« Eve | Main | 「手塚治虫展」 »

Jun 11, 2009

「東のエデン」第九話『ハカナ過ギタ男』

ノイタミナで放送中。作品公式ブログはこちら
当ブログでの各話感想(
あらすじは

滝沢の携帯を解析する板津。いよいよ滝沢の過去が明らかにされる。活動履歴によれば、セレソンNo-10は、この国に壊滅的な打撃を与える依頼を受理されていた。そんな中、板津のアパートの前には、セレソンNo-10と、No-01の姿があった......。(公式ブログより引用)

です。

これを含めて残り3話、
物語はついに神山節全開激重モード突入です。
「攻殻SAC」で言えば1st23話「善悪の彼岸」
謎解きと不穏な空気が全体を支配した回でした。

滝沢への嫉妬から暴走する大杉はどうでもいいとして(・・)ヾ(ーー;、
再び登場のセレソンNo.1物部に加え
新登場のセレソンNo.10結城が登場、
二人の会話からセレソン同士の駆け引きや結託がむき出しになり、
本筋にはキナ臭い雰囲気が漂いだしました。
11人もいれば気が合う奴ソリが合わない奴が出てくるものですが、
生存競争をかけてですから足の引っ張り合いもありますわな。
その中でもこの二人どうも気が合うようですが
結城は物部に手玉に取られてるって雰囲気がありあり。
これもまたMr.OUTSIDEの狙いなのでしょう。
でもってこの結城くん、キルドレパイロットかはたまたハラケンかって
ルックスなのに笑ってしまった。
前者なら師匠との暗黙の了解?(爆)、
後者は磯監督へのオマージュでしょう、きっと(^^;。

さてこの二人のセレソンの会話の間に
板津四畳半部屋奥秘密基地では「迂闊な月曜日」の仕掛け人や、
滝沢が一体どんな行動をとっていたのか等など、
一気に謎解きが進みます。
そして板津の身に起こる惨事と滝沢への宣戦布告へ。
物部の言葉から新たな陰謀も明らかになり、
この名画が頭に浮かんだ人も多いでしょう。
いよいよクライマックスに向けて話が駆け上がっていきます。
でもあと残りたった2話、どうやって収拾つけるのでしょうか(^^;。
まさか最後はスペシャルで時間拡大ってことはないよね????
とにかく見逃さないように注意しなきゃ。

と真面目に書いてきて最後になんですが、
今回勘弁してよー~と思ったことというか監督にお願いです(^^;。


真夜中に男の下着姿は観たくないっ(。>0<。)!

です。
なんかこー初っ端から・・・が漂ってくるようで・・・・ドン引きしてしまった。
そう見せているアニメーターの腕は評価しますが、
一応女性向けの枠なんで、、、頼んます(^^;。

次回は『誰が滝沢朗を殺したか』。
全てが明らかになったとき何が起こる?

|

« Eve | Main | 「手塚治虫展」 »

Comments

まいど、青の零号でーす。
この回は重かったですね。(板津の体重も含めて)

携帯の履歴を見ると、地味な福祉活動に精を出すNo.3とか
本当にサッカー日本代表の強化に精を出すNo.8なんて
ツッコミネタも満載な回なのですが、話が重すぎて
こっちでもお笑い記事が書けませんでした。
板津がジュイスをイジる話もおもしろかったんですが・・・。

>結城は物部に手玉に取られてるって雰囲気がありあり。
もともと視野が狭いのに加えて、No.9を敵視するあまり
自分の身近にいる物部の怖さが見えていないようですね。
コイツは劇場版まで生き残れそうにないな・・・。

>この名画が頭に浮かんだ人も多いでしょう。
たぶん製作サイドも意識して言わせてるでしょうね。
まったく、映画へのオマージュが詰まりまくりです。

>真夜中に男の下着姿は観たくないっ(。>0<。)!
いやー気持ちはわかりますが、滝沢だけ脱がしといて
板津は脱がさないというのも不公平では(笑)。

まあ、世の中には「太め萌え」ってのがあるらしいので
板津にもそれなりの需要が・・・(以下略)。

Posted by: 青の零号 | Jun 18, 2009 12:04 AM

毎度でーす。亀レスですいません~。

他のセレソンについては劇場版で明らかになるのが楽しみですねー。

>コイツは劇場版まで生き残れそうにないな・・・。
ですねー(謎笑)。

>映画へのオマージュが詰まりまくりです。
どれほど勉強したんだよっ!っですねー。
でも滝沢の描き方は少女漫画を参考にしてる気がします。
周囲を魅了する立ち居振る舞いに腹の座り具合及び頭の切れ方がどう見ても「エイリアン通り」のシャール君(青春だったわ~^^;)。
正真正銘の王子さまといい勝負です>滝沢。

>板津は脱がさないというのも不公平では(笑)。
女性には公平ですっ(笑)。
傷ついた美少年の○ほど(中略)じゃないですかー(笑)。

>世の中には「太め萌え」ってのがあるらしいので
割腹のよい方は頼りがいがありそうで好きですが、パンツの場合はちょっと違う気が・・・^^;。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Jun 21, 2009 03:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「東のエデン」第九話『ハカナ過ギタ男』:

» ■神山健治監督『東のエデン』  「第9話★ハカナ過ギタ男」 演出:柿本広大 作画監督:伊藤秀樹 [★究極映像研究所★]
第9話★ハカナ過ギタ男 脚本:神山健治/岡田俊平 絵コンテ:吉原正行/河野利幸/ [Read More]

Tracked on Jun 17, 2009 12:01 AM

» 東のエデン 第9話 「ハカナ過ギタ男」 [Biting Angle]
東のエデン、第9話。 京都の鬼才・板津豊、英雄として死す。 世間コンピューターの予測は、まさにハカナ過ぎました。 話の流れや真相への性急な迫り方、そして「ハカナ過ギタ男」という副題から ある程度の覚悟はしてたけど、その死にざまはやはり衝撃的なもの。 そして彼を殺したのは、滝沢を追ってきたセレソンNo.1の物部と 京都在住のセレソンNo.10である結城の腹黒コンビです。 その板津が最後にデータを送信した先は、どうやらみっちょんの ノートパソコンみたいですね。 データの内容は「日本をミサイ... [Read More]

Tracked on Jun 17, 2009 10:51 PM

» ■東のエデン 第11話(最終回) さらにつづく東 [東のエデン Eden Of The East 動画集]
■東のエデン Eden Of The East 第11話(最終回) 「さらにつづく東」 はコチラ [Read More]

Tracked on Jun 20, 2009 02:23 PM

« Eve | Main | 「手塚治虫展」 »