« 月に一度のお勉強(2008年/9月) | Main | 寒いっ! »

Sep 28, 2008

栽培地限定醸造 甲州 栽培者相良尚彦 栽培地甲府市蓬沢 2005(勝沼醸造)

七変化・甲州。
Kosyusagara2005

「アルガブランカ・ヴィニャル・イセハラ」で有名な勝沼醸造さんの甲州です。
昨年相方が参加した「勝沼ぶどう郷マラソン」の出店にて
買い求めました。限定302本。
首都圏及びネットでの販売は一切なしで
現地の勝沼醸造及び山梨県内でのイベントでのみ販売されたワインです。
11の畑毎に仕込みエチケットにそれぞれ畑の栽培者の名前を掲載し
各々のテロワールを”売り”として前面に押し出しています。
昨年は11のうち4つを試飲できて、
その中で一番酸がきれいだったこのワインを買いました。
そしてほぼ1年間寝かせての抜栓とあいなりました。

外見は甲州葡萄の果汁色、最初の香りは甲州の香りですが、
甲州葡萄→トロピカルフルーツ→樽→ケミカル(石油系)と
段々と変化していきました。その多彩な表情に驚きです。
ボディも甲州にありがちな頼りなさが皆無でしっかりと芯があり、
とがっていた酸もまろやかで心地いい。
オイリーな口当たりの辛口で後味もなかなかのもの。
きれいな飲み口の日本食に合うワインです。
「ようやく甲州もここまできました。」
とワイナリーの方が仰った言葉が思い出されました。

勝沼を定期的に訪れるようになってから12年経ちましたが、
えぐくてイマイチだった甲州ワインがここ数年めざましく品質向上しました。
その1つがここの「イセハラ」なわけですが、
このシリーズもこれから目が離せません。
今までいっしょくたに仕込んでいた葡萄を
すべて別々に同じ行程を11回繰り返すため
醸造元は手間がかかって大変とのことですが、
葡萄農家の意識を高めるためにも頑張って欲しい。
既に海外進出を果たした「イセハラ」に続け!・・・と願います。

来月末、マラソンにエントリーしている相方と再び勝沼を訪れます。
またこのシリーズに逢えるといいな。いまからとても楽しみです^^。

☆甲州ワイン関連エントリ
美貌の果実(山梨のワイナリーが舞台のワイン漫画の感想。傑作です!)
アルガブランカ・ヴィニャル・イセハラ2006
アルガブランカ・クラレーザ2005 別格明澄 白アルガ(勝沼醸造)
古代甲州2002(大和葡萄酒)
鳥居平甲州 Vin de Royal Toriivira Kousyui 2002(大和葡萄酒)
甲州 樽熟 2002(まるき葡萄酒)
甲州グリ・ド・グリ2002(メルシャン)
甲州きいろ香 2005(メルシャン)

|

« 月に一度のお勉強(2008年/9月) | Main | 寒いっ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 栽培地限定醸造 甲州 栽培者相良尚彦 栽培地甲府市蓬沢 2005(勝沼醸造):

« 月に一度のお勉強(2008年/9月) | Main | 寒いっ! »