« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

Mar 30, 2009

月に一度のお勉強(2009年/3月)

水平にチャレンジp(・・)q
Bordeaux2004_090326

先月から復帰したワインスクール、今月はボルドー左岸がテーマでした。(先月はこちら

このブログではブルゴーニュを取り上げることが多いのですが
ワインを知ったのはボルドーが最初で今でも大好きです。
ただ我が家においてはブル派の相方がワインを購入するのが多いのと
ここ数年ボルドーの高騰にうんざり&重いボルドーがしんどい&食事もあっさりで
普段飲みワインはブルにかなり偏りつつあります(^^;。
で、ボルドーは何かの記念日だけ、みたいな。
かといってボルドーの愛heart01が消えたわけでないので
ワイン飲み復帰して間もないこの回はとても楽しみでした。

出たワインはすべて2004ヴィンテージ 銘柄は上写真左から(()内は村名)

Ch.Montrose モンローズ(Saint Estephe サンテステフ)
Ch.Pichon-Longueville-Comtesse De Lalande ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド
(Pauillacポイヤック)
Ch.Langrange ラグランジュ(Saint Julianサン・ジュリアン)
Ch.Durfort Vivens デュフォール・ヴィヴァン(Margaux マルゴー )
Ch.Domaine de Chevalier ドメーヌ・ド・シュヴァリエ (Pessac-Leognan ペサック・レオニャン)

の5本。
豪華なラインナップ。家じゃこんなの出来ません、何より全部買えません(^^;。

さて今回は各AOCの特長を勉強するため全部ブラインド~
講師のN先生から各村の特長がレクチャー後テイスティングに入りました。
N先生曰く「難しいですがせめてMontroseとDurfort Vivensは当ててください」、ひーっ^^;。
下写真左から1~5番のグラスを順に飲んでいきました。
Bordeaux2004glass_090326

しかし(^^;、体調がかなーーーーり・・・だったのと久々だったのが祟ったのか
一巡目では

どれがどれやら皆目見当もつかないil||li _| ̄|○ il||li

2004という若いヴィンテージで冷えてて全部タンニンぎっしっぎし。
口に含んで捨てて含んでを5グラスやったら
タンニンで味覚完全麻痺、頭くらくらの自分にげんなり。
昨年のバリュー・ボルドー試飲会が頭をよぎりました・・・・・・。

しかし水で口をすすいで気を取り直して二巡目にトライ。
冷静になれたのかタンニンの違いがおぼろげに見えてきました。

そして取ったメモを見ながら温度も上がった三順目、
これで酸の違いをある程度確認、出した答えは

1・・・Durfort Vivens 
2・・・Langrange
3・・・Pichon-Longueville-Comtesse De Lalande 
4・・・Montrose
5・・・Domaine de Chevalier

です。
そして正解は
1・・・Durfort Vivens 
2・・・Domaine de Chevalier
3・・・Pichon-Longueville-Comtesse De Lalande 
4・・・Montrose
5・・・Langrange

見事2と5を間違えました(^^;。
Montrose、Durfort Vivens、Lalandeの順に正解が発表されたんですが
最後の2つを間違えるとは・・・トホホ。
この2つのAOCは実は苦手であまり飲んでないんですよねー。
セパージュを聞いたらほぼ同じ、これと苦手なのが敗因か(^^;。
で、当てた3つですが、
1のDurfort Vivensはするっとなめらかなボディ+上品だったのでこれだろうと。
3のLalandeはバランスのよさとラフィットに似たダントツに長い余韻が鍵に。
4のMontrose は一番重いタンニンと一瞬わかりにくいけどシャープな酸が決め手になりました。

MontroseとDurfort Vivensが当たったのはよかったけど、
Saint EstepheからMontroseではなくCh.Cos d`Estournelが出ていたら
当てられなかったかもしれない。
Pauillac寄りのCosはラフィットの隣でとってもタイプが似てますから。
でも個人的に一番当てたかったのはLalande、
ラフィットの次に好きなワインであるのと
2004のラフィットやムートンにラトゥールが手元にあるため
このヴィンテージのPauillacの出来を確かめたかった。
この5本の中では一番気品がある正統派ボルドーでとても美味しかったので
手元にあるラフィットやムートンの熟成が楽しみです(^m^)。

余談ですがこの2004Lalande、市場価格は13000円。
値段聞いて絶句Σ( ̄ロ ̄lll)。だって10年チョイ前には

1984ヴィンテージが3800円で激ウマ

だったのよ~(ρ_;)。あの頃はよかった・・・と年寄りの愚痴です。はい(^^;。

全部当てられなかったのは悔しいけど久々に格付けのおいしいとこ揃いで
とっても楽しく?実りある今期最後の講座でした。
そして新年度前期(4月~9月)は

泡を極めるshine

暖かくそして暑くなる季節にぴったりのシャンパーニュを徹底勉強するとのこと。
今年度、シャンパーニュの回は2回とも出そびれて悔しかっただけに私にはリベンジです。
体調を整えて高貴な泡にまみれてしっかり勉強するのだ。
でも知識は泡と消えないようにしっかりメモだけは取ろうっと(爆)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 27, 2009

Bruno Michel Cuvee Blanche Brut

FINISHに乾杯(^0^)ノ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ヽ(^0^)

Brunomichelcuveeblanche_090324

相方が東京マラソンを無事完走(なんと8年ぶりのエントリー^^;)したので
後日そのお祝いに開けたシャンパーニュです。
#うーん、写真が傾いてしまった。いけないなぁ(^^;。

昨年の夏、体調を崩す前に買ったもので4500円でした。
きれいな金色、酵母酵母な香りは最初気になるものの味はすっきりと飲みやすい。
冷えてる時はちょっと物足りないけれど温度が上がるとコクが出ます。
強く自己主張しないので和食にも合わせ易いですねー。
試しに豚しゃぶと合わせましたがごまダレとの相性もいい。
和風の煮物にも合うでしょう。惜しむらくはもうちょい安いとうれしいかな。

まだまだ量は飲めないけど
食卓にワインがあるってのはいいもんですね(^。^)。
完全復活までにはもうちょい時間がかかりますが気長に頑張ろうっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 24, 2009

祝!二連覇(^0^)>WBC

優勝おめでとうございますヽ(^0^)/。>原ジャパン。

でも私、今回はリアルタイムじゃなくて夕方のニュースで知りました・・・。

日曜日相方が東京マラソンに出場したためビッグサイトに迎えに行きました。
会場はろくに座る場所も無く2時間以上立ちっぱなしでぐったり。
スポンサーの派手なブースとかステージよりベンチを増やして欲しかったわ・・。
どこ見て運営してんだか。ボランティアの人たちは立派なのに・・。
#尚、相方は一緒に走った同僚さんと無事完走いたしております。
同僚さん&そのご友人たちとの打ち上げ後帰宅、
布団へ直行したものの体調は二ヶ月前に逆戻りorz。
今日の夕方まで寝てました・・・。
あ~あたしの月曜日の記憶はどこに行ったの~。
で、布団から這い出してTVをつけたら

日本が優勝してたよ(爆)。

歴史的な瞬間に立ち会えなかったのが悔しい~(きぃーーーっ!)。

私のお間抜けは横に置いといて
今回はイチローで始まりイチローで終った大会でしたね~。
ふんばった投手陣も立派、村田選手が途中離脱したのは残念だったけど
皆で勝ち取った優勝は日本の誇りです。そして韓国も強かった!
これを糧に再び3年後の大会を目指してください。

日本が熱狂した時間をありがとう、そしてお疲れ様でしたっ(^0^)!>原ジャパン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 21, 2009

東京国際アニメフェア(TAF)2009

会場ではトトロがお出迎え(^^)。
Taf2009totoro

東京国際アニメフェア2009に行ってきました。
去年の混雑の凄まじさと今ひとつ中身が地味そうで
行くか行くまいか悩んだのですが(^^;、
相方がビッグサイトに用事があったため
私も同行しそのついでに寄りました。
いやー2日目の午後だと入るの楽、来年も行くのなら2日目に行こうっと。

目当ては勿論
Taf2009igTaf2009igeden
ノイタミナ枠で放映される神山監督の「東のエデン」。
IGのブースでは右写真と小さな作品紹介チラシだけで
公式サイトでの予告編が流されていました。
しかーし、  フジテレビのブースでは
Eastofedennoblesskeitai
物語のキーとなるノブレス携帯(NEC製です!)が展示されてました。
でもっていくつも並んだスクリーンには他のノイタミナ枠作品と一緒に
Taf2009fujitv 
初めて見る「東のエデン」OPの一部と思われる映像?が流されてました~。
OASISのオープニングテーマとパープルを生かした映像が

エッジ効きまくりで超カッコイイ(笑)。

画面には英語のキーワードがいくつも散りばめられて
謎が謎を呼んでます。
でもって主人公の滝沢は中村さんの絵のせいか
動くたび妙な色気があります。これぞ監督が狙った男萌え?
この映像もそのうち公式サイトで観られるでしょうが
私ゃ早く本編が観たい~。
ちなみにここでは「東のエデン」「リストランテ・パラディーソ」が載った
新聞が配られてたので貰ってきました。

フジTVブースを後にぐるっと回ってたどり着いたのは日テレブース。
ここで観たかったのは
Taf2009summerwars
細田監督の「サマーウォーズ」です。
映像はそのうち公式サイトでも公開されるでしょうが
かの名作「時をかける少女」以上のドタバタの嵐、
こちらも人だかりが出来ていました。
さすが細田監督、注目度は高いですね~。

今回はついでに寄ったので時間も無く
外に相方を待たせていたこともありあとはぱぱーっと適当に観て
1時間足らずで会場を後にしました。
昨今の不景気を象徴してか一昨年、昨年に比べると
複数の企業が合同でブースを作っているのが目立ちました。
サブカル業界も経費節減からは逃れられないようです。
それでも会場内はそれなりに賑わっていたのが救いでしょう。

以上、簡単ですがTAF2009レポートでした。
さーてこれから明日の用意して寝ようっと(明日は新宿に7時着~TT)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 19, 2009

「東のエデン」予告編公開

神山健治 原作・脚本・監督作品。
作品公式サイトはこちら。公式ブログはこちら

昨日から開催されている東京国際アニメフェアでの発表に伴い
ネットでもようやく映像が公開されました。
スリリングな神山節はそのままながら
青春物語の雰囲気もかもし出してていい感じですねー^^。
羽海野さんキャラと中村作画監督の線もかなり相性がよくて
キャラクターも魅力的に動いてる^^。

オープニングテーマにはOASIS、
エンディングテーマは新人グループを起用と
すごいタイアップ^^;。
OASISの透明なボーカルは今流れているビールのCMでお馴染み、
音楽面でも注目が集まりそうです。
しかしキャスト発表がまだなのよね(^^;。
これもおいおい公開されるでしょう。

今まで大人の人間模様を描いてきた監督ですが、
今度の主人公二人はギリギリ昭和生まれの若者、
その心情をどう描いていくか興味深々です。
そして携帯に記されたnoblesse oblige
今を生きる大人たちへ痛烈な批判を浴びせかけるでしょう。

心配なのは某国の(一応)衛星の発射が放映日に近いこと、
「攻殻S.A.C」の19話みたいに
放送休止にならないことを祈っています(^人^;;~。
#某国による拉致問題を扱ったため地上波放送されなかった。

ちなみに昨日TAF会場で記者会見があり、その記事はこちら
師匠・押井監督も同席してエールを送ってます。
でも本音は「つぶしておけばよかった」って思ってるんじゃないの?(爆)>押井監督。

明日明後日のTAF会場はファンで賑わうでしょうね。
そして放映まであと3週間を切りました。いよいよカウントダウンです^^。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 16, 2009

AC BOURGOGNE ALIGOTE 2005(DOMAINE AMIOT-SERVELLE)

Ac_bourgogne_aligote_2005domaine_am

「病気も退散したし、これからガンガン家飲みだぜ~~\(^o^)/」

ではなく^^;、
相方が飲んでいたので少しもらった程度です、はい。
グラス片手にごくごくとはまだまだできません。先は長いのだ~。

さて4ヶ月半!ぶりに家で口にした今ワインは
シャンボール・ミュジニーに拠点を構えるアミオ・セルヴェルのアリゴテです。
黄色い果実の香りがぷんぷん、
酸とミネラルががっちり舌の中央に来るクリアな辛口です。
かといって硬質な感じは無く上品で和のテイストがあります。
なので
Hotatekaiho090316

「帆立海宝漬丼」(先日記事にしたコレと生帆立貝柱を合えたもの)に
合わせてみました。白いものがサイコロに切った貝柱です。

海宝漬にしっかり味が付いているのと
アリゴテのミネラルが合うのか
磯臭くならずなかなかいい感じ^^。両者とも美味しくいただけました。

しかし4カ月以上もワインを飲んでないと
テイスティングの表現って忘れちゃうものですね(^^;ヾ。
元々持っている知識とワインの香りを結びつけるのが苦手なので
思い切り後退しちゃったなぁとorz。
しかし来週行く予定のワインスクールの授業では

ボルドー左岸ブラインド

が私を待っております・・・・・。

さーっ、テキスト読み直そうっと(^^;。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 13, 2009

海宝丼

こってりと海の味^^。
Kaihodon_ikura

あるTV番組で知った中村屋さんの三陸海宝漬
きれいでおいしそうなので先日取り寄せました。
本来は酒の肴、とのことですが丼にしました。

うん、濃いしっかりした味ですねー。
そのせいか量が少しでもたっぷり食べた気分ですわ。
でもってやっぱり日本酒が欲しくなる・・・・^^;。
まだ飲めませんが(^^;ヾ。

写真は撮らなかったのですが、
マグロやイカそうめんと混ぜてもおいしいです。
マグロの場合は混ぜて1時間ほどおくと味がなじみます。
白身魚の薄切りや帆立貝柱を混ぜてもおいしくいただけそう^^。

もう少し残っているのでいろいろ試してみようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 10, 2009

4周年!

皆様、こんばんは
本日も当ブログにお越しいただきありがとうございますm(__)m。

今日3月10日でこのブログも丸4年となりました。
昨年11月以降は体調不良で3日に1度の更新となっておりますが、
フラフラヨレヨレしながら更新を続けてこれたのも
皆様から頂いてきたコメントTBのおかげです。

現在の体調は通常に比べて80%といったところでしょうか。
時折床に伏せることもありますがその数も段々減っており
ゆっくりですが全快に向かっております^^。

今日から5周年に向かってのスタートです。
これからもよろしくお願いしますm(__)m。

shamon 拝

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Mar 07, 2009

ほっ(^。^;>WBC1次ラウンド

WBC1次ラウンド、日本が中国、韓国に勝ち一応?2次ラウンド進出を決めました。
1次ラウンドでの1位、2位決定戦は残っていますがまずはよかったよかった^^。

今日の韓国戦は初回のイチローのヒットが呼び水になったんでしょうね。
すぐに2点を返されたものの、
松坂がヨレヨレフラフラながらも4回まで堪え、
追加点しつつ継投リレーで結果コールド勝ち、でした。
まー、最後の岩田にはヒヤヒヤもんでしたが・・・・(ボーク取られるんじゃない~(`ε´))

しかし韓国どうしちゃったんでしょう?
エースの不調が最後まで響いちゃったのか
後から出てきたピッチャーもヨレヨレで、打線もなんとなーく焦ってた。
とはいえ1位2位決定戦はきっと韓国が相手でしょうから、
日本も返り討ちに合わないよう頑張って欲しいですね~。
正直、今日の韓国の負け方が負け方だっただけにこの先かなーり不気味です。

個々の選手ですが
復調したイチローの仕草一つ一つが様になっててかっこよかったheart04
やっぱり彼は世界のスーパースターですね^^。
一番気になったのが

松坂のお腹(^^;。

マウンド姿がアップになったとき、お腹がたぷたぷしてたよ・・・・orz。
身体と球にキレが無いと調整中から一部で報道されてたけど
今日のピッチング見て「ああ、やっぱり~」だったわ・・・・。

もう少し痩せましょうね^^;>松坂君。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 04, 2009

「シュヴロ・パブロとかおりさんを囲む会」 in Le Vin Noble(平野弥)

再び横浜で、再会に乾杯(^0^)/。
Chevrot2006_090301_2Chevrot090301

当ブログでおなじみドメーヌ・シュヴロのパブロ氏&かおりさんが来日され、
3/1の午後、横浜の平野弥さんにて講演&ワイン会が開催されました。
平野弥さんがこの春道路整備により移転するため
現店舗ではこれが最後のワイン会(昔から通ってたのでちょっと寂しい・・)、
店内は顔見知りの常連たちでいっぱい、アットホームな会になりました。

お二人に会うのはほぼ1年ぶりでしたが、
共通の友人の祝い事話で盛り上がりました(^^ヾ。
私の身体も心配していただきσ(^^;、お二人に感謝~。
息子のアンジェロ君は風邪気味で今回は(ママの実家で)お留守番、
かわいい成長振りが見られなかったのはちょっと残念。

さて今回のイベントですが
まずは12時から環境農業についてのパブロ氏のお話がありました。
パワーポイントによるプレゼンを見ながら
よい葡萄を作るには畑の環境を整備し
よいサイクルを作ることが必要だと
熱弁を振るうパブロ氏の言葉を、
かおりさんが事細かに通訳されておられました。
聞いてると環境農業ってほんと大変^^;、苦労が伺えます。

約1時間みっちりとお話を伺った後は
シュヴロ2006ヴィンテージとお料理のマリアージュ。
ワインが登場するたびパブロ氏から詳しい説明が入りました。
ワインリストは

・2006 Bourgogne Aligot・"Tilleul"
 (ブルゴーニュ・アリゴテ "ティユル")
・2006 Maranges "Sur le Chene"
 (マランジュ “シュル・ル・シェンヌ”)
・2006 Maranges Rouge 1er Cru Clos Rousseau
 (マランジュ ルージュ プルミエ・クリュ・クロ・ルソー)
・2006 Santenay Rouge
 (サントネイ・ルージュ)
・2006 Santenay 1er Cru Clos Rousseau
 (サントネイ プルミエ・クリュ クロ・ルソー)

です。


1番目は
Tilleul2006_090301Sabasmoke_090301

前回もお目見えした2006Aligote Tilleulとスモーク鯖。
鯖と白ワイン?と思われるかもしれませんが意外にいい相性でしたねー。
スモークしてたので生臭みもないし
鯖の脂も水菜に混ぜたリンゴの細切りがアクセントになってさっぱり頂きました。
Aligote Tilleulはドメーヌの目の前にある畑のワインです。
ほとんど手作業で作業を行い樽発酵樽熟成(新樽30%)で
丁寧に作られた長期熟成を狙うワインとな。
きっかけはパブロ氏がシュヴロのカーブに眠る70年代のAligoteを飲んだところ
それが素晴らしく熟成していたことから。
なんでも熟成したAligoteはトリュフの香りがするそうですよー。
このTilleulは昨年のワイン会で飲んだ時よりまろやかになっていて
これから先どう成長するか楽しみですね。
後からかおりさんに訊いたのですがエチケットの菩提樹の花はドメーヌの入口にあった樹、
私の記憶箱を探ってみると確かにありました(笑)。

2番手は
Santenay2006_marangessurlechene20_3Hotate_090301

Santenay2006とMaranges sur le chene2006 にホタテのソテー茸ソース菜の花添え。
で、これも意外にいい相性。
2006年は葡萄の発育が悪く急激に暑くなったと思いきや
収穫が近づくとグズグズとはっきりしないお天気で
非常に難しい年だったとか。
でもきれいな動物香&ベリー香とクリアな飲み口はしっかりキープ、
どちらも美味しく飲めました。

最後は
Jidori_090301Santenay1ermaranges1er_090301
地鶏の赤ワインソース(ワインは勿論シュヴロのワインです)と
Maranges 1er les Clos Roussots 2006 とSantenay 1er cru  Clos Rousseau 。
前者はタンニンが舌を這うような感触で
後者は対照的にタンニンの粒子が口の中にぱっと広がりました。
好みとしてはSantenay1erかなぁ。
地鶏はぱりっとした焼き上がりが素晴らしく皮と身の間がおいしかった。

ちなみに今回のお料理は平野弥さんの常連シェフさんによるもの
お料理もよかったけど挨拶に登場したシェフのイケメンshineにも歓声(笑)。
思わずシェフの写真撮っちゃったよ(^^;。

会の最後にオーナーの平野さんから2008ヴィンテージのお話がありました。
シュヴロの2008はとてもよい出来で
3つある1er Cruのうち、1つはChambolle-Musignyの 、
さらにもう1つは(平野さん曰く)Romanee St Vivantのニュアンスがある、と。
これにはどよめきが上がりました。
どうも土壌が似ているらしいんですよねー。実に楽しみ~。

会終了後少しかおりさんとTilleulのお話、
最後は4人で写真を撮ってAu Revoir。
楽しい時間はお開きとなりました。

先週はずっと私の体調が悪く前日も寝込んでいて
参加出来るか否か不安もあったのですが、
なんとか持ち直して最後まで参加できました。ほっ(^。^;。
ワインは控えめにしか飲めなかったけど(笑)。

今度シュヴロご夫妻に逢えるのは
来年平野さんの新しい店で、となるでしょう。
平野さんの新しい店が早く無事完成しますように、
シュヴロのワインがますます美味しくなる&ご一家が幸せでありますように、
と祈ります。
そしてそれまでに私もしっかり復活するのだ(笑)。

当ブログ Domaine Chevrot関連エントリ
ひねもすフランス紀行(その7)-ドメーヌ・シュブロとヴァンダンジュ-(2005/9 ドメーヌ訪問)
ひねもすフランス紀行(その8)-マランジュの風景-(2005/9)
ひねもすフランス紀行(その9)-カーヴ(2005/9)
"パブロを囲む会"in Le Vin Noble(2006/12)
おふらんすな日々 その12「Maranges~Domaine Chevrot」(2007/10 ドメーヌ再訪)
・パブロとかおりさんを囲む会 in Le Vin Noble(2007/12)

Domaine Chevrotのワイン関連エントリ
AC MARANGES 2006(Domaine Chevrot)
AC SANTENAY2004(Domaine Chevrot) 
白葱グラタン×菜の花サラダ×Bourgogne Aligote2005(Chevrot)
BOURGOGNE HAUTES-COTES DE BEAUNE BLANC 2005(Domaine Chevrot)
AC Bourgogne 2005(Domaine Chevrot)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Mar 02, 2009

細田守監督「サマーウォーズ」公式サイトリニューアル&ブログオープン

サイトはこちら、ブログはこちらです~。
20090302summerwars
一度速報を記事にはしていますが
2006夏、国内外で賞を総ナメにした細田監督がいよいよこの夏"出陣"です。
メインビジュアルは↑、
さわやかな青空・白い雲・夏が似合う清清しい女の子、
それとは不似合いな幟に波乱万丈?な物語の予感がたっぷりですね^^。
物語は
(公式サイトより引用)

ふとした事から片田舎の大家族に仲間入りした少年が、
突如世界を襲った危機に対して戦いを挑む物語である。


って(笑)。
なんだかすごいドタバタが繰り広げられそうですね~。
でもってさらによーく説明を読むと・・・

少年と少女、世界の危機、携帯への着信・・・・・

これってこの春からノイタミナ放送になる

「東のエデン」(神山監督) と一緒やん!(・oノ)ノ。

全くの偶然なのでしょうが、
ほぼ同時期に、ほぼ同じ要素で両方とも(エデンはTV→映画)劇場版ですか、そうですか、
であるならばこれはやっぱり

次世代監督トップを争う正面激突(全面戦争?)

ですね、はい(笑)。
ハードでアイロニーでトリッキーな神山ワールド、
どこか懐かしい風景にドタバタが展開する細田ワールド、
さぞかし対照的な物語が展開されるでしょうね~。
今年の文化庁メディア芸術祭をにぎわせてくれそうです。

さてこの「サマーウォーズ」、
キャラは「エヴァンゲリオン」「時かけ」の貞本さん、
脚本も同じく「時かけ」の奥寺さん。
美術監督はメインビジュアルを見る限り山本二三さんですかねー。
今月開催される東京国際アニメフェアで製作発表があるので
詳細はそこで明らかになるでしょう。

「時かけ」同様爽やかな夏の映画になることを期待してます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »