« 右上がり(TT) | Main | 当たらない・・・けど »

Aug 28, 2008

「パラレル・ワールド もうひとつの世界」展

東京都現代美術館にて開催中。公式サイトはこちら
「ジブリ・レイアウト展」のチケットを見せると
半額料金で入れるってのでついでに見てきました。

「パラレルワールド」の意味はwikiを読んでいただくとして、
この世界をアートで表現しようという展示会です。
メインディレクターはフランスのユーグ・レプ、
他に日仏10人のアーティストの作品が並びます。

大きな作品が多いので作品数は少なめ、ちょっと物足りないかな。
気に入ったものを以下。

ユーグ・レプ『白い霊』
一言で言っちゃうと影絵なんですが、
丸い不思議なキャラクターたちが白い壁に浮かび上がるのが
幻想的で楽しい。

名和晃平『PixCell』シリーズ
真っ白な空間の中にキューブに閉じ込められた動物たちが
見る角度によって浮かんだり消えたりします。
まるで氷の中に閉じ込められたような恐怖に襲われる。
一部が名和さんの公式サイトで見られます。

ダニエル・ギヨネ『バグ』
数分間の映像作品で、実写とCGで構成されており
ある意味一番この展示会の主旨に合っています。
で、これ実に個人的にはツボにはまりました。
(たぶん)実際のパリの街に不思議な生き物(これがCG)が
闊歩するって中身なんですが、出てくるCGの生き物が

磯監督の『電脳コイル』に出てくるイリーガル
星雲賞受賞おめでとうございますっ!>磯監督)


みたいで笑ってしまった。
肌色の三叉CG生物が走る様なんか特に(笑)まんまやん。
他にも現実の動物(鳩)の頭が一部へんてこになってたりとか
銅像の目の部分がまた別の人物の顔になってたりとか
どこか不思議で気持ち悪いのが妙に印象に残ります(^^;。

絵画あり、オヴジェあり、不思議な部屋ありと
謎めいたもう一つの世界を体験したい人にはおすすめです。

|

« 右上がり(TT) | Main | 当たらない・・・けど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/42303275

Listed below are links to weblogs that reference 「パラレル・ワールド もうひとつの世界」展:

« 右上がり(TT) | Main | 当たらない・・・けど »