« 「手塚治虫展」 | Main | 「東のエデン」第十話『誰が滝沢朗を殺したか』 »

Jun 16, 2009

Gevrey Chambertin 2005(Domaine PIERRE DAMOY)

まーなんととっても久々な(家で飲む)ブルワイン記事でしょうか(^^;。
5月はセラー騒動でぶっ倒れて寝てばかり、
6月になってようやく体調も良くなったのでこれを開けました。
ピエール・ダモワのジュヴレイ・シャンベルタン2005であります。
Gevreychambertin2005pierredamoy_080

色は濃いルビー、
少しもわっとした動物香に完熟ベリー香、スパイス、バニラ、ミント、
時間が経つとヨーグルト香が出てきました。
脚はたらっと長くゆっくりと滑り落ちてくる。
フルボディでタンニンは強め、果実味たっぷりで飲みやすいけど
酸がちょっと弱いかなぁ。
フィニッシュが少し水っぽく実が焼けたような味(猛暑の2005らしい?)がしました。
ジュヴ・シャンらしく男性的なワインですがドニ・モルテほど筋肉質じゃない。
残りを翌日に飲んでみたら
酸が強くなっていて鉄分をとても強く感じました。
フィニッシュに不満はあるものの
バランスの取れたスタンダードな造りのワインでなかなかおいしい。

お値段は日本円にして3300円ほど(フランスのショップからネットでお取り寄せ)、
この味なら満足です(^^)。

|

« 「手塚治虫展」 | Main | 「東のエデン」第十話『誰が滝沢朗を殺したか』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Gevrey Chambertin 2005(Domaine PIERRE DAMOY):

« 「手塚治虫展」 | Main | 「東のエデン」第十話『誰が滝沢朗を殺したか』 »