« 「大奥」第4巻 よしなが ふみ | Main | アンドリュー・ワイエス ご逝去 »

Jan 16, 2009

「レオナール・フジタ展」

公式サイトはこちら(東京での展示は2009/1/18まで)

2007年秋、藤田嗣治(レオナール・フジタ 以下藤田)の足跡を尋ねて
ランスへ行きました。

おふらんすな日々 その2「Reim~Cathedrale Notre-Dame」 
おふらんすな日々 その3「Reims~Basilique ST-Remi」
おふらんすな日々 その4「Reims~ CHAPELLE FOUJITA」

このときの写真を見る度、当時の感動が鮮やかに蘇ります。
今回の展示会は大作「ライオンのいる構図」等一大連作が目当てでしたが
展示会の最終ゾーンに設けられた礼拝堂関連の展示は
実際現地を訪れた身にはしみじみと感じ入るものでした。

展示会は試行錯誤を経てエコール・ド・パリの寵児となった頃の
絵から始まっています。
「乳白色」の美女たちが妖艶に微笑む先にあるのが

「ライオンのいる構図」「犬のいる構図」「争闘Ⅰ」「争闘Ⅱ」

の一大連作。
4枚並ぶとさすがの存在感、圧倒されっぱなし。
この連作の後には未完成となった作品などもあり
大変見ごたえがありました。
そして藤田といえば猫、大きな「猫」は猫好きshamonには
大変楽しい作品でした。

後半はアトリエの再現や子供の絵、
怒っているような表情の子供たちは
最初とっつきにくいけれどそのうち見入ってしまう。どーしてかしら?

最後のゾーンは宗教画と礼拝堂、
「とてもよかったわ。」と友人から教えられていましたがまさにその通り!
宗教画はちょっと苦手ですが、「イブ」の習作と完成物はよかったなぁ。
ちょっと藤田とは思えない女性画なのがなんとも(^^)。

礼拝堂壁画のスケッチは記憶と重ね合わせながら観ました。
入口のレリーフ(正式名称忘れた^^;)、のスケッチもあって
この2つがお気に入りだったのでちょっとうれしい。
設計図は立体模型もあって制作過程もよくわかったし、
上映されていた礼拝堂のビデオもよく出来てて大満足です。
違うのはビデオに写る墓碑横にフジタの写真が無かったこと、
私が訪れた時は写真が飾られていて、
係の方が「ここだよ。」とばかりに指差して教えてくれました。
台の上の折鶴は2年前にも置かれており、
「フランス人となりその地に眠ってもやはり藤田は日本人なのね」
と当時も今回もしみじみ。

観終わった後のグッズ売り場は大混雑、絵葉書を数枚買いました。
図録は充実してて悩みましたが礼拝堂を実際に観ているので見送りました。
正直もう置く場所も無いし^^;。

この展示会には3連休の真ん中に行ったのですが、
入場待ちの列こそ無かったけど館内は大混雑、
最後の週末となるこの土日はさぞかし混むでしょう。
ご覧になりたい方は気合を入れて(笑)行きましょう。

当ブログ 藤田嗣治関係エントリ
「美の巨人たち」藤田嗣治特集(2006/4/8)
(乳白色の秘密及びシャンパンと藤田の関係)
藤田嗣治展(2006/4/15)
(2006年春、東京で開催された回顧展のレビュー)

|

« 「大奥」第4巻 よしなが ふみ | Main | アンドリュー・ワイエス ご逝去 »

Comments

こんばんは。
TBありがとうございます。

藤田は根強い人気ありますよね。
あの大作にはもうびっくりです。

Posted by: Tak | Jan 16, 2009 05:54 PM

こんばんは。こちらこそTB&コメントありがとうございます。

>あの大作にはもうびっくりです。
最後の里帰りって思うと一層感慨深いものがありましたね。
欲を言えばもっと広い場所で見たかったです。

Posted by: shamon(Takさんへ) | Jan 16, 2009 08:11 PM

こんばんわ~。
私は3連休の初日に行ったんですが、そこまで混んでなくてラッキーでした。

宗教画好きとしては、フジタ礼拝堂の絵と空間が一体化した空間を
実際に体験してみたいものです。
まぁ行ける見込もないので、shamonさんの記事を読んで我慢しておりますが(^^;。

>「フランス人となりその地に眠ってもやはり藤田は日本人なのね」
晩年の作品を見ると、魂はフランスの人となったように感じたのですが
やはりその身に流れる「血」は日本のもの。
その両方の部分が、フジタの作品に反映されているようにも思います。
宗教画の中の人物が仏法の手印を結んでたりするのも、その一例かも。

Posted by: 青の零号 | Jan 16, 2009 09:28 PM

まいどです^^。コメントありがとうございます。

>まぁ行ける見込もないので、
フランスは遠いですからね・・・・^^;。
ランスはとてもきれいな街で大好きになりました。

>宗教画の中の人物が仏法の手印を結んでたりする>のも、その一例かも。
前半は日本人として後半はヨーロッパ人として生きた彼の結晶なんでしょうね。
同時に今だ彼を越える人物が出てこないのが残念です。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Jan 17, 2009 10:32 PM

きのう、行ってきましたよ~
気合を入れて、開館1分前に着くように。(* ̄m ̄) ププッ
開館前に並んだのは人生初体験です♪(^_^)
それなりに混雑はしていましたが、予想していたほどのものではありませんでした。
とても楽しい時間がすごせました♪
フジタさんの猫最高!!=^-^=
08年の〆にするか09年のスタートにするか迷いましたが、良いスタートをきることができました!
次は本命、ルーヴル展(上野)♪((o(^-^)o))ワクワク
http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2009-01-18

Posted by: りゅう | Jan 18, 2009 06:46 PM

おひさです^^。コメントありがとうございます。

よい内容でしたね^^。
>フジタさんの猫最高!!=^-^=
ですよねー^^。

>ルーヴル展(上野)♪((o(^-^)o))ワクワク
気合を入れていきましょう^^。

Posted by: shamon(りゅうさんへ) | Jan 18, 2009 07:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「レオナール・フジタ展」:

» 「レオナール・フジタ展」 [弐代目・青い日記帳 ]
上野の森美術館で11月15日より開催される 没後40年「レオナール・フジタ展」のプレスプレビューにお邪魔して来ました。 公式サイト 前置き必要なし。展覧会の構成に沿ってご紹介。凄かったです。 第1章 スタイルの確立−「素晴らしき乳白色の地」の誕生 左から「家族」「断崖の若いカップル」1917年、「二人の女」1918年 フジタがフランスに向け日本を最初に後にしたのが1913年。「家族」他は、翌年勃発した第一次世界大戦が集結する2年前に描かれた作品。水彩で描かれた... [Read More]

Tracked on Jan 16, 2009 05:53 PM

» 没後40年 レオナール・フジタ展 [Biting Angle]
上野の森美術館で開催中の「没後40年 レオナール・フジタ展」に行ってきました。 フジタといえば乳白色の女性像が知られていて、たしかにあの色は魅惑的なのですが 画面を支配する退廃的なムードが私にはどうもなじめず、これまで敬遠気味でした。 それが今回足を運ぶ気になったのは、フランス帰化に先だって描かれた後期の作品群を 最近になって雑誌やTVで知ったから。 私にはこちらのほうが親しみやすく、これは実物を見なくちゃということになりました。 会場展示はフランスでの初期作品から世評を得た裸婦像を経て、大作「... [Read More]

Tracked on Jan 16, 2009 09:03 PM

» 上野から始まる展覧会♪ [隆(りゅう)のスケジュール?]
昨年のヴィーナス展に続き、今年も美術鑑賞は上野から始まりました♪(^_^) 昨年の美術鑑賞は、3月、8月、9月、10月に各一日という散々な!?結果でしたが、 3月、8月、10月は上野の展覧会を含んだものでした。 (※今回も画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。) 猫の部屋最高!! 展示は2点のみだがここは1日中いられるぜっ まるで、猫の描き方のお手本のようだった!!=^-^= 猫の本―藤田嗣治画文集作者: 藤田 嗣治出版社/メーカー: 講談社発売日: 2003/07メディア: 単... [Read More]

Tracked on Jan 18, 2009 06:28 PM

» 上野の森美術館で「レオナール・フジタ展」を観た! [とんとん・にっき]
会期終了間近、上野の森美術館で開催されている「レオナール・フジタ展」に行ってきました。「没後40年」、そして「幻の連作一挙初公開」とあります。実は、僕はどちらかというと好きではない画家の一人でした。彼の作品は何点かは観たことがありますが、ほとんど観ていな... [Read More]

Tracked on Jan 23, 2009 10:36 PM

» 没後40年 レオナール・フジタ展 [隆(りゅう)のスケジュール?]
上野の森美術館で開催されていた「没後40年 レオナール・フジタ展」を観に行きました。 エコール・ド・パリの寵児として活躍した世界的画家、藤田嗣治(1886~1968)の幻の群像大作4点すべてが日本で初めて一堂に会する「レオナール・フジタ展」が開催されます。  「ライオンのいる構図」「犬のいる構図」「争闘I」「争闘II」と名付けられたこの連作は、1928年に制作され、いずれも2点1組で縦3メートル、横6メートル。翌年「構図」のみ日本で発表されたのち所在不明で、1992年にパリ郊外の倉庫で発見された大作... [Read More]

Tracked on May 30, 2009 11:32 PM

« 「大奥」第4巻 よしなが ふみ | Main | アンドリュー・ワイエス ご逝去 »