ飛び回ってなかなか出て行きません。
遠目にもずんぐりむっくりの身体、
どうやらスズメバチではなさそう。

「もう早く出て行ってよ(イライラ)。洗濯物が干せないじゃない。」

こちらのイライラをよそに蜂は元気にベランダを飛び回るばかり、
数分たってどこかへ飛んでいきました。ほっ(^.^;。
それにしても一体どこから飛んできたんだろう。

相方(田舎育ちなので虫には詳しい)に聞くと

相方「ああ、そりゃクマンバチ(クマバチ)だ。珍しいな。」
私「・・・でかかったよ(^^;。セミかと思った。
  スズメバチじゃなかったからいいけどさ。」

相方「スズメバチよりも数段危ないぞ。

Σ( ̄ロ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;)

wikiによると穏やかな性質とあるけれど、、、、
でも蜂はその色からして怖いですよねー。

昆虫たちが活動する季節、皆様もお気を付けください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2009 | Main | September 2009 »