« フェルメールが差し替え | Main | 赤塚不二夫さんご逝去 »

Aug 02, 2008

「スカイ・クロラ」&初日舞台挨拶

空の上はNone But Air
Down to Heavenから始まる永遠の子供達<キルドレ>の寓話。

制作発表から1年とちょっと、
ようやく公開となった押井監督「スカイ・クロラ」を
初日舞台挨拶付の回で観てきました。
作品公式サイトはこちら
以下、ネタバレなしレビューです。

感想を一言で、いや借りて言うと(笑)

「森博嗣という器に押井守という素材が見事に盛り付けられている」
(公式サイト:京極夏彦さんのコメントより)

です。でもってきちんと「映画」してます。
派手な空中戦が売りのようで
キルドレたちの淡々とした地上での日常を
だれずに緊張感を持って描いている。

全体的には男女の機微描写が一歩進んで
繊細なラブストーリーとして観られます。
草薙のある行動をきっかけに話が大きく動きますが、
同時にキルドレの謎も明らかになってクライマックスへ。
でも前半は淡々とした展開なので過剰な演出に慣れた人には
展開や物語が物足りなく感じるかも。
テイストとしては過去の押井作品なら「パト2」(恋愛部分が)、
実写でいえば・・・丁寧な描写が「かもめ食堂」っぽい。

作画は井上鋭、本田雄、井上俊之、うつのみやを始めとする
(IGからは黄瀬&後藤)アニメーターたちが頑張ってます。
ゆっくりとした細かな芝居、アニメーター達は大変だったでしょう。
作画アニメともいえる見事な仕上がりです。
でも人材不足が叫ばれるこの業界、どこまでこのレベルが保てるか
今後心配ではありますが・・・。
そうそう、

犬はかわいかった(爆)。

2D作画に対するCGも文句なし。
青い空でパイロット達が繰り広げる生と死のダンスを
林弘幸率いるポリゴン・ピクチャーズが見事に視覚化、
スピード感溢れる映像に仕上がってます。
オープニングタイトルバックは空に融けていくような感じで
メインスタッフの名前が次々と出てきますが、
最後の監督の名前にちょっと注目してみてください。

余談ですが、パンフレットにある飛行機のデザインを巡って
宮崎駿監督「押井さんは何もわかってない。(以下略)」
押井監督「宮さんは何もわかっていない。(以下略)」

てなやりとりがあったそうな(笑)。
ポニョもこの映画も日テレがらみなんだし、
飛行機に関する両監督の対談など企画してほしいですわ(大笑)。

心配してたメインキャストは問題なしで全員安定してます。
でもって脇を固める榊原さんはさすがさすがの演技力。
メインキャストについては交信のシーンで
「あー、だからかー」と納得しましたよ(聴けばわかります)。
4人の中では谷原さんがいい味出してますねー。
栗原さんの三ツ矢は私のイメージとは違ったけど
エキセントリックなキャラに声はちゃんとあっていました。

観終わった感想としては決して派手ではないむしろ地味な映画です。
原作を上手に生かして押井色にきれいにまとめあげてる。
長年の押井ファンで原作を読んだ身としては満足な出来です。
ただ「アニメーションは楽しいもの」という考えの人は
全体に流れる雰囲気はちょっと苦しいでしょうね。
今日が初日なのでネタバレは控えましたが、
これからご覧になる方は

館内が明るくなるまで席を立たない

ようになさってくださいね~。

さて映画を観た後には監督、菊池さん、加瀬さん、作画監督西尾さんの
舞台挨拶がありました。
西尾さんは「監督がTVに出てるの観てニヤニヤしてました。」(笑)。
監督の「悪夢のような長いキャンペーンも終って」で場内はくすくす。
先月の「攻殻2.0」の時より神妙な顔つきでした(笑)。
最後はフォトセッションでお開き。

映画そのものは森&押井ワールドなので
評価が分かれるかな、という気もします。
でも今までの押井作品と違いシンプルで艶っぽい仕上がりは
なかなかのもの。今後の作品にも影響してくるでしょうね。
なんとか次につなげてほしいです。

以上、レビューでした。

2008/8/12追記====================

関連サイト
「スカイ・クロラ」アニメ公式サイト

☆当ブログ関連エントリ
押井守新作は「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」(原作レビューあり)
「ナ・バ・テア」森 博嗣
「ダウン・ツ・ヘヴン」森 博嗣
「フリッタ・リンツ・ライフ」森 博嗣

東京国際アニメフェア2008(押井監督トークショーレポートあり)

2008/8/19追記=====================

WEBアニメスタイルにキャラクターデザイナー&作画監督の西尾さんへの
インタビュー掲載。笑えます(苦笑)。

|

« フェルメールが差し替え | Main | 赤塚不二夫さんご逝去 »

Comments

 shamonさん、こんにちは。

 『スカイクロラ』僕も初日に観ました。

 マニアックには傑作かも、と思ったのですが、またしても陰鬱な思想的な映画であったという感想です。

 爽快なエンタテインメントを期待していた部分もあったのですが、なんだか毒気に当てられて帰ってきました。

 やはり押井守は押井守である、というのが結論。毒気の結果はトラックバックさせていただいた記事です。なんだか『ポニョ』も複雑な映画なようだし、これらを観にいくファミリー層はどんな感想を持つのでしょうか。ちょっと心配。
来週は『ポニョ』かな。夏バテの追い討ちをかけるような映画が続くかも???

Posted by: BP | Aug 03, 2008 at 03:53 PM

まいどです。TB&コメント感謝です。

>押井守は押井守である、というのが結論
ですね(苦笑)。
一人の人間の本質が簡単に変わるわけもないし。
「ポニョ」も一部では”絵が動いているだけ”
との厳しい評価もありこの夏のアニメは難しい。

Posted by: shamon(BPさんへ) | Aug 03, 2008 at 08:20 PM

shamonさん、おはようございます

雄一のモノローグは、確かにカモメ食堂かめがねかも。

でもそれがテーマならあちらが数段上(^_^)。

あ、書いてたらあの緩い世界をまた見たくなっちゃた。

Posted by: BP | Aug 05, 2008 at 04:49 AM

まいどです^^。

>でもそれがテーマならあちらが数段上(^_^)。
ですよね(^^)。
でも「スカイ」は日常を楽しく過ごすって映画じゃないし(^^;。

今でも印象に残っているのは
ティーチャに撃墜されて不時着した草薙のうつろな表情です。
草薙がぎりぎり死を逃れたのか
ティーチャがわざとトドメを刺さなかったのかは不明ですが、
草薙が部下の敵討ちに出向いたのではないことは確かでしょう。
彼が絡むと”蜘蛛の巣にかかった蝶”になるのは原作と同じで
「あー、"女"やってるわ。」と思っちゃいました。

Posted by: shamon(BPさんへ) | Aug 05, 2008 at 07:34 PM

『映画と秋葉原と日記』のhideです
shamonさんコメント&TB有難うございます
(原作は未見ですが)やはり原作のほぼ忠実な再現と言って良い映画だったのですね。

J.D.サリンジャーは知りませんでしたが。『ライ麦畑でつかまえて』はなにかしら覚えがあります。
shamonさんは外国文学にも造詣が深いのですね。凄いです

宮崎駿監督と押井監督のやりとりも面白いです。
以前ネット上で宮崎駿監督と庵野秀明監督の対談の記事のテキストのみを見ましたが。
コトラも面白かったです

この映画に関してコメント頂いた方は、若干否定見解気味なのは残念ですが。
自分は面白かったですね(^_^;)

Posted by: hide | Aug 18, 2008 at 10:06 PM

こんばんは。コメントありがとうございます^^。

>原作のほぼ忠実な再現と言って良い映画だったのですね。
これほど忠実に作るとは予想だにしませんでした(笑)。
私の好きなシーンは水素と函南が車で走っているシーンかな。
私が抱いていた原作のイメージだったのでびっくりしちゃいました。

>『ライ麦畑でつかまえて』はなにかしら覚えがあります。
おお(^0^)。
ならば神山版攻殻、hideさんにはきっとおもしろいと思います^^。むふふ(^m^)。
できればサリンジャー短編集の「ナインストーリーズ」もお読みください~。

>宮崎駿監督と押井監督のやりとりも面白いです。
宮さんと押井監督は長年の友人ですからね。
宮さんによる押井論、その逆の宮崎駿論ほどおもしろいものはないです。


>若干否定見解気味なのは残念ですが。
原作も掴みづらくて好き嫌いが分かれる傾向がありますからねー^^;。押井映画云々の問題じゃない気がします。
でも私はもう一度観にいくつもりです~。

Posted by: shamon(hideさんへ) | Aug 18, 2008 at 10:32 PM

shamonさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
やはり肌には合わなかったですが、戦闘機の戦闘シーンや着陸シーンは気に入りました^^
“無機質さ”には何となくついていけなかったですが(汗)
予告編にやられて観たクチなので、やや期待しすぎたというか・・・ 理解しようと力が入ったのがマイナスでした(汗)

Posted by: cyaz | Aug 20, 2008 at 08:49 AM

初めまして
こんにちは
コメントありがとうございます。
追っかけでTBさせていただきました。

『スカイ・クロラ』を観る切欠だったのはヴェネチア映画祭に選出されたから・・・

それまでは余り考えていなかった。

でも、鑑賞して悲しみなど生きていることの空しさみたいなことが感じられて切なかった。

本当に良かったです。

まぁ、菊池凛子が草薙水素に被ってしまったけど・・・
※イメージが合っている。
 

Posted by: はっしぃ | Aug 20, 2008 at 10:33 AM

こんばんは。コメントありがとうございます。
鑑賞お疲れ様でした。押井度300%映画はさぞかし疲れたでしょう。

>戦闘機の戦闘シーンや着陸シーンは気に入りました^^
よかった^^。「攻殻機動隊」は押井度が低いのでよければご覧になってくださいね。

>理解しようと力が入ったのがマイナスでした(汗)
他の押井作品ならそれでもよかったのですが、
これは雰囲気で見る映画なので・・・。

ともあれお疲れ様でした。
この映画の毒気は優しい奥様のおいしいお料理で抜いてください^^。

Posted by: shamon(cyazさんへ) | Aug 20, 2008 at 08:39 PM

はじめまして。
TB&コメントありがとうございます。

>本当に良かったです。
お好みにあったようでよかったです^^。
見事なくらい賛否両論で
ついていけない人の気持ちもわかるだけに
よかったと仰っていただけて1ファンとしてうれしいです。

これからもよろしくお願いします。

Posted by: shamon(はっしぃさんへ) | Aug 20, 2008 at 08:43 PM

こんばんわー。
私も先日見てきました。
終了後の劇場のどよーんとしたムードに思わず苦笑(^^;。
BPさんと同様、私も「押井さんはやっぱり押井さんだ」と
再確認した次第です(笑)。

映画については、ちょっと抑制が効きすぎかも。
毒気はあるけど内に秘めているというか、秘めすぎて
伝えたい層には伝わらないんじゃないかというところ。
ほとんどの人は「なんか暗い話だな」くらいの受け止め方で
終わってしまうのでは。

平穏な日常の中に死の影が色濃く差している、という点では
私もshamonさんと同じく、細田版「時かけ」を連想しました。
(究極映像研の記事とコメント拝読、どちらも興味深かったです。)
まさに「メメント・モリ」、死を想えというところでしょうか。

Posted by: 青の零号 | Aug 22, 2008 at 09:42 PM

こんにちはー、コメントありがとうございます。

>劇場のどよーんとしたムードに思わず苦笑(^^;。
そうそうそう(笑)。
どう反応していいかわかんなかったです。

>毒気はあるけど内に秘めているというか、秘めすぎて
もうちょっとハジケてもよかったかな?>監督。
ただ一度弾けると収拾つかなくなるからガマンしちゃったのかもしれない。

>まさに「メメント・モリ」、死を想えというとこ>ろでしょうか。
うまいっ!座布団10枚!

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Aug 23, 2008 at 02:06 PM

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Posted by: 職務履歴書 | Aug 10, 2012 at 10:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/42039362

Listed below are links to weblogs that reference 「スカイ・クロラ」&初日舞台挨拶:

» ■押井守監督『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』  死と対峙した陰鬱な秀作 [★究極映像研究所★]
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』公式サイト完全な平和が実現し [Read More]

Tracked on Aug 03, 2008 at 03:13 PM

» スカイ・クロラ [Akira's VOICE]
茨の空で生きる。   [Read More]

Tracked on Aug 04, 2008 at 12:39 PM

» 「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」「青空ポンチ」映画館レビュー 遠い [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」「青空ポンチ」 [Read More]

Tracked on Aug 06, 2008 at 01:59 AM

» スカイ・クロラ 2008-44 [観たよ〜ん〜]
「スカイ・クロラ」を観てきました〜♪ 函南優一(声:加瀬亮)は、ロストック社に所属するパイロットだった。函南は前線基地の兎離洲(ウリス)に配属され、伝説のエースパイロット草薙水素(声:菊池凛子)と出会う・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、華麗な空中戦ができるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [Read More]

Tracked on Aug 08, 2008 at 06:36 AM

» 「スカイクロラ」24年目の若者 [再出発日記]
監督:押井守原作:森博嗣脚本:伊藤ちひろ声の出演:菊地凛子、加瀬亮、谷原章介、竹中直人、榊原良子、栗山千明戦闘機乗りの話である。キルドレ−大人になれない子供−たちは戦争をしている。よくわからないけれども、彼らには日本名がつけられている。けれども住んでい...... [Read More]

Tracked on Aug 08, 2008 at 07:34 AM

» 「スカイ・クロラ」ジャパンプレミア [アートの片隅で]
「スカイ・クロラ」のジャパンプレミアで国際フォーラムに行って来ました。 座席は中央通路付近でしたが一番端の方でがっかりしていたのですが、なんとすぐ後ろの扉からキャストが登場するというある意味ラッキーな場所でした。 少し遅れ気味で、やっと音楽が流れ始めると、突然空襲警報が鳴り、1/2スケールモデル戦闘機と押井守監督を乗せた舞台がせり上がって来ました。 押井守監督による紹介でキャストの登場です。 「草薙水素役の菊地凛子さん」 と突然こちらに向かって強烈なライトが照らされると、後ろの扉...... [Read More]

Tracked on Aug 10, 2008 at 06:57 PM

» スカイ・クロラ、悲しいキルドレ達 [オヤジの映画の見方]
押井守監督のスカイ・クロラは悲しい映画だ。永遠の命を与えられながらパイロットとして死に急ぎ、再生されるキルドレ達。彼らには繰り返し撃墜される生き方しか無い。ただ一人草薙水素を除いては。... [Read More]

Tracked on Aug 14, 2008 at 10:15 AM

» 『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』@新宿ミラノ座 [映画な日々。読書な日々。]
ショーとしての戦争が行われる、仮初めの平和の時代。永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは、新たに兎離州基地に配属となった。過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめて... [Read More]

Tracked on Aug 16, 2008 at 12:45 AM

» 『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』2008・8お盆休みに観ました [映画と秋葉原と日記]
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 平和を実感させる為のショーとしての戦争が行われている世界・・・。 其処には、思春期の姿のままの人員で構成されている“キルドレ“だった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・... [Read More]

Tracked on Aug 18, 2008 at 09:47 PM

» 『スカイ・クロラ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「スカイ・クロラ」□監督 押井 守 □原作 森 博嗣 □脚本 伊藤ちひろ□キャスト(声の主演) 菊地凛子、加瀬 亮、栗山千明、谷原章介■鑑賞日 8月15日(金)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 押井守の世界を理解しようと思うほうが間違ってたかな・・・。 近未来の無機質な人間模様は何とも言えず不思議な感覚を覚えるほかは、あまりにもトーンが低過ぎていけない。 それに109CINEMASのなんでここまで客席を冷やすのかわか... [Read More]

Tracked on Aug 19, 2008 at 09:54 PM

» スカイ・クロラ [Peaceナ、ワタシ!]
もう一度、生まれてきたいと思う? ↑ポニョとは対照的なキャッチコピーですね この夏のもう1つの話題作『スカイ・クロラ』を観てきました。ポニョが「夏休みの映画の日」だったので、今回はあえて「フリーチケットで平日の昼間」に鑑賞。とても空いていて、静か~に観...... [Read More]

Tracked on Aug 19, 2008 at 11:03 PM

» 2008-57『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-57『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(更新:2008/08/08) 評価:★★★★☆ 押井守監督作品です。 この物語はもの凄く切ないですねぇ。 草薙水素(クサナギ・スイト)(声:菊地凛子)の心..... [Read More]

Tracked on Aug 20, 2008 at 10:19 AM

» 「闘争の季節」ふたたび−スカイ・クロラを見て [Biting Angle]
完全な平和と引き換えに、ショーとしての戦争が確立した世界。 そこで戦うのは、永遠の子供であることを定められた「キルドレ」たち。 平和な日常を意味あるものと感じさせるため、観衆に提供される「戦争」は キルドレたちにとっては唯一「生」と「死」を感じ取れる場所でもある。 「スカイ・クロラ」は、そんなキルドレたちの生きる日々を綴った物語。 「静謐な画面に緊張感を漂わせてる」とも「神経質で無機質な画面」とも 形容できるこの映画ですが、私にはやっぱり「闘争の季節」の恋愛模様に 見えてしまいました。 固定観念か... [Read More]

Tracked on Aug 22, 2008 at 09:43 PM

» 【2008-184】スカイ・クロラ The Sky Crawlers [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? どこか、日本とよく似た国に 大人にならない子供たちがいる そして彼らは、僕たちにとてもよく似ている。 キルドレ 永遠の子供たちの物語 もう一度、生まれてきたいと思う? ... [Read More]

Tracked on Aug 24, 2008 at 02:10 AM

« フェルメールが差し替え | Main | 赤塚不二夫さんご逝去 »