« ワイン発送&セラー撤去&会計報告(セラー故障顛末記) | Main | 月に一度のお勉強(2009年/5月) »

May 16, 2009

「東のエデン」第六話『東のエデン』

ノイタミナで放送中。作品公式ブログはこちら
当ブログでの各話感想(

あらすじは

画期的な携帯サイトを発明しながら起業を断念した大学サークル「東のエデン」。ワシントンでの経緯を聞き、滝沢に興味を持ったメンバーは滝沢のシネコンに向かう。しかしサークルの参謀・平澤は滝沢への不審を拭えず......。(公式サイトより引用)

です。

東京では早くも第六話、折り返し地点です。
起承転結の「転」エピソードなのですが、、、、
神山監督の”素性”を知るファンの目には

学園祭の前日話(爆)

っす( ̄▽ ̄;)。
特にAパート、師匠・押井守へのオマージュが溢れかえってます。
部室で饒舌に演説するが如く話す平澤は

あのメガネ

まんま(笑)。
個人的にはサザンの名曲「波乗りジョニー」を連想する
平澤の言葉に笑っちゃったけど。
#ジョニーは男性のシンボルを表す隠語だそうです・・・。
サークルのメンバー全員のしぐさ、口調、あ・うんの呼吸も
友引高校のあのメンバーを彷彿させまくり(咲はラムちゃん?)~、
ついでにセルフパロディもやっちゃってる。いいんですか~???

と、今回は表向き明るいおちゃらけた雰囲気に仕上がってます。
でも前回までの回答を提示し新たな謎をばら撒く話作りに抜かりはありません。
稀有な才能が集まった学生サークルと巨額の電子マネーの組み合わせが
何を生み出していくのか"お祭り"の予感にワクワク~o(*^▽^*)o。

唯一つ、
咲にすっぽかされ泥酔し荒れてた大杉の行方を除けば(^^;。

高級ホテルの一室、
椅子に縛られ猿轡をかまされた大杉の前にいるのはセレソンNo.11白鳥、
昼間はモデル事務所の社長夜は連続殺人鬼の2つの顔を持った女でした。
ぱっちんと葉巻をシガーカッターで切る白鳥に、
足の間にブリザードが吹いた、いえ背筋が凍った男性陣は多いでしょうね・・・^^;。
白鳥の外出中に必死に助けを求める大杉の行動がネットに騒ぎをもたらしていく。
さーてどうなるでしょうか。

前回ぐぐっと近づいた滝沢と咲の関係はちょっとお休み、
でも咲へ向ける滝沢の何気ない仕草や言葉は相変わらずイイ男~。
今まで一人で奮闘してきた滝沢が(いろいろあるにせよ)仲間を得て、
どう変わりどう行動するのか楽しみですね。
あ、君のことも忘れてないからね>大杉君。

次回は第七話「ブラック・スワン舞う」
先の読めない展開の中、滝沢vs白鳥が激突します。

|

« ワイン発送&セラー撤去&会計報告(セラー故障顛末記) | Main | 月に一度のお勉強(2009年/5月) »

Comments

こんばんわ、青の零号です。
shamonさんの『うる星』風テイストに対する指摘には、私も(そしてたぶんBPさんも)
うなずきまくりです。
まあ部室の感じには、むしろ昔のゆうきまさみを思い出しましたが。

初回を見た感じではサークル内の人間関係がつかめませんでしたが、
今回はデコボコなようでどうやらまとまっているらしいのがうかがえて
ほほえましい気持ちになりました。
(とはいえ、それも平沢じゃなくて咲の人望が大きかったようだけど。)
でもこのメンツになぜ凡庸そうな大杉が入ってたのか、
それだけがどうにも釈然としないんですが・・・。

>足の間にブリザードが吹いた、いえ背筋が凍った男性陣は多いでしょうね・・・^^;。
いやもう、ツララが下がるほどの冷え方で(^^;。

>今まで一人で奮闘してきた滝沢が(いろいろあるにせよ)仲間を得て、
>どう変わりどう行動するのか楽しみですね。
しかしこの流れで11日間、11話というのはどう考えたって
尺が足りそうにないのですが。
実はTVが長いプロローグで、本編は劇場版だったりするとか・・・?
まあどっちにしろ、映画も見に行きますけどね(笑)。

Posted by: 青の零号 | May 25, 2009 10:45 PM

 shamonさん、青の零号さん、こんばんは。

>>shamonさんの『うる星』風テイストに対する指摘には、私も(そしてたぶんBPさんも)うなずきまくりです。

 うん、うん(^^)。
 あと押井守の小説のテイストもありますね。あの部室には学生運動の霊気が漂っています。なにしろ元「東方革命学生連盟」部室ですから。

 個人的には高校の時の自分の所属していた新聞部の部室に似てたりして、瞬間目頭が熱く、、、(^^;)

>>でもこのメンツになぜ凡庸そうな大杉が入ってたのか、
>>それだけがどうにも釈然としないんですが・・・。

 そりゃもう咲目当てというのが見え見え。

>>実はTVが長いプロローグで、本編は劇場版だったりするとか・・・?

 これ、僕も考えました。
 TVの最終回で滝沢が100億円使いきり、サポーターに殺される。そして真の救世主・別のセレソンの物語が本編として映画で語られる、、、、なーんて残酷な物語は神山印ではないでしょうね。師匠ならやったかも(^^;)

Posted by: BP | May 27, 2009 12:32 AM

まいどでーす。

>うなずきまくりです。
ですよねー。平澤のメガネっぷりに笑ってしまった。

>ツララが下がるほどの冷え方で(^^;。
韓国ドラマ「王と私」の主人公は自分でぱっつんしてますよ^^;。
こっちのが怖いかも。

>尺が足りそうにないのですが。
七話でちょいと時間稼ぎしたかなーという気がするのでなんとかまとまるかも。
どこかのインタビューで「TVを見てくれた人のための結末を用意する」と言ってたから。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | May 27, 2009 07:19 PM

まいどでーす。

どう見ても「BD」ですよね。
師匠の感想やいかに?

>瞬間目頭が熱く、、、(^^;)
高校時代自主映画制作に明け暮れていた私も(^^;。
学園祭前の二ヶ月、
今思い出しても人生の中で一番充実してたわ(爆)。

>そりゃもう咲目当てというのが見え見え。
所詮これが彼の限界なんでしょうな^^;。
とてもよく似た幼馴染がいたんですが、
風の噂では独身街道驀進中・・・らしい。

>師匠ならやったかも(^^;)
どちらかというとそれはトミノ御大な気が^^;。
何にせよ明日はもう第8話です。

Posted by: shamon(BPさんへ) | May 27, 2009 07:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「東のエデン」第六話『東のエデン』:

» ■神山健治監督『東のエデン』 「第6話★東のエデン」 演出:石井久志 作画監督:佐野恵一/西村郁 [★究極映像研究所★]
Story - 「第6話★東のエデン」 脚本:神山健治/カルロス春日 絵コンテ: [Read More]

Tracked on May 25, 2009 12:02 AM

» 東のエデン 第6話「東のエデン」 [Biting Angle]
『東のエデン』第6話。 先週のラストで黒羽に目をつけられた大杉、今週は初っ端から高級ホテルの 特別スイートで、着衣のまま拘束プレイの餌食にされてます。 しかもセレソンNo.11の黒羽の手にはパイプ切り・・・もとい、葉巻切りが。 ひぇえ、これは怖い。男としては生理的に怖すぎる! そして黒羽からは「アナタもジョニーとお別れね。」と、無情なお言葉が。 大杉くん大ピンチ!なところにかかってきたのは、急ぎの仕事についての電話。 これを受けた黒羽は大杉を置いて外出し、ジョニー断絶はひとまず延期です。 一方... [Read More]

Tracked on May 25, 2009 12:35 AM

» ◎東のエデン第六話「東のエデン」 [ぺろぺろキャンディー]
大杉君、白鳥D黒羽(五十嵐麗)に連れて行かれる。そして、拘束されてしまった。大杉君終わったな…。咲は、家に電話をかける。大杉にも電話をかけようとすると、すご腕プログラマーみっちょん(電脳コイルにでてきそうな人)に見つかる。東のエデンのサークルの先輩は同...... [Read More]

Tracked on Jun 08, 2009 01:31 AM

« ワイン発送&セラー撤去&会計報告(セラー故障顛末記) | Main | 月に一度のお勉強(2009年/5月) »