« LA TACHE 2005 | Main | 踊り場 »

Nov 19, 2008

軍艦島 世界遺産の候補へ

今日の夕方、なんだか気分が悪く(現在治療中の病のため)
「トルキア」を聴きながらお布団に包まってました。
リモコンでチャンネルを変えながらTVを観てたら

「軍艦島、世界遺産暫定リスト入り」

のテロップ。
「廃墟萌えっ!」な私、思わず目が釘付け~Σ(゚□゚(゚□゚*)

軍艦島は(以下、NPO「軍艦島を世界遺産にする会」サイトより引用)

「軍艦島」は正確には長崎県西彼杵郡高島町端島の俗称です。
戦艦「土佐」に島影が似ていることから名付けられたといいます。
(中略)
島直下及び、周辺の海底から良質の強粘結炭を採掘し、
主として八幡製鉄所に製鉄用原料炭を供給する島として、
国家の手厚い保護を受けてきました。 
明治期には中央の岩盤上に3~4階建ての木造住宅が数棟あり、
東部平坦地には作業場、西部平坦地には住宅及び公共施設、
小中学校(7階建)、共同販売所、映画館、料理屋、娯楽場、病院などがありました。
それらが林立する姿を大正12年に当時の長崎日日新聞が
初めて「軍艦島」という呼び名で世に紹介します。
(引用ここまで)

という場所です。
ここ数年、TVで紹介されることもありその存在は知っていましたが、
何せ遠いし立ち入り禁止だし行きたくても行けない。
「そのうち写真集でも買うか~」と思っていたら
TVで上記ニュースが流れたわけです。
空撮写真を見ると「攻殻S.A.C.」1st13話に出てきた洋上プラントを
もっと大きくした感じ。是非スーパーハイビジョンで観てみたいっす。

「世界遺産ってのは自然とか歴史建造物じゃないの?」
と思われますが、「産業遺産」というカテゴリに当てはまるそうです。
人が立ち去って30余年、老朽化と崩壊が進むこの貴重な場所を
日本の近代化の証として残したいという元島民の方々の熱意が
NPOを立ち上げさせリスト入りまでこぎつけました。
かつての島の活況を知ってもらうために3D映像の作成も進めています。
自治体もバックアップに入り島内をある程度整備して
来年の春から一般公開を予定してるとのこと、行きたいよ~。

NPO及び関係者の方々、正式認定を目指して頑張って下さいね(^0^)ノ。

当ブログ廃墟関係エントリ
「廃墟チェルノブイリ Revelations of Chernobyl 」
廃墟憂愁~メランコリックな永遠(トーキングヘッズ叢書 No.25)

|

« LA TACHE 2005 | Main | 踊り場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 軍艦島 世界遺産の候補へ:

« LA TACHE 2005 | Main | 踊り場 »