« 「レオナール・フジタ展」 | Main | お寒いランチタイム »

Jan 17, 2009

アンドリュー・ワイエス ご逝去

今朝の日経に放心状態・・・・・・・・・・・・・・・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
記事には

「家族にみとられ眠っているうちに亡くなった。」

と。

つい1ヶ月前、個展を見てきたばかりなのに
ビデオの中のワイエスはとても元気そうで
毎日絵筆を握っていると言っていたのに。

享年91歳、生まれつき病弱な彼は
死の影と戦いながら数々の名作を世に送り出しました。
「遠雷」「クリスティーナの世界」「夜の寝台車」
有名な絵もあまりそうでない絵もひっくるめて大好きでした。

これからは天国で絵を描き続けてください。
心よりご冥福をお祈り申し上げますm(__)m。

|

« 「レオナール・フジタ展」 | Main | お寒いランチタイム »

Comments

新聞の訃報欄を見た最初の一言は「まさか!」でした。
もうあの筆致と色使いで、新しい風景が描かれることは
なくなってしまったんですね。

>「家族にみとられ眠っているうちに亡くなった。」
自宅で家族に見送られての大往生だったようですね。
ワイエスにとっては一番似つかわしい最期だったのが
せめてもの慰めです。ご冥福をお祈りします。

Posted by: 青の零号 | Jan 17, 2009 at 11:12 PM

こんばんは。
今日(1/18)朝刊には
ある作家の「クリスティーナの世界」への思い入れが切々と綴られていました。
そして文末には突然の悲報への哀しみが。

>新しい風景が描かれることは
最後の絵はどんな風景だったんでしょう。
私たちが観ることは叶うのでしょうか・・・・

>せめてもの慰めです。
今は天国で彼が愛した人たちと
彼を愛した人たちに囲まれて
キャンバスに向かっているでしょうね。
でももっとこちらで描いて欲しかった。
今はただ手を合わせるのみです。合掌。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Jan 18, 2009 at 07:54 PM

>今日(1/18)朝刊にはある作家の「クリスティーナの世界」への思い入れが

実は、日経の記事を読みながらshamonさんのことを想い浮かべてました。

体調があまりよろしくないようですが、お体くれぐれもご自愛下さい。

僕も「前厄」の年なのでお酒を(多少は)控えるようになったのですが、それに合わせるかのように景気もメチャクチャ低迷してくれてるので(たぶん)健康には多少+になるかも( ̄▽ ̄;A)

Posted by: SAC | Jan 20, 2009 at 01:12 AM

こんばんは。コメントありがとうございます。

日経の記事には「一期一会」の言葉を噛み締めました。40年ぶりの再会があの作家さんに大きな意味を残したことは間違いないでしょうね。

体調はかなりよくなりました。
SACさんもいろいろ大変なようですがよい方向に向かうといいですね。

Posted by: shamon(SACさんへ) | Jan 22, 2009 at 07:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「レオナール・フジタ展」 | Main | お寒いランチタイム »