« 月に一度のお勉強(2008年/10月) | Main | 源氏物語×出崎統 »

Oct 12, 2008

アーティスト・池田学

今日10/12の午後、再放送のNHK「迷宮美術館」で知ったアーティストです。

新聞の番組欄にあった「アナザーワールド」「ベックリン」につられて
何気にチャンネルを合わせたらコレが大当たり。
お題のベックリンに行く前に
大岩オスカール氏と並んで異世界を描く人物として紹介されました。

と書いてもどんな作品かわからないですよねー。
それではこちらをどうぞ。

画像がいまひとつ鮮明ではないですが、
TVで見た限り1日8時間数センチ四方しか描けないという細密画が素晴らしい。
細いペン先でこつこつと描くため完成までとても時間がかかると
番組内で語っておられました。

大岩オスカール氏はどこか昭和を感じる暖かな作風で
ざっくりと大きく描いてますが、
池田氏は精巧な「騙し絵(トロンプ・ルイユ)」って感じ。
離れてみると大きな1つの絵なのに、絵を構成する1つ1つパーツに
それぞれの世界が詰め込まれていて驚くことしきり。
是非実物を拝見したいですねー。
個展も3回ほどなさったそうですがまたどこかでやってくんないかな。
1973年生まれ、これから期待のアーティストです^^。

ちなみにつられた「ベックリン」は
ドイツで愛されている「死の島」についての特集でした。
ベクシンスキーを経由して知ったベックリンも実物を拝みたいですね。

当ブログ関連エントリ
「大岩オスカール 夢見る世界」展
(2008年東京都現代美術館での展覧会レビュー)
 
画集「ベクシンスキー」
(ベックリンから影響を受けたポーランドの幻想画家の画集レビュー)

|

« 月に一度のお勉強(2008年/10月) | Main | 源氏物語×出崎統 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/42764331

Listed below are links to weblogs that reference アーティスト・池田学:

« 月に一度のお勉強(2008年/10月) | Main | 源氏物語×出崎統 »