« 「楽しいワインセミナー2009」(リカーショップながさわ主催) 後編 | Main | 『ボルドー・バブル崩壊 高騰する「液体資産」の行方』山本昭彦 »

Jul 25, 2009

新装版『「闇狩り師』夢枕獏

帰ってきたよヽ(´▽`)/。
Ranzo_2

漢の中の漢、「落ちこぼれの仙人」こと九十九乱蔵が帰ってきました(^^ヾ。
21年ぶりの新作 「黄石公の犬」リリースにあわせて、
今までのお話も新装版にて再リリースされ始めました。
これは初期の中短編を集めた本で、
寺田克也さんのイラストが表紙を飾っています。
手にとるとわかりますが乱蔵みたいに分厚い本です^^;。

夢枕作品はコミック&映画化された『陰陽師』が一般には有名ですが、
出世作はこの闇狩り師シリーズです。
身長2m体重145kgの巨体を揺るがす主人公・九十九乱蔵が
相棒の黒い猫又シャモン(笑)と共にトヨタのランクルを駆って
依頼人のために悪霊落しに奔走する。

次から次へと出てくる悪霊は気持ち悪いことこの上なく
エログロ描写が女性にはいささか「うっ(^^;)」な点はあるけれど
一気に読ませてくれるのは乱蔵というキャラクターの魅力でしょう。
悪党には容赦なく、悪霊には情け深く、
女性にはいついかなる時も紳士に徹し悪霊落しの腕は折り紙つき、
時折見せる笑顔がたまらなく魅力的な漢(男じゃなくて漢、ね)であります。
デカマッチョ(笑)が苦手な私でも
「こんな兄貴分がいたら~(遠い目)」と思ってしまう。
今だトヨタのランクルを見るとドライバーがどんな人か気になるのも、
黒猫を見ると尻尾が二つに裂けそうな気がするのも、
このシリーズの影響です、はい。
一度でいい、あの太い腕にぶらさがってみたい(笑)。

で、久々に読んだ感想ですが「なるほどねぇ~」。
後に発表された『陰陽師』といろんな意味でかぶります。
作者によると「平安時代の乱蔵が阿部清明でシャモンが博雅」らしいので
これは当たり前か(笑)。
20数年ぶりに読んでも面白さは相変わらず、乱蔵はやっぱりカッコイイ^^。

来月再来月とも旧作の新装版リリースが続きます。
本屋に走るのだ(・・)。

|

« 「楽しいワインセミナー2009」(リカーショップながさわ主催) 後編 | Main | 『ボルドー・バブル崩壊 高騰する「液体資産」の行方』山本昭彦 »

Comments

ども、青の零号です。

ワイナリーめぐりお疲れ様でした。
体調も崩さず楽しめたようで、よかったですね。
野沢さんに有賀さんとは、国産のスター生産者ぞろいですな。

さて新作のカバー画、乱蔵の肩にshamon・・・もとい、シャモンが乗ってますね(^^;。

このころの『闇狩り師』は、まさに一種の妖怪図鑑であり
コイツらと乱蔵による異種格闘技戦といった様相でした。
本書が後のアニメ・コミックに及ぼした影響はやはり
絶大なものがあると思います。

>時折見せる笑顔がたまらなく魅力的な漢(男じゃなくて漢、ね)であります。
私は乱蔵が間一髪で駆けつけたとき、その時のヒロインに優しく言う
「すまなかったな」が好きなんですよ。
ああ、オレもこういう漢になりたい・・・。

>後に発表された『陰陽師』といろんな意味でかぶります。
一般に東洋文化への関心を高めたという点も含めて、
本作こそ『陰陽師』シリーズの原点ですね。
私もこの本のおかげで『山海経』とかに手を出しました(^^;。

>来月再来月とも旧作の新装版リリースが続きます。
長編では『崑崙の王』が好きなので、早く再刊して欲しいもの。
新作も控えてるそうなので、当分はアニキとお付き合いできますね(笑)。

Posted by: 青の零号 | Jul 26, 2009 at 04:55 PM

こんばんはー、コメントありがとうございます。

>ワイナリーめぐりお疲れ様でした。
体調も崩さず楽しめたようで、よかったですね。
野沢さんに有賀さんとは、国産のスター生産者ぞろいですな。

どなたも熱心でした^^。


>シャモンが乗ってますね(^^;。
でもこんなにでかくないはず・・・^^;。
乱蔵の肩の上でこれなら相当でかい猫ですよ。

>絶大なものがあると思います。
確かにデカ男をかっこよく描く、が増えた気がしますね~。
考えてみれば攻殻SACのバトーさんも乱蔵的キャラではあります。
体大きくて(サイボーグだけど)男らしくて優しいってとこが。
乱蔵と違うのは"女"にふられまくり(爆)なのとワンコキャラってとこかな?
乱蔵はどうみても猫キャラですから。

でもここの作品は映像ソフト化が難しいですよねー。
『陰陽師』は野村萬斎様(大好きなのだっ!)というイメージそのままの(伝統芸)役者で実写化できたけど、乱蔵だとまず役者がいない。
アニメにするにしても合う声優さんが思いつかない。
玄田さんではシュワちゃんですし、、、。
それにアノ肉体をアニメで表現するには『イノセンス』の原画陣を総動員しない・・・。

>「すまなかったな」が好きなんですよ。
私はアイドルスターに言う
「いいかい、お嬢ちゃん。」ってのがいいっす^^。
当時どれほどこの言葉を頭の中で反芻したことか(爆)。

>ああ、オレもこういう漢になりたい・・・。
すべての男性読者の憧れですねー。
女性の目からだと兄貴か従兄のお兄ちゃんにしときたいですが、こんな男が身内にいたら一生独身決定だわ^^;。

>当分はアニキとお付き合いできますね(笑)。
愛すべき猫又とも(笑)。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Jul 28, 2009 at 09:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/45736357

Listed below are links to weblogs that reference 新装版『「闇狩り師』夢枕獏:

» 闇狩り師シリーズ『黄石公の犬』 [Biting Angle]
九十九乱蔵と猫又シャモン、21年ぶりの復活! というわけで、トクマノベルズ新刊『闇狩り師 黄石公の犬』が出ました。 表紙と挿絵を担当する絵師は「ラクガキング」(別名「フランクフルトの辰」)こと 寺田克也氏です。 内容は長編ではなく、中篇2本。いま表題作の途中まで読んでるところです。 (・・・と書いたあとで全部読み終わったら、短めの長編と短編だったと判明。) 正直なところ、中篇のほうはかなり小粒。長編に比べてボリューム不足気味だし、 短編ほどのキレや軽快さもなく、アイデアにも目新しいものは感じま... [Read More]

Tracked on Jul 26, 2009 at 04:57 PM

« 「楽しいワインセミナー2009」(リカーショップながさわ主催) 後編 | Main | 『ボルドー・バブル崩壊 高騰する「液体資産」の行方』山本昭彦 »